2014年01月31日

セブレイロ峠はまるで「登山」

11月18日(月)、天気は曇り時々晴れ曇り晴れ、午後から快晴。晴れ晴れ
ついにやってきた、最後の難関「O'Cebreiro」(セブレイロ峠)越えの日どんっ(衝撃)
「Ruitelán」から10Kmで、標高が一気に700m上がりますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
これはほとんど「登山」の感覚ですから、私達は無理をせずに、この日は頂上の「O'Cebreiro」の町(と言っても、50人くらいしか住んでいない小さい集落)に泊まることにして、ゆっくりと山歩きを楽しむつもりで登ります。

IMG_7000 コピー.JPG
「Ruitelán」のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)での朝食風景。
何しろ山登りだから、しっかりと食べておかなくっちゃねどんっ(衝撃)

IMG_7001 コピー.JPG
この方が、昨日の夕食、そしてこの日の朝食を作ってくれたアルベルゲの「オスピタレーロ」(管理人)さんです。
エプロンしているので、「この格好はよろしくない」と、写真撮るのを拒否されちゃった!!どんっ(衝撃)
でも、料理美味しかったよ〜〜〜、となだめて、なんとか写ってもらいました。
なんだか渋い顔が写真にも出ちゃってますねモバQ

IMG_7002 コピー.JPG
さあ、いよいよ峠へ向けて、出発です。ダッシュ(走り出すさま)
次の集落「Herrerias」まで(1.3Km)は、比較的登りはだらだらですが、ここからが急坂ですからねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7003 コピー.JPG
かわいい猫。猫猫
日光東照宮の有名な「眠り猫」の様な印象ですよ!!。

IMG_7004 コピー.JPG
いよいよ急坂たらーっ(汗)たらーっ(汗)
朝日を浴びながら登ります。
紅葉が綺麗だ!!ぴかぴか(新しい)

IMG_7005 コピー.JPG
いよいよ坂は急に。
ハイキングと言うよりも、登山になって来ましたよどんっ(衝撃)

IMG_7007 コピー.JPG
なんだか冬の陽だまりハイキングみたいなところを登ります。
日本の山と感じが似ている!!。

IMG_7009 コピー.JPG
息をはあはあと切らせながら、「La Faba」の集落に着きました。手(チョキ)
泉の畔で一休み。
標高は920m、スタートから200m程上がって来ました。

IMG_7010 コピー.JPG
此処からは森を出て、眺めの良い道となります。
本当に緑と紅葉のコントラストが綺麗!!ぴかぴか(新しい)

IMG_7011 コピー.JPG
更に一つ先の集落、「Laguna de Castilla」まで登って来ました。
標高は1150m。
峠にだいぶ近くなりましたよ。

IMG_7012 コピー.JPG
この集落にBARがあるので、そこで早めのお昼をいただくことに・・・・
ゆっくり休もっと!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 料理長 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86455963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック