2012年12月30日

アントニオのミニトマト

パスタ工場の見学を終え、私たちは「アドリア海」側のイタリアに別れを告げ、イタリア半島を縦断し、ナポリに近い「べネベント州」へと向かいます。ここでは朝倉さんの主力商品、オリーブオイルの「オルチョ・サンニータ」の生産者のジョバンナさんと、「丘の上のポモドーロ」と言うミニトマトの瓶詰を作っている生産者のアントニオさんを訪ねるためです。

IMG_1943_1.jpg
アントニオさんのトマト畑に着いたときは、もう日没の頃。
あたりはすっかり暗くなっていました。三日月
もう収穫が終わったトマト畑ですが、少しだけとり残しがあり、一つまみ・・・
exclamation×2!!おいしい!!どんっ(衝撃)

IMG_1948_1.jpg
ミニトマト作りについて説明をするアントニオさんと朝倉さん。
心なしか「アントニオ猪木」に似ているような・・・わーい(嬉しい顔)
もちろんトマトはアンデス原産です。
原産地は、ここと同じような、雨が少なく温暖なところです。
栽培条件が原産地と変わらないところで作るので、とてもおいしいのかもしれません。るんるん

IMG_1950_1.jpg
トマトの加工の過程をデモンストレーションしていただきました。
トマトのジュース漬けだけれど、そのジュースのこだわりの絞り方、そして皮をむかずにミニトマトをそのまま瓶詰めしているのがわかります。
味が濃厚でとてもおいしい秘密がここにありました。

IMG_1959_1.jpg
さあ、お腹も減ってきた頃です。
この生産者、アントニオさんは「農家民宿」と「レストラン」を営む、多角経営者です。
そのアントニオの奥さんがそのレストランの料理を担当しているということで、料理を作るところを見せてくださいました。手(チョキ)

IMG_1962_1.jpg
もちろん朝倉さんが通訳しないとね〜〜。
奥さんは「ほにゃららら〜〜〜」としかしゃべってないもん、私の耳には。モバQ

IMG_1963_1.jpg
見てみて、こんなにたっぷりのオリーブオイルを使うんですよ。どんっ(衝撃)
これは、驚き桃の木山椒の木!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_1964_1.jpg
そして、ミニトマトのソースとバジルを入れて、ソースを作ります。

液体を入れることで、沸騰したとしても、温度は100℃以上にはなりませんから、極めて低温で調理していることになりますね。
これがイタリア料理のオリーブオイルの使い方の秘密です。
だから、油が酸化せずに、ヘルシーなんですね。
だってこんなに油たくさんの料理を、このツアーの間中食べまくって来ましたが、全然胃もたれもしないし、かえって元気なんだもの、私。手(グー)

では、次の記事でその「ディナー」の紹介をしましょうね。わーい(嬉しい顔)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61123487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック