2008年01月12日

チューニョ作り(その1)

去年、すごくうまく出来た、アンデスの保存食「凍結乾燥ジャガイモ」の「チューニョ」。
去年の出来に気を良くして、今年はたくさん作ろうと決心しました。手(グー)

去年の様子はチューニョ作り(1)チューニョ作り(2)チューニョ作り(3)チューニョ作り(4)を見てね。

今回は、少量作った前回と違い、たくさん作るので必要なものが出てきました。
それは、「チューニョ干しの台」です。
今回は20Kgのジャガイモをチューニョにするので、丈夫な台を作ることにしました。

P1082717-1.jpg
せっせと木工をします。
まずは枠を作ります。
そこに、茨城のホームセンターでわざわざ買ってきた「干し芋の網」(茨城名産のサツマイモの干し芋を作る道具です)を張っていきます。

P1092727-1.jpg
1日がかりで作りました。
120cm×60cmの大きさの網が5つ出来ました。

さて、明日ジャガイモが到着します。
後は天気を見ながらの「チューニョ作り」。
どうなることやら・・・・猫
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
今年もよろしくお願いいたします。
遠藤農園でも家族用に初めて干し芋を作ってみました。最近知り合った近所の無農薬栽培農家さんから、干し芋用の「たまゆたか」を米袋でひとついただき、昨年末と今月と2回挑戦しました。やっぱり寒さがポイントのようで、昨年末は暖かかったためカビがでました。でも今回の干し芋は大成功でした!いまも味見をしているうちになくなりそうです。ところでチューニョ作りに利用し手いる干し芋用の網は普通のホームセンターで売っている金網とは違うのでしょうか?
Posted by endo at 2008年01月13日 11:34
endo さん、明けましておめでとうございます。

干し芋、作ったんですね。
さぞかしおいしいことでしょう。
食べたいな〜〜〜。
こちらではさすがに甘いサツマイモの「干し芋」は、寒すぎ{(凍ってしまう)出来ません。
なので、せっせとジャガイモの「チューニョ」を作るんです。

ところで、この「芋干し網」、金網ではなく、プラスチックの網です。
しかもかなり「目」が粗いんです。
会津では売っていません。
やはり「干し芋」の産地の茨城ならではのようですよ。

ちなみに、茨城のホームセンターでは枠付のと、網だけのを売っています。
Posted by 料理長 at 2008年01月13日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9389395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック