2017年01月29日

支配人の秘密のパン教室第3弾

昨日から今日にかけては、「タンボ・ロッジ支配人の秘密のパン教室第3弾」の日でした。
何が秘密かと言うと、教室をやりたがらない支配人を個人的に口説き落としてやってもらわないといけないからなんですよ。(笑)
そして募集もしません。
人づてに集まった人だけで密かに行われる教室です。
だからこうして事後に記事にしているのです。
しかし今回で3回目になってしまったなぁ〜〜。
今回もテーマは米粉100%のパンと古代小麦のパンですよ〜〜。

IMG_2644.JPG
さあ始まりました・・・しかし私が乱入!!。(笑)
実は最近レシピが確定した、自家製粉米粉による米粉100%のふわふわパンから始まったからです。
このパンはまだ私が担当です。
私が手に持っている、有田焼のタンボ・ロッジオリジナル絵柄のセラミックの一斤パン型を使い、一斤パンを2本焼きました。

IMG_2652.JPG
皆さんすごい熱心!!。
私が圧倒されちゃうくらいです。(笑)

IMG_2653.JPG
さて、そのあとは「こめっ粉40」を使った支配人の米粉パンの時間です。
なんだか余裕の支配人。(笑)
カメラを向けるとポーズまでとっちゃってますよ。

IMG_2655.JPG
振り返って同じくポーズをとる参加してくださった方たち。
このように和気あいあいと進んでいきました。

IMG_2658.JPG
支配人の米粉パンが焼きあがりました。
熱そうに型から出す支配人。

IMG_2660.JPG
支配人の「こめっ粉40」のパンは、黒ゴマとプレーンの2色パンです。
綺麗ですね。

IMG_2661.JPG
出来上がった私の担当した自家製粉米粉のふわふわパン。
撮影タイムです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_2664.JPG
翌朝(今日)になりました。
前の記事に出した最後の山栗餡と古代小麦のアンパンを朝食に食べた後、一息置いて古代小麦の食パンを支配人が作ります。
その前に外の雪で雪だるまを作る参加者たち。
朝のこの時間は気温がマイナス10℃近くの寒い朝でした。
元気だなぁ〜〜。
私は外に出たくありません。(笑)

IMG_2668.JPG
そして、参加してくれたSさんが持参した手作りパン3種類が登場。
なんか美しいです。
試食が楽しみ!!。

IMG_2671.JPG
さて、支配人のパン教室、小麦のパン部門の始まりです。
この時作ったのは、ハーブパン。
アニスと白胡椒を入れた、イタリア産古代小麦「ファッロ」の全粒粉と国産オーガニック南部小麦のブレンドパンです。
早くもアニスの良い香りが・・
1次発酵を終え、整形を参加した方にやっていただきました。

IMG_2672.JPG
今日はハーブパン2本作ります。
2本目も参加した方にやっていただきました。

IMG_2675.JPG
じゃじゃ〜〜ん、出来上がったすべてのパン。
手前左のが前日に支配人が焼いた黒ゴマ2色パン。
右のまだ切っていないのは、焼き立て古代小麦のハーブパン。また熱すぎるので切れません(笑)
左奥のがSさんが焼いてきた自家製パン3種類。
そして右奥のが前の日に私が焼いた、自家製粉の米粉100%のふわふわ食パンです。

IMG_2677.JPG
少し冷めたので、古代小麦のハーブパンも切りました。
すごい量!!。

IMG_2678.JPG
私が焼いた自家製粉米粉100%のふわふわ食パンです。

IMG_2680.JPG
古代小麦のハーブパンには、コーフーカツを挟んでなんと!!「カツサンド」にして食べました。
おいしかったなぁ〜(^^♪ ♪♬〜♫♬。
なんと贅沢なランチでしょうか!!。

IMG_2683.JPG
さあ、みんなで頂きま〜〜す。
posted by 料理長 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2016年10月13日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室、最終回(2)

いよいよタンボ・ロッジのスイーツ講座、本当に最終日です。
今日は米粉のエクレアを作りました。
卵とベーキングパウダーと小麦粉不使用ですよ。
では名残惜しい最終回、頑張りましょうね。

IMG_8769.JPG
エクレアの生地が出来上がり、中に2種類のクリームを挟み、チョコレートコーティングをします。
コーティングたっぷりで、リッチなビーガン・エクレアの出来上がりですよ。

IMG_8770.JPG
今回挟んだ2種類のクリームです。
右が豆腐ベースのバニラクリーム、左が米粉のカスタードクリームです。

IMG_8772.JPG
チョコレートコーティングは、みんなにそれぞれやっていただきました。
たっぷりかけてね〜〜(笑)

IMG_8773.JPG
エクレアを冷蔵庫で固めている間に、タンボ・ロッジ支配人の賄ランチをいただきます。
根菜の煮つけと、ひじきご飯ですよ。おいしそう!!。

IMG_8775.JPG
完成した「ビーガン・エクレア」。
実はこれ、このまま冷凍も可能です。
おいしそう!!。

IMG_8779.JPG
エクレアを食べ終わり、ここで支配人から「修了証書」の授与があります。
とても良い笑顔ですね〜〜。

IMG_8782.JPG
あっ、多田さん、そんなにかしこまらなくてもねぇ(笑)。

IMG_8783.JPG
最後に全員で記念撮影です。
皆様、辛抱強く、マニアックな講座に通ってくださって、本当にありがとうございます。
これからは講座で学んだことを生かして、活躍してくれることを希望します。
是非全国に「こめっ粉40」スイーツを広めてくださいね。
posted by 料理長 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室、最終回(1)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室、最終回の日でした。
最長の人で約1年がかりのスイーツ教室でしたが、無事最終回を迎えることができて、正直いってホッとしています。
初級から中級、上級と最終回は超上級という呼び名で4回行いました。
最初はロールケーキから始まり、豆乳の濃度を変えたり、粉と豆乳の構成を変えたり、他の材料(麻の実ナッツなど)を入れることにより、よりリッチな生地に仕上げたり、ありとあらゆる手法を用い、卵を使ったケーキと同じレベルのケーキを、卵もベーキングパウダーも使わずに、そして小麦粉さえ使わずに作り上げてきたという、一風変わったタンボ・ロッジオリジナルのマニアックな講座でした。
それも今日で終わりになると思うと、ちょっと寂しいです。
でも、今年は48名の方が卒業したことになります。
その方たちが、日本全国に散っていき、それぞれの地域で活躍することはとてもうれしい限りです。
この講座に参加された皆様、本当にありがとうございます。

IMG_8751.JPG
最終回の講座が始まりました。
今回作るのは、「黄桃のシャルロット」と、2日目に「米粉のエクレア」です。

IMG_8754.JPG
シャルロットの生地を絞り出して、粉砂糖を振ってオーブンで焼きます。

IMG_8755.JPG
生地が焼きあがりましたよ。

IMG_8760.JPG
無事「黄桃のシャルロット」が焼きあがり、ケーキが固まるまでの間にタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食を、みんなで頂きま〜〜す。(^O^)/

IMG_8763.JPG
出来上がった「黄桃のシャルロット」。
これを切り分け、少しデコレーションします。

IMG_8766.JPG
個別のお皿に盛り付け、飾ります。
そしてこのスイーツを食べながら、いつもと同じく、夜遅くまで話は尽きることがありませんでした。
posted by 料理長 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2016年09月12日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)3 回目(2)

よく朝起きてみると・・・・
参加者の方がまたまた栗拾いしているではありませんか!!。(笑)
今年は山栗が大豊作なので、どんどん落ちてくるからなんですが・・・・

さあ、今日は最終の米粉スイーツ、卵もベーキングパウダーも小麦も使わない「ベジ・エクレア」を作りましょうね。

IMG_8383.JPG
こらぁ〜〜。泥棒〜〜〜・・・
なんちゃって。
栗拾いは本当に楽しいです。(^^♪ ♪♬~~♫

IMG_8385.JPG
エクレアの生地が焼きあがり、クリームも2種類詰めました。(米粉のカスタードクリームと豆腐のバニラクリームです)
そして、チョコレートコーティングをしましょうね。

IMG_8388.JPG
チョココーティングが出来上がりました。
あとは冷蔵庫でコーティングを固めるだけです。

IMG_8391.JPG
この日の支配人の賄ランチは、コーフーじゃがです。
拾ったばかりの山栗も、飾りにつけてみました。
山栗は濃厚でとてもおいしいですからね。

IMG_8392.JPG
たっぷりチョコのエクレア完成です。

IMG_8394.JPG
そして、「修了証書」が支配人から渡されます。

IMG_8396.JPG
参加者全員で修了証書を持って、記念写真を撮りましょうね。
皆様、長丁場をお疲れさまでした。
今まで習ったことを生かして、楽しい生活を送ってくださいね。
そして、お店をやっている方や販売をしている方は、是非ともこの「こめっ粉40」マクロ・スイーツをお客様に提供してください。
これからの皆様の活躍が楽しみです。(^^♪ ♪♬〜♫♬
posted by 料理長 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)3 回目(1)

食欲の秋が到来し、先週から再開した「タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室、超上級クラス」も今回でひと段落、あとは10月の平日に1回を残すだけとなりました。
だんだん肩の荷が下りていく私!!。うれしいです。
今回も遠くより、たくさんの方に参加していただき、うれしい限りです。
参加してくださった皆様、ありがとうございます。

今回も前と内容は全く同じですが、一つ加わったものがあります。
それは・・・「栗拾い」(笑)
タンボ・ロッジの庭の大きな栗の木が、実って実を落とし始めたからです。
なんだか収穫の喜びが加わると、もうめちゃ楽しいですね。

IMG_8367.JPG
さて、いつものように始まりました。
ちょっとにらめっこのような顔をしている私。
しかし、着々と「黄桃のシャルロット」を作っていきました。

IMG_8371.JPG
スイーツ政策が一段落したところで、夕食までの時間に「栗拾い」です。
これだけ人数が居ると、かなり拾えますからね。
皆さん楽しそう。(^^♪ ♪♬~メロディ~♫♬

IMG_8376.JPG
さて、アンデス・マクロビオティックの夕食も終わり、冷やし固めた黄桃のシャルロットの盛り付けです。

IMG_8377.JPG
今回ななんと、中級クラスでやった「米粉のチョコレートブラウニー」を少しアレンジして、持ってきてくれた方がいました。
うれしい試食がもれなくついてきましたよ。
こうしてアレンジして、自分のものにしているなんて、すごくうれしいです。

IMG_8379.JPG
黄桃のシャルロット、ボリューム満点ですね。

IMG_8382.JPG
ではみんなで、いただきま〜〜す。
posted by 料理長 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2016年09月04日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)2 回目(2)

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)2 回目は2日目となりました。
朝起きて、タンボ・ロッジの通常の朝食を食べた後、9時半を少し回ったころから最終のスイーツ作りに入ります。
前回の超上級1回目の時は、「米粉のシュークリーム」でしたが、今回は生地を細長く絞り出し、「エクレア」にしてみました。
ベーキングパウダーも卵も使わない、しかも小麦粉も使わないスペシャルなマクロ・スイーツです。

IMG_8306.JPG
生地が焼けました。
天板2枚で焼いたので、たったこれだけではありませんよ!!(笑)
1つは丸くして、シュー生地にしましたが、他は細長くして、エクレア生地にしてみました。

IMG_8307.JPG
さて、お待ちかね、タンボ・ロッジ支配人作の賄食は、今日は「高キビのカレー」です。
おいしそ〜〜〜!!(笑)

IMG_8308.JPG
ちょっとてっぺんのチョココーティングがお皿についてしまって、汚れてしまいましたが、「ベジ・エクレア」の完成です。
中は米粉のカスタードクリームと、豆腐のバニラクリームの2種類のクリームが挟んでありますので、とてもリッチに食べられます。
エクレアやシュークリームは、何でも使ってよいならば、本当に安くあちこちで売っていますよね。
しかし、このエクレアは、卵アレルギーや乳製品アレルギー、さらには小麦アレルギーの人も食べられる、スペシャルエクレアです。
しかも原材料はすべてオーガニック!!。
みんなでおいしくいただきました。
「エクレアなんて、久しぶり〜〜」という声も多数聞かれましたよ。

IMG_8309.JPG
これにて4回すべての講座が終了しました。
今回卒業された方には、「修了証書」をお渡ししました。
今回も9名の方たちが巣立っていきました。
寂しいようでもあり、巣立った方たちの活躍が楽しみでもあります。
今回参加された皆様、辛抱強く4回のマニアックな講座について来てくれましたね。
本当にありがとうございます。
そしてお疲れさまでした。
posted by 料理長 at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)2 回目(1)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)2 回目の日でした。
「超上級クラス」の1回目は、7月上旬でした。
早いものでそれから約2か月、夏を挟んで「食欲の秋」が近付く9月に2回目の開催です。
超上級クラスは、今回の後、残り3回を残して終了します。
今回も遠くよりたくさんの方にお集まりいただきました。(一番遠くは大阪から)
主催者として、本当にありがたい限りです。
参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。

今回作るマクロ・スイーツは、「黄桃のシャルロット」と、翌日2日目に「米粉のエクレア」です。

IMG_8285.JPG
さて、午後3時半から講座がスタートです。
スイーツのお話と米粉のお話の後、実際に作るデモンストレーション開始です。
最上級だけあって、緊張するなぁ〜〜(笑)。

IMG_8286.JPG
しかし、ここは手際よく、どんどん進めていかなければいけませんね。
かなりマニアックな作り方ですが、皆さん理解してもらえたかな?。
最上級だもんね、大丈夫でしょう。

IMG_8292.JPG
「黄桃のシャルロット」が出来上がりました。
21pの大きめサイズに焼きましたよ。

IMG_8298.JPG
タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食の後、出来上がった「黄桃のシャルロット」を切り分け、それぞれに盛り付けです。
なんだかワイワイと楽しそうですね。

IMG_8300.JPG
盛り付けも次第に出来上がりました。

IMG_8295.JPG
私のは、きわめてシンプルにしてみました。
でも結構大きいぞ!!。(笑)

IMG_8305.JPG
さあ、みんなで頂きますをしましょう。
もちろんこの後は、例によって夜遅くまで、マニアックな米粉スイーツのお話になりました。
posted by 料理長 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2016年07月11日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス土日開催)4回目

7月9日(土)から8日(日)にかけては、タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス土日開催)4回目の日でした。
今回で上級クラスはすべて終了し、あとは残すところ「超上級クラス」(オタク・クラス)のみとなりました。
やっとここまで来たんだなぁ〜〜と、なんだかしみじみ思います。
内容はこのブログにもさんざん書いてきたとおりですが、食事の内容などが、季節の変化とともに変わってきています。
そして最後なので、人数も少なく(4名)、少人数で充実した教室になったのではないかと思います。
参加した方はお得感満載(笑)。

IMG_7882.JPG
さて、最後の上級クラスが始まりました。
なんだかこれだけ何回もやると、私も少しは余裕が出てきた感じがします。
余り緊張しなかったのがうれしかったなぁ〜〜。(笑)

IMG_7884.JPG
「オペラ」に使う濃厚な「ビスキュイ・ジョコンド生地」の端切れが出たので、さっそく試食です。
なんだか皆様うれしそう(笑)。

IMG_7887.JPG
そして、まだまだ実が付いている「桑の実」の収穫です。
小雨が降っていましたが、傘をさして収穫&つまみ食いです(笑)。

IMG_7891.JPG
さあ、全ての作業が終わりました。
お腹もすいたし、みんなでアンデス・マクロビオティックの夕食をいただきましょうね。

IMG_7889.JPG
今回のメニューです。
前菜のプレートは、「白チューニョとワカメのセビッチェ」、「キャベツのケッパー蒸し、おかひじき添え」などです。
セビッチェとは、ペルーの「カルパッチョ」のようなマリネです。
本当は白身魚を使うのですが、白チューニョ(凍結脱水乾燥じゃが芋)を使うと、かなり良い感じに出来るんですよ。

IMG_7890.JPG
スープは、「ソパ・ア・ラ・クリオージャ」。
ペルーのクリームスープです。
本当は目玉焼きを上に乗せるのですが、タンボ・ロッジはベジの宿なので、乗せていません(笑)。
中にパスタとべジ・ハムが入って、結構濃厚なスープになっています。

IMG_7879.JPG
この日のメインディッシュはこちら、「ロモ・サルタード」のベジ版です。
この料理は、ペルー判「肉野菜炒めご飯」なんですが、もちろん肉は大豆蛋白で作りました。
ペルー原産野菜のトマト、ピーマン、じゃが芋が入った、ペルーの大衆食なんですよ。
やっとタンボ・ロッジでもその3つの夏野菜がそろったので、作ってみました。

IMG_7895.JPG
さて、食事も終わり、冷蔵庫で冷やしておいた「オペラ」を切り分けて、それぞれデコレーションします。
みんな好きなように、色々な部品を使ってデコレーション。
これも楽しいですね。

IMG_7896.JPG
支配人用のオペラは、お皿に「支配人」と書いて遊んでいます(笑)。
またもやカメラ目線の支配人。(^_-)-☆

IMG_7898.JPG
それぞれ、個性的な盛り付けです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_7899.JPG
またもや1日目の夜は「夜更かし」です。
眠い目をこすりながら、朝食を作りましたよ、わたくし(笑)。
そして2日目の講習が始まりました。
まずは「初級クラス」でやった、薄焼きジェノワーズ生地を焼きます。
これは参加者さんにお願いしました。
みなさん、忘れてないよね(笑)。

IMG_7900.JPG
支配人の作った「賄いランチ」が終わり、最後の飾り付けです。
今回で「上級クラス」が終わるので、みんなで記念写真を撮りましたよ。

IMG_7903.JPG
綺麗に盛り付けられた、「白いレアチーズケーキ風」。
真ん中下の茶色い丸い物体は、韓国のお茶菓子「タシク」です。
少人数のため、時間的余裕ができたので、素早く作ってみました。
色が少し黒っぽいのは、「黒豆きな粉」を使ったからです。

ようやくすべての「上級者クラス」が終わりました。
あとは9月に「超上級クラス」を残すだけです。
参加者の皆様「超上級クラス」でお会いしましょう。
今回は大阪や福井、名古屋など、本当に遠くからおいでいただき、とてもうれしかったです。
皆様、ありがとうございます。
posted by 料理長 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2016年07月03日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)1 回目(2)

前の日は、サプライズのチョコレートを寝る前に食べて少し興奮気味の私(笑)。
でもぐっすりと寝ることが出来ましたよ〜〜。
そして朝を迎えました。
この日はタンボ・ロッジのステップアップ・マクロ・スイーツ講座が初めて終了する日です。
最後のテーマは、小麦も卵もベーキングパウダーも使わない、ベジ・シュークリームです。
中のクリームも、米粉のカスタードクリームと、豆腐ベースのバニラクリームを2種類ブレンドして中に挟みました。
2種類のクリームが中にあると、とても美味しいんですよ。
では教室スタートです。
まずはどういう仕組みで通常のシューが膨らむか、そしてそれをベーキングパウダーを使わずに、小麦粉も卵も使わずに置き換えるにはどうしたら良いかという話を30分くらいさせていただきました。

IMG_7837.JPG
2日目の朝食は、ひよこ豆のファラフェル。タンボ・ロッジの自家製中農ソースがアクセントです。
それに今回は支配人の焼いた「古代小麦」を使ったパン2種類です。

IMG_7839.JPG
さて、始まりました。
そして、シュー皮が焼き上がりました。
ちょっと見た目的には表面が滑らかで、シュー独特の裂け目が少ないですね。
それはすべて植物性の材料なので、仕方がないところがありますが、味は相当美味しいですよ〜〜♪♩ ♫♬〜♪〜。

IMG_7841.JPG
ランチタイムは、支配人が作る賄いご飯です。
今日は高キビを使った「マーボー茄子」。
そして小さい黒豆の「黒仙石」を入れたご飯です。

IMG_7842.JPG
「マーボー茄子」ですからね、ちょっと辛みが欲しいところ。
そこでタンボ・ロッジ手作りの究極のコチュジャンの出番です。

IMG_7844.JPG
ランチの後は、ベジ・シュークリームを組み立てます。
昨日の夜にみんなで味見した、スペインの超おいしいダークチョコレートをコーティングに使うと言う贅沢さ。
シュークリームなんだけど、エクレア風になりましたよ。
中身は2種類のクリームが入っています。

IMG_7845.JPG
こちらは皆でシュークリームを組み立てているところです。

IMG_7847.JPG
さてすべて終わりました。
ここでタンボ・ロッジの支配人さんから、「修了証書」の授与がありました。
「修了証書、あんたはエライ」・・・あっ、「エライ」というのは「表彰状」だったっけ・・・・なんちゃって。

IMG_7848.JPG
支配人も楽しそうですよ〜〜。(笑)

IMG_7849.JPG
Aさんと支配人です。
でももうこれで終わりなんて、なんだかさみしいです。
今度は「同級会」やらなくっちゃね。

IMG_7852.JPG
修了証書第1号の9人の仲間たちとタンボ・ロッジの私達2人で記念写真を撮りましょうね。
昨年の11月から始まったステップアップ講座、第1号の卒業生が誕生しました。
遠くから参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。
一番遠い参加者は、なんと九州の福岡からでした。
本当に遠いところを4回もタンボ・ロッジの講座に来てくださって、感激です。
またみんな、タンボ・ロッジに集まろうね。

そしてこの後、もう何回か「最上級クラス」があり、一応それで一段落します。
いったい何名の方が卒業生になるのか、楽しみです。♪♩ ♫♬〜♪〜
posted by 料理長 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)1 回目(1)

7月2日(土)から3日(日)にかけては、タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(超上級クラス土日開催)1 回目の日でした。
今回は初の「超上級クラス」ですが、「公募」する前に、タンボ・ロッジで上級クラスを受けた方で満室になってしまい、公募はしませんでした。(タンボ・ロッジ宿泊教室参加者優先ですからね)
「超上級」ということなので、今回は最も難易度が高いと思われるケーキに挑戦しました。
その難易度が高いと言うケーキは、初日は「黄桃のシャルロット」で、2日目は「米粉のベジシュークリーム」です。
初日の「シャルロット」は「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」と言う生地を焼いて、ケーキの縁取りと底に使います。
ビスキュイ生地を人指し指くらいの大きさに細長く絞り出し、砂糖をまぶして焼いた菓子のことをそう呼んでいるんですね。
その生地は、外側がややさっくりとしていて、中がスポンジという、微妙な生地で、それを卵もベーキングパウダーも使わずに、米粉だけの生地でどう作るかが最大のポイントです。
この一連の講座の初級からの「こめっ粉40」の生地は、搾り出せるような固さではなく、柔らかくて流れてしまいます。
最上級ではそれを克服するのに、さまざまなことをやらなければいけないんですよ。
では、教室がスタートです。

IMG_7797.JPG
さあ、始まりました。
30分くらいの技術的なお話の後、実演です。
今回は、18cmの型に1台ケーキを作るので、参加者にやっていただくことができないので、私が全部やりました。
ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール生地をオーブンの天板に絞り出しているところです。

IMG_7798.JPG
焼けましたよ〜〜。
結構立体的に焼き上がった生地です。
白い粉は、粉砂糖を振りかけて焼くからです。

IMG_7799.JPG
さて、中のババロアと上の黄桃の飾りが終わり、冷蔵庫で固まるまで冷やしている間に例によって、もう最後になってしまったタンボ・ロッジの庭の「ワイルドストロベリー」をケーキの飾り用に摘みました。

IMG_7803.JPG
さらに桑の実も摘みました。
こちらはまだまだ赤くて未熟な実があるので、あと1〜2週間は大丈夫そうですよ。(^_-)-☆
みなさん楽しそうですね。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7806.JPG
こんなに摘みました。
ワイルドストロベリーに桑の実に、ミントにタイムの花まであります。
これはきっと綺麗なケーキになるにちがいありませんね。☆彡

IMG_7807.JPG
さて、作業が全部終わり、お腹もすいたところで、タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食をいただきましょう。

IMG_7818.JPG
じゃじゃ〜〜ん、丸ごと1台を飾ってみました。
とても綺麗に出来て大満足です。

IMG_7828.JPG
ケーキを10等分して、みんなでそれぞれに飾り付けをしましょう。
飾りの部品が庭で採れるなんて、なんと良い季節なんだろうかと、しみじみ思います。

IMG_7821.JPG
私はこんな感じにしてみました。
赤が入るととても引き立ちますね。

IMG_7824.JPG
後ろから見ると、こんな感じです。

IMG_7835.JPG
ここで驚きの逸品が登場しました。
実は前々から、スペインの「アストルガ」という町の「チョコレート博物館」で売っている、カカオ90%のダークチョコレートが絶品だと言う話をしていたところ、なんとそれがタンボ・ロッジにやって来たのです。
というのも、今回参加されたFさんのお姉さんがスペイン人と結婚していて、その彼が無類のチョコレート好きだそうで、その話をしたら、すぐさま買いに行ってくれたそうです。
そして、6月に日本に一時帰省の折に持ち帰ってくれたんですって!!。
そしてさらに、チョコレート博物館の街から50km位マドリッド寄りの「レオン」という町で、チョコレートコンクールで賞を取ったと言うチョコレートも買って来てくれたんですよ。
それが黒いパッケージのチョコレートです。

IMG_7836.JPG
さっそくそのチョコレートを開けて、みんなで味見大会です。
みんな手が早い(笑)。
少しずつ味が違って、どれもおいしいけれど、やはりカカオ75%のは甘いです。
カカオのパーセンテージが下がれば下がるほど、砂糖が増えるからなんですよ。
しかし、素晴らしいサプライズでした。
Fさん、ありがとうございます。
まさかここであの幻のチョコレートが食べられるなんて、感動です、私。
posted by 料理長 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事