2012年12月30日

パスタ工場見学

10月29日は忙しい日程です。「ペンネ」の農家民宿をバスで出発し、昨日のお昼のパーティーを主催してくれた「マリオ」さんが社長をしているパスタ工場へと向かいます。

IMG_1928_1.jpg
昨日のとぼけたモバQ「マリオ」と違って、社長の顔のマリオさんが案内してくれました。手(グー)

IMG_1921_1.jpg
ショートパスタのマシーンです。

この工場は、小さいけれど、それだけに小回りの利く仕事をしています。
まずは扱うパスタはオーガニックのものばかり・・・
これだけでもすごいです。がく〜(落胆した顔)
やはり「大手」と同じことをしていると、大手に埋もれてやっていけなくなってしまうそうで、小ロットの注文に答えるべく、小回りの利くシステムを作っているそうです。手(チョキ)
だから、扱うものはほとんどオーガニック、しかも、イタリア産の古代小麦「ファッロ矢、アメリカ産の古代小麦「カムット」を使ったパスタを作っています。

小麦は人間に都合の良いように、極限まで品種改良されています。
古代小麦とは、そんな品種改良をしていない、なんとどんっ(衝撃)6000年以上前から品種改良せずに栽培されていたものだそうです。
小麦アレルギーにもやさしいとのことで、このところ注目を浴びているんですよ。

IMG_1929_1.jpg
熱心に見学する参加者たち。
とぼけた「マリオ」さんの説明にも熱が入ります。どんっ(衝撃)

IMG_1932_1.jpg
袋詰めの工程の所で見た「イタリア」らしい光景。
違うショートパスタが「残留」しています。
だからたまに1つだけ袋に違うのが入っていたりするんだな〜〜。と分かりました。
おおらかだな〜〜〜。ぴかぴか(新しい)

IMG_1934_1.jpg
工場のスタッフです。
「マリオ」さんは厳しいですか〜〜?。
「もちろ〜〜ん」・・・だって。
マリオさんに言わせると、「俺が居ないとあいつらすぐにサボるからな〜〜。」
どこでも同じですね、これはわーい(嬉しい顔)

IMG_1935_1.jpg
さて、見学も終え、日本には輸入されていない製品を買いまくる参加者たち。
私たちも欲しかったけれど、それを担いで「巡礼」なんてできないので、何も買えませんでした・・・とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61123248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック