2007年12月28日

ベジとろけるチーズ

今日は、今までず〜〜と作ってみようと思っていた料理に挑戦しました。
それは・・「ベジとろけるチーズ」。
これが作れると、いろいろなアンデス精進料理に応用できて、レシピが広がるんです。

では、挑戦・・はじまりはじまり〜〜ぴかぴか(新しい)
PC272600-1.jpg
まずは「お餅」を1cm角位に切ります。
つきたてだとねばって切れないので、しばらくしてやや硬くなったものを使います。

玄米餅ならばなおさらいいと思いますが、今回は支配人の九州の実家から「お餅」が送られてきたので、それを使いました。モバQ

PC272603-1.jpg
そして、フードプロセッサーに入れ、細かく砕きます。
なるべく細かいほうが、後々やり易いのですが、今回はこのくらいになりました。

PC272604-1.jpg
そして、その粗挽きしたお餅を鍋に入れ、少〜〜しずつ「豆乳」を入れ、焦がさないように「超とろ火」でかき回します。
とろみが増してきたら、少しずつ豆乳を加えます。(これを繰り返します)

そして味付けに、「味噌」「梅酢」「レモン果汁」「オリーブ油」を入れ、「塩」も入れ、味付けします。
最後に「豆乳ヨーグルト」を入れ、よくかきまっわして出来上がりです。

PC272608-1.jpg
ほらほら、まさしく「とろけるチーズ」です。わーい(嬉しい顔)
味も、見分けが付かないほどですよ〜〜ん。るんるんるんるん

PC272613-1.jpg
さて、これを「大根とレンズマメのはさみ揚げ」にかけて、いただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)

この「ベジとろけるチーズ」、実は最初から「とろけている」んです。
だから・・・「とろけちゃってるチーズ」・・と呼ぶとしましょうか。猫
posted by 料理長 at 14:03| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集
この記事へのコメント
年をまたいでしまいました。
あけましておめでとうございます!
このお餅のチーズ、クリスマスパーティーで
トマトソースのパスタにかけて、ラザニアみたく
焼いたら大好評でした。
うちのは油とヨーグルトなしですが、
ほんと、冷めてもとろけてておいしかった♪
餅をすりおろすと大変だったので、
フープロに入れればよかったんですね。。。
今年もいろいろおしえてください!!
Posted by くま at 2008年01月01日 12:16
くまさん、「初書き込み」、ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

このベジチーズ、フープロに入れるよりも、「スライサー」で薄くスライスしたほうが簡単でした。
そちらで試してみてくださいね。
Posted by 料理長 at 2008年01月02日 23:03
わぁ、とろけるチーズ!おいしそうで、まねして作ってみました♪
本当にとろけますね!おもちを入れすぎたのか、ちょっと粘っこくなってしましたが。また、チャレンジしてみます♪
Posted by つるこけもも at 2008年01月06日 13:25
つるこけももさんこんばんわ。
さっそくチャレンジしてみたんですね。
でも、本当に「とろける」でしょ。
まあ、冷やしてもとろけたままなので、タンボロッジでは「とろけちゃってるチーズ」、または「もチーズ」なんて呼んでいます。
どっちがいい名前かなあ??
Posted by 料理長 at 2008年01月06日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8870074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック