2014年03月29日

エクアドル風バナナ入りさつま揚げ

赤道の通る国「エクアドル」は「バナナ」の有名な産地です。手(パー)
しかも、バナナは概ね2種類あるんです。がく〜(落胆した顔)
「加熱用バナナ」、そして「生食用バナナ」。猫
日本で手に入るほとんどが「生食用」です。
しかし、この「エクアドル風さつま揚げ」は本来は「加熱用」を使います。
「加熱用」はそれほど甘くなく、まるで「芋」の様です。
エクアドルで「バナナチップス」と言えば、「塩味」と言うのもこのためなんですが、タンボ・ロッジでは「加熱用」ではなく、「生食用」のバナナを使って、このさつま揚げを作っています。
だって、「加熱用バナナ」のオーガニックなんて、めったに見ないもん!!。猫
しかしですね、甘くておいしいもんね、これ。
日本人の口にはぴったりの相性です手(グー)

IMG_9280 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91940806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック