2006年07月11日

ワイルドストロベリー

タンボロッジの庭に植えてから約7年、ワイルドストロベリーが近頃は野生化してきた感じで、放っておいてもいっぱい実をつけるようになりました。
このワイルドストロベリー、笠間の木工やまぼうしの小山さんから株分けしていただいたものなんです。
DSCN6080-1.jpg

毎年今頃からしばらくは、小さい酸味のあるかわいいイチゴを楽しめるんです。
posted by 料理長 at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理
この記事へのコメント
じゃあ、うちから行ったワイルドストロベリーってことでしょうか?なんて言うと、あの堅物小山さんがまじめな顔で「いや、それはどこそこの○○さんから来たものです。」と几帳面に答える様子が見えてきそうですね。
ワイルドストロベリー、味が濃くておいしいです。
Posted by 風花 at 2006年07月12日 00:26
そうなんですか。
それはありがたいですね。風花さんのおかげで、タンボロッジでも『ワイルドベリー』が楽しめるんですね。
このワイルドベリー、本当においしいです。味が濃く、酸味が利いていて、小さくてもぴりりと個性を主張しているんですもの。
しばらくはタンボロッジのスイーツに活躍してくれそうです。ありがとうございます。
Posted by 料理長 at 2006年07月13日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/957401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック