2006年06月30日

幻の『黒豆麦味噌』完成

4月の中ごろに、『幻の黒豆麦味噌』を仕込んで見ました。何が『幻』かって言うと、こんな味噌、「見たことないじゃん!。」という単純な理由からです。

その幻のお味噌、今日、様子(味)を見たら、「あらおいしいじゃない!。」黒豆の深いコクと、麦味噌の甘いさわやかな香りを併せ持っています。
麦味噌なので、麹をたくさん入れるので、熟成が早いようです。
DSCN5993-1.jpg
これじゃ、黒っぽい味噌というだけしかわかりませんね。なかなか写真ではうまく伝えられないな〜〜

使った材料は、北海道で無農薬無肥料の自然栽培で黒豆(黒大豆)を作っている『秋庭さん』の黒豆と、ペルーの標高3200mの高地で採れる、太陽と風の力だけで作られた自然塩『インカの塩』、それに国産押し麦で作った『麦麹』だけです。あ、もちろん水も使います。(当たり前か、ぽりぽり)
麦麹は『支配人』の実家の宮崎県日向市にある、『児玉麹店』さんに作っていただきました。

麦麹は押し麦から作ったやつなので、つぶつぶ感がかなりありました。そこで、これがおいしいのに気をよくして、またまた今日、追加で作って(仕込んで)見たんです。でも、粒があまり残らないやり方にしてみました。
DSCN6012-1.jpg
写真のように、まずゆでた黒豆と麹、塩を混ぜます。
それを『キッチンエイド』のひき肉を作るときの『グラインダー』を使って、一気につぶします。(下の写真)
DSCN6016-1.jpg
電動の機械なので『楽ちん楽ちん』、助かります〜。

さあ、今度は秋に味見ですね。楽しみです。
posted by 料理長 at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
こんにちは。
材料をうかがっただけで味が伝わってくるようです。色もいいですね。おいしそうです。ぜひ一度お味を確かめたいです。電動のグラインダーは強い味方ですね。私も以前はお味噌を手作りしていました。今は年中無休の生活で何も出来なくなり、家はごくわずかな睡眠をとる場所になってしまいました。
また小山さんと舘岩村に行ってみたいです。以前ご一緒したときは小山さんはそちらに宿泊されたのですが、私たちは日帰りでした。返す返すももったいないことをしました。小山さんから勧めていただいたのですが。
Posted by 風花 at 2006年07月01日 12:28
こんにちは、風花さん。
毎日忙しそうですね。
でも、家はごくわずかな睡眠をとるところだなんて、もったいないですね。
私たちは、本当に幸運にも、この南会津でのんびり暮らすことができています。のんびりできるので、いろいろ手作りもできるというもので、それがお客様には受けているんじゃないかと思っています。
風花さんもなるべく早く、以前のようにのんびりした生活に戻れたらいいな〜と、この南会津から思っています。そうしたら、タンボロッジの手作り料理を味わいに来てくださいね。
Posted by 料理長 at 2006年07月02日 22:58
ちわっ 日向情報局のカブちゃんでぇ〜〜す
今、日向市を基点としたネーチャーライフガイドを作っています
近日中にお邪魔しますのでヨロシク
Posted by カブちゃん at 2007年07月04日 14:05
おおっ!!
ずいぶん昔の記事に書き込み、ありがとうございます。(今は2007年7月4日)

私の妻の実家が日向市なもので、1年に一回くらいは「里帰り」をしていますので、日向には縁があるんですよ。
一つよろしくお願いいたします。
Posted by 料理長 at 2007年07月04日 14:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/920909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック