2006年06月26日

梅のタルト風ムース

先週の終わり頃、和歌山県の岡本さんから、無農薬の梅を送っていただきました。会津若松に住む『wさん』に紹介していただきました。『wさん』ありがとうございます。タンボロッジはいつもお客様にこうして助けられているんです。実にありがたいことですね。感謝・・・・

そろそろ黄色くなり始め、加工する時期になったので、まずは『梅ジャム』を作りました。甘さはもちろん『手作り水あめ』です。
でも、梅ってかなりの酸味。たくさんのの水飴を使いました。それでもまだすっぱいくらい。
DSCN5917-1.jpg

すっぱいついでに、『梅のタルト風ムース』なるオリジナルスイーツを作ってみました。
材料は、タルトの生地が、小麦粉とほんの少しの塩、そしてオリーブ油のみ、中身が、豆腐とやはりオリーブ油、そして作ったばかりの『梅ジャム』、それに水あめを足し、『ポンせん』を粉にして混ぜて、で硬くしてみました。
DSCN5910-1.jpg
こんな感じにできました。トッピングは、季節外れの『クリの甘露煮』。去年の冬に作って、瓶詰めして保存しておいたものです。
初夏の香りの『梅』、ムースになって、おいしくいただきました。でも、やっぱり『クリ』は秋まで待ったほうがよかったかなあ・・・。
posted by 料理長 at 21:13| Comment(5) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ
この記事へのコメント
こんにちは。
私も梅ジャムよく作りました。酸味が強くおいしいですよね。あとのほうの梅のタルト風ムースが気になります。おいしそうですね。
Posted by 風花 at 2006年06月27日 09:43
美味しそうですね!!!無農薬の梅、すごいですね。

我が家は、先週梅酒を2瓶漬けました。瓶を空けるために、去年の梅酒の梅を急ぎ梅ジャムと煮梅に。会津産高田梅の煮梅は、肉厚でとろける感じに。美味しいですよ。

梅って、なんだか疲れが取れるみたいで、いいですよね。
Posted by ふぐ at 2006年06月27日 10:53
5月5日に家族4人で宿泊しましたが、覚えてますか? 最近ブログを開設したので、ホームページをリンクさせていただきました。これから梅ジャムを作るところです。今年取り寄せた梅はちょっと品質が悪くて予定外で梅ジャムを作ることにしたのです。実は梅ジャムははじめてなので、うまくいくかどうかどきどきなんです。
Posted by まめたろう at 2006年06月27日 13:45
こんばんは、はじめまして。風花さんのページから来ました。
今日私も偶然梅ジャムのことを記事にしまして、こちらでも同じ記事を読み、嬉しくなりました。
でも私のは、完熟の梅が落ちたのをいただいて作った物です。
こちらのように綺麗な梅ではありません。
酸味が強いので、お砂糖と蜂蜜を入れました。裏ごししたら、まるでプロの味(笑)自画自賛ですが、やはり手作りは良いものですね。またお邪魔いたします。どうぞよろしくお願いしますね。
Posted by ねじっこ at 2006年06月27日 23:15
皆さん、コメントありがとうございます。

タンボロッジでは、今年は梅干と梅ジャムに挑戦しました。梅干の結果が出るのはまだ先になるので、今、待っているところです。

梅ジャムは、ジャムとしてそのまま食べられるくらいの甘さにしようと思うと、かなりの水あめが必要です。ですので、わざと『すっぱく』作ってみました。そして、これを『レモン果汁がわり』に料理に使ってみたんです。すると、かなりいけるではないですか。
ペルー料理では、いろいろな料理の酸味付けに『レモン果汁』を使います。それを『すっぱい梅ジャム』に変えると、なんともいえない香りの料理がおいしく作れたんです。
梅を使った『セビッチェ』なんか、結構いけそう!。
写真撮るのを忘れたので、これからまた作ってブログに出したいと思います。
新しいアンデス精進料理の発見です。(興奮気味の料理長でした)
Posted by 料理長 at 2006年06月27日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/906613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック