2018年09月14日

タンボ・ロッジ「こめっ粉40」スイーツ教室卒業生のための教室第2弾

9月12日(水)から13日(木)にかけては、タンボ・ロッジ「こめっ粉40」スイーツ教室卒業生のための教室第2弾の日でした。
卒業生だけに、かなりのマニアックな方たちが集合となりました。(笑)
今回は、1日目に米粉の1.5斤パンと、ジャンドゥージャボールの組み立てケーキを、2日目にビーガン・シュトレーンとビーガン・エンゼルパイもどきの合計4種類の教室です。
そしてちょうどタンボ・ロッジの庭の山栗がたくさん落ちるので、栗拾いも併せて楽しく過ごしました。

IMG_8680.JPG
教室の前泊のルーさんも朝から山栗拾いです。

IMG_8684.JPG
1日目の教室が終わり、タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食の時間です。
これは前菜のプレート。
アンデス原産のキヌアがたっぷりです。
ちゃっかり採ったばかりの山栗をトッピングに使っちゃいました。

IMG_8689.JPG
スープもペルー風のクリームスープ。
クルトンは古代小麦パンから作りました。
メインディッシュは写真撮り忘れました。(笑)

IMG_8693.JPG
食後、スイーツの組み立てです。
部品がたくさんある組み立て系のケーキですが、生地は初級で習ったものを使います。
皆でワイワイやるのも楽しい!!。(^^♬♪♬~♫!

IMG_8695.JPG
ジャンドゥージャクリームボールの組み立てケーキ完成です。
なんだかとっても豪華!!。
フルーツたっぷりの盛り付けです。
下から「プレーンのスポンジ生地」、「豆腐ベースのバニラクリーム」、「ジャンドゥージャクリームボール」、「米粉と黄な粉のサクサククッキー」、「豆腐ベースのバニラクリームの絞り出し」、「トッピングはフルーツ各種です。
もちろんベーキングパウダー不使用、小麦不使用のビーガン仕様です。

IMG_8697.JPG
翌日(2日目)は、まずはビーガン・シュトレーンから始まりました。
焼き上がったシュトレーンの横で、エンゼルパイもどきの組み立てです。

IMG_8699.JPG
エンゼルパイもどきのチョココーティング風景。

IMG_8701.JPG
そして支配人の賄ランチは・・・金時豆のベジカレーです。
カレーをよそる支配人。
とてもおいしいです。

IMG_8708.JPG
そして出来上がったスイーツ2種類をいただきました。
エキストラで持ち寄ってくださったフルーツがたくさん!!。
めちゃくちゃ豪華に見えますね。

IMG_8709.JPG
エンゼルパイもどきに、味見で小さく切った本物のエンゼルパイを刺してみました。(笑)
これ、なかなかユニーク。
今度尖がったもどきパイも作ってみたくなっちゃいました。
皆様、遠い所よりお集まりくださって、本当にありがとうございます。
気心知れたメンバーなので、なんだか楽しかったです。
そして栗もたくさん拾っていただいちゃったし、とても感謝しています。
posted by 料理長 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年09月09日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期土日クラス 師範編(最終回)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期土日クラス 師範編(最終回)の日でした。
平日クラスの直後の土日で開催してきたこのクラスも、今日で最終回です。
次第にレベルアップしてきて、最終回はかなりマニアックな内容です。
ベーキングパウダーも卵も小麦粉も使わず、スポンジ系のスイーツを作る・・・をテーマにした教室ですから。
最終回の今日も楽しくスタートです。

IMG_8626.JPG
始まりました。
この日のテーマは「オーガニック黄桃のシャルロット」です。
18pの型1台分を作るので、私のデモンストレーションで進めていきました。

IMG_8633.JPG
さあ出来上がりましたよ。
これをタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食後に飾り付けていただきます。

IMG_8636.JPG
夕食後、飾り付けてこんな感じになりました。
これを食後にいただきます。
最終回ということもあり、この日もまた話が尽きずに夜更かしです。(笑)

IMG_8640.JPG
さて翌日は、タンボ・ロッジの朝食の後、米粉のマシュマロチョコパイ(エンゼルパイもどき)を作ります。
生地を絞り出しているところです。
これは参加者の方にやっていただきました。

IMG_8642.JPG
生地と中に挟む米粉のマシュマロが出来上がり、マシュマロをサンドしてチョココーティングします。
チョココーティング作業中!!。

IMG_8651.JPG
支配人の作るタンボ・ロッジの賄ランチの後、この日に作ったスイーツをいただきます。
本物のエンゼルパイは味見に4分の1にカット。
ただしゼラチンや卵など、動物性のものを含むため、ビーガンの方は食べることができませんので、辞退者も・・・!!(もちろんタンボ・ロッジのはビーガン仕様で作っていますので、全員がおいしく食べることができました)
そして白いのは、韓国の伝統的な米粉スイーツの「ぺクソルギ」です。
そして米粉のマシュマロで作った黒胡麻ロールマシュマロがおまけに付きました。
結構豪華ですねぇ。

IMG_8657.JPG
食後は支配人から「修了証書」が手渡されます。
皆様、遠くより4月から4回にわたってご参加くださって、本当にありがとうございます。
なんだか名残惜しいです。
東京から通ってくださったTさんがうれしそう。
タンボ・ロッジは逃げませんから普通の時にお越しくださいね・・・というか、もう予約を頂いちゃっています。(笑)

IMG_8658.JPG
仙台から通ってくださったYさん、ありがとうございます。

IMG_8659.JPG
そして割と近い那須から通ってくださったMさんもありがとうございます。

IMG_8662.JPG
全員で解散直前に記念写真を撮りました。
皆様本当にありがとうございます。
タンボ・ロッジの通常営業にもぜひお越しくださいね。
お待ちしていますよ〜〜。(^.^)/~~~
posted by 料理長 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年09月07日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 師範編(最終回)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 師範編(最終回)の日でした。
今年の4月から足掛け半年かけて、4回の米粉のスイーツ講座。
回を追うごとにマニアックにグレードアップしていきました。(笑)
そして今日は最終回。
なんだか名残惜しいです。
最終回の課題は・・・初日が「黄桃のシャルロット」、2日目が「米粉のチョコパイ」(エンゼルパイもどき)&「ぺクソルギ」(韓国の伝統的な米粉スポンジ菓子)です。

IMG_8588.JPG
最終回がスタートです。
「こめっ粉40」のスポンジ系の生地の中でも難しい、「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」というフィンガービスケット風の生地を使い、ババロア系の中身を入れて、豪華にオーガニック黄桃を飾るケーキです。
これは1台だけ作るので、私のデモンストレーションで作りました。

IMG_8594.JPG
時間が経つのは早いですね。
でもしっかり綺麗にできましたよ。
これをタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食の後に切り分けていただきます。

IMG_8595.JPG
夕食も終わり、ケーキを切り分けます。
断面が美しい!!。
そしてこれを食べ、夕食後は自由時間です。
例によって話し込んでしまってまた夜更かししちゃいました。(笑)

IMG_8601.JPG
翌日は、まずはビーガン・チョコパイ(エンゼルパイもどき)を作ります。
これは2パターン作るので、2パターン目を参加者にやっていただきました。
この生地は絞り出さないといけません。
なので、絞り出しの作業に不慣れだとちょっと手間取ってしまいます。
でも中々上手にできましたよ〜〜。拍手〜〜。拍手

IMG_8606.JPG
チョコレートパイのチョココーティング作業中です。
中に挟んであるのは、米粉で作ったマシュマロ(ギモーヴ)が挟んであります。
とてもユニークなお菓子です。

IMG_8610.JPG
そしてもう一つの課題、「ぺクソルギ」です。
韓国の言葉で「白い雪のような」という意味のお菓子は、粗挽きの米粉(こめっ粉40)で作ると本場物のように作れます。
米粉をよく篩って作るのがポイント。
一生懸命に篩います。
そしてすべて完成したころ、ちょうど時間は12時少し過ぎです。
タンボ・ロッジの支配人が作る賄ランチをいただいた後、スイーツ2つを食べました。

IMG_8614.JPG
一番手前にあるのが本物の森永のエンゼルパイです。
後ろが今回米粉で作った(ウィート(小麦)フリー)ビーガン・チョコパイ。
本物よりも厚みがあって大きいです。(笑)
そして左の白いのが「ぺクソルギ」です。
白い雪のようですね。

IMG_8616.JPG
これですべて終了しました。
ここでタンボ・ロッジ支配人から「修了証書」が手渡されます。
半年にわたって4回も通ってくださり、本当にありがとうございます。
写真のIさんは、なんと!!、九州の宮崎から通ってこられました。
遠いところをありがとうございます。

IMG_8617.JPG
全員で記念写真を撮りましょうね。
こうして終わってしまうと、なんだか少し寂しいです。
この4回のコースで作ったものを今後とも生かしていただけたら、とてもうれしいです。
皆様、ご参加をありがとうございます。
posted by 料理長 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年08月23日

タンボ・ロッジ米粉スイーツ教室卒業生のための教室

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジ米粉スイーツ教室卒業生のための教室の日でした。
この2日間の課題は、
@「こめっ粉40」で焼く米粉100%の1.5斤パン
A「こめっ粉40」で焼く米粉100%のフォカッチャの2つをを初日に、
Bビーガン・チョコレートパイ(エンゼルパイもどき)
C米粉のビーガン・シュトレーンの2つが2日目の課題でした。
2日目の課題は「こめっ粉40」スイーツ教室の技を生かしつつ、発展形にしたレシピですので、今回の募集は教室の卒業生を対象とさせていただきました。
平日にもかかわらず、遠くより多くの方にお集まりいただき、とてもうれしいです。
では教室スタート!!。

IMG_8490.JPG
まず最初の課題は「「こめっ粉40」で焼く1.5斤パンからスタートです。
自家製粉もできる粗挽き米粉の「こめっ粉40」でも、ふんわりとしたパンができることを堪能していただこうと課題に入れました。
1次発酵、パンチングを経て2次発酵から焼きに入る直前の画像です。
今回はやはり夏なので、タンボ・ロッジは涼しいとはいえ気温がいつもより高く、過発酵気味になってしまいました。
でも焼きに入ります。

IMG_8492.JPG
焼いている途中で、膨らみ過ぎてオーブンの中で生地が型から押し出されてしまいました。
その様子をみんなが見学。
これも良い失敗例なので、参考にしていただけると嬉しいです。

IMG_8484.JPG
オーブンの中で、まるでゾウさんの鼻のように押し出されてしまった中身。
これには私もびっくりです。(笑)

IMG_8494.JPG
しかし、何とか形になって焼き上がりました。
フォカッチャは鍋で焼くので、はみ出ませんでしたし、なかなか良い焼き具合です。

IMG_8495.JPG
時間は午後7時少し前、皆さんお腹すいた〜〜ということで、さっそくタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食です。
これは前菜のプレート。
キヌアとかぼちゃのケークサーレと、シソの葉のコチュジャン漬けとその上の焼きナス、そして自然農法の野菜サラダです。

IMG_8496.JPG
スープはエクアドル料理のベジ版で、バナナと海老もどきが入った冷製のクリームスープです。
浮いているのは前の日に焼いておいた米粉の1.5斤パンのクルトンです。

IMG_8498.JPG
メインディッシュはアンデス原産野菜をたっぷりと使った「ロクロ」と呼ばれるぺルー料理の野菜の炒め煮ご飯です。

IMG_8499.JPG
食後のデザートは、ビーガン・プリン・ア・ラ・モード。
めちゃくちゃ卵使ったみたいにリアルなプリンで、黙って食べていただいたら、卵なしということがわからない人もいると思われるプリンです。
丸い物体は、オーガニック黄桃のビーガンアイスクリームです。

そして食後はいつもの様に話し込んで夜更かし!!(笑)

IMG_8504.JPG
こちらは焼き上がったパンを、翌日の朝食のために切り分けたところです。
オーブンの中で中身がはみ出てしまったために、食パンの上が少し凹んでしまいました。
でもその他はとても良く出来ていて、ホッと一息です。(^^)/

IMG_8505.JPG
翌朝は、前日の米粉パンを朝食に食べ、2日目の課題がスタートです。
これは米粉のビーガン・シュトレーンを発酵させているところです。

IMG_8512.JPG
さて、2日めの課題、「米粉のチョコレートパイ(エンゼルパイもどき)」に使う生地は「こめっ粉40」スイーツ教室の基礎中の基礎、薄焼きジェノワーズ生地の進化系です。
だからね、皆様卒業生だから、その優秀な卒業生の中から、玄米と野菜のお店を営んでいる松岡さんにやっていただきました。
極度に緊張する松岡さんを横目に指さして面白がるわたくし。(笑)
松岡さんは時々自分のところでも教室をされているくらいのキャリアの方ですが、やはりみんなに見られると緊張するんですね。
とても面白いショットが撮れました。(^O^)(^^♬♪♬~♫!

IMG_8514.JPG
チョコパイに使う、ブッセ生地が焼き上がりました。
そのまま食べたいくらいの良い出来です。(笑)
松岡さんが頑張りましたからね。

IMG_8516.JPG
そしてブッセ生地の真ん中に挟むのは、米粉で作ったビーガン・マシュマロ。
このマシュマロ、時間を置くと硬くなる性質があるので、柔らかいうちに手早く皆で作業をしました。

IMG_8517.JPG
そしてランチの時間です。
今日は支配人の作るビーガン・カレーが賄いです。
おいしそう!!。

IMG_8519.JPG
カレーの付け合わせは、自家製胡瓜の糠漬けと、自家製らっきょうの羅漢果糖の甘酢漬け、そしてオクラの自家製ひよこ豆味噌和えです。

IMG_8226.JPG
じゃじゃ〜〜ん、ここで本物のエンゼルパイの登場です。
なんだかレトロなパッケージ。(笑)
このレトロなエンゼルパイに似せて、ビーガンのチョコパイを作ったので、今日は味比べです。

IMG_8522.JPG
本物のエンゼルパイと似せて作ったビーガン・チョコパイ。
両方断面と全形を並べてみました。
ビーガン・チョコパイ(後ろ)の方が厚みがあってボリューム感がありますね。
食べる人はそちらの方が良いそうです。(笑)
でも本物がこんなにぺったんこだったとは思わなかったです〜〜。
昔自分が子供の頃に食べた記憶で作ったチョコパイなので、厚くなりましたが、食感はそっくりです。
味は本物の方が断然甘い!!。

IMG_8529.JPG
エンゼルパイは小さくカットして味見に回りました。
ビーガン・チョコパイは丸々一つが一人分です。
そしてビーガン・米粉のシュトレーンが並びました。
ではいただきま〜〜す。!!
posted by 料理長 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年07月08日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期土日クラス 上級編

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期土日クラス 上級編の日でした。
すぐ前の木曜日〜金曜日開催の平日クラスと全く同じ内容です。
そして教室以外の料理も同じメニューです。
今回もケーキの中ではひときわ豪華な「オペラ」をビーガン仕様で、しかもベーキングパウダーもなしで作ります。
では教室スタート!!。

IMG_8134.JPG
人数の関係で、オペラ2台作ります。
なので、2台目は例によって、参加者の方に作っていただきました。
とても慎重に、しかし丁寧に作られているのにびっくりしました。

IMG_8136.JPG
時間が経つのは早いですね。
気が付いたら出来てしまっていました。(笑)
平日クラスと同じメニューのタンボ・ロッジの夕食後に、切り分けていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_8143.JPG
そして翌日、この日はビーガン・カスタードプリンと、レアチーズケーキ風と2つ作ります。
両方のスイーツを冷蔵庫で冷やし固めている間に、支配人の作る金時豆カレーをいただきます。
平日クラスの時は写真を撮り忘れたので、今回はしっかりと撮影!!。
とてもおいしくいただきました。

IMG_8153.JPG
さあ、ランチの後は、お楽しみの2つのスイーツです。
皆でワイワイと盛り付けするのも楽しい(^^♬♪♬~♫!。

IMG_8146.JPG
ビジュアルも美しく出来上がりました。
卵を使わないのに卵っぽいプリン!!。(笑)
そして上手にクリームを塗るととても美しいレアチーズケーキ風。
2つもあるともうお腹いっぱいです。

今回も遠くよりご参加された皆様、ありがとうございます。
おかげで楽しい時間を共有することが出来ました。
次回は9月の初めの頃ですね。
秋の風吹く涼しい会津高原でまたお会いしましょう。
posted by 料理長 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年07月06日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 上級編

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 上級編の日でした。
今回は3回目ということもあり、一気にグレートアップ!!。
数あるケーキの中でも、リッチで豪華な「オペラ」を小麦フリーで、しかも卵もベーキングパウダーも使わずに作ります。
そして翌日にはレアチーズ風味のケーキと、これまた卵を使ったものにそっくりなカスタードプリンを卵なしのビーガン仕様で作ります。
さあ、だいぶ難しくなるけど、頑張りましょうね。

IMG_8097.JPG
米粉のビーガン・オペラの実習開始です。
人数の関係で、2台必要なため、最初に私が作りました。

IMG_8100.JPG
そして2台目の生地は参加者の方にやっていただきました。
基本的なやり方は初級の生地に通じるところがありますが、何しろ「ビスキュイ・ジョコンド」というリッチなスポンジ生地にしなければいけません。
そのための工夫がたっぷりと詰められた生地作りです。

IMG_8105.JPG
さて、すべて終わり、出来上がったオペラは「チョコレートコーティング」したので、それを固めるために冷蔵庫で冷やします。
その冷やしている間に、タンボ・ロッジのアンデス・ビーガン料理をいただきます。
これは前菜のプレート。
アマゾン風のひよこ豆のスフレを中心にしたプレートです。

IMG_8110.JPG
スープは「もちトウモロコシ」が入ったアンデス風のスープです。
紫色した粒粒が、自然農法のもちトウモロコシです。
日本人が知っている一般的なトウモロコシは「うるちトウモロコシ」ですから、モチっとした食感を楽しんでいただけたらうれしいです。

IMG_8112.JPG
メインディッシュはアンデス原産夏野菜たっぷりのペルー風ベジ肉野菜炒めご飯です。
本来は牛肉を使いますが、ベジ仕様なので、「コーフー」を使って、牛肉らしい味付けにしています。

IMG_8113.JPG
さあ、冷蔵庫で冷えて固まった「ビーガン・オペラ」を切り分けます。
2台並ぶと壮観ですね。

IMG_8118.JPG
切り分けて、上に金箔を飾ります。
オペラはなんと!!生地とクリームとチョココーティングで9層になっているとても豪華なケーキです。
フランスはパリのオペラ座近くの菓子店のシェフが発案した、オペラの豪華さとリッチさを持ち合わせた、とても豪華なケーキです。
それをバターも卵もベーキングパウダーも使わずに、米粉で作ることが出来るんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IMG_8119.JPG
さて翌日は朝食の後、2種類のスイーツを作ります。
ビーガン・カスタードプリンと、白いレアチーズケーキ風です。
チーズケーキ風の「風」が付いているのは、乳製品を使わないから。
でも発酵的な味がします。

IMG_8128.JPG
豪華にも2種類のスイーツ盛り合わせを、タンボ・ロッジの支配人が作った賄系ランチの「ベジ・カレーライス」の後に、皆でいただいて、上級クラスが終了しました。
ご参加の皆様、お忙しい中、遠くよりおいでくださってありがとうございます。
次の「師範クラス」は9月の初めです。
また9月にタンボ・ロッジでお会いしましょう。
posted by 料理長 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年05月27日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期土日クラス 中級編

5月24日(木)〜25日(金)にかけてのタンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期 中級編の土日クラスが平日クラスから連続の日程で、昨日と今日にで行われました。
連続の日程にしてしまったので、結構ハードな私。(笑)
でもね、参加メンバーも違うし、頑張って教室やらなくっちゃ怒られてしまいますからね。
なので、テンション高く、頑張りました。!!グー
内容は平日クラスとほとんど同じです。
まずは小麦の話から始まって、米粉の話やスイーツの話、使う豆乳の濃度により、生地の違いが出ることなどの話の後、実践スタートです。

IMG_7671.JPG
3日前と同じ気持ちで講座がスタートです。
頑張るわたくし。(笑)

IMG_7673.JPG
最初の作るのは「米粉のサバラン」です。
今回も2パターン作るので、2回目は参加者にやっていただきました。
かなり手際よく作られる方でしたので、感心することしきりのわたくしです。

IMG_7675.JPG
すべて出来上がり、平日クラスと同じメニューのアンデス・マクロビオティック料理の夕食の後、米粉のサバランの盛り付けです。
皆でワイワイやると楽しいですね。

IMG_7677.JPG
米粉のサバランが出来上がりました。
お泊り教室なので、車出来た方も安心してお酒をたっぷりとかけて本格的なサバランをいただくことが出来ます。
泊りならではですね。

IMG_7679.JPG
今回は、平日クラスと違って半分はこの「クグロフ型」で作ってみました。
クグロフとサバランは、普通のスイーツ(小麦使用のもの)でも親戚関係にあるスイーツですので、こんな感じも違和感ないですね。

IMG_7681.JPG
さて翌日(今日)は、米粉のチョコレートブラウニーと米粉のシュトレーンを作りました。
そして出来上がり、冷ましている間に平日クラスと同じ内容の支配人の作る、タンボ・ロッジの賄い料理をランチにいただきます。

IMG_7684.JPG
賄ランチの後は、作ったばかりの米粉のチョコレートブラウニーと米粉のシュトレーンを切り分けて、皆でいただきました。
写真が同じようなので、料理の写真やスイーツの写真を大分割愛させていただきましたが、平日クラスと同じにおいしく仕上がりました。
参加してくださった皆様、遠くよりありがとうございます。
次回は7月の初めです。
初夏のタンボ・ロッジでお会いしましょう。
ありがとうございます。
posted by 料理長 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年05月25日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 中級編

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 中級編の日でした。
まず最初の小麦の話を1時間ほどしました。
その後、豆乳の濃度により米粉の生地がどう変化するかということを実体験できるように、生地を粗めに作る「米粉のサバラン」を作りました。

IMG_7640.JPG
まず最初に私が実演します。
レシピは前回の初級の時と同じような感じです。
しいて言えば米粉と豆乳の配合量が違うくらいです。
にもかかわらず、どうして生地が変化するのかということをわかっていただきたく、実演しました。

IMG_7643.JPG
一回に6人分しか生地ができないため、今回も参加者に2回目を作っていただきました。
日光で野菜カフェを営む山口さんが挑戦。
さすがプロフェッショナル、慣れた手つきです。

IMG_7644.JPG
サバラン型に流し込みます。
小さい場所に流し込むのが少し難しい!!。
その後、サバランに使うバニラクリームを作ったり、生地に染み込ませるシロップを作ったりした後、夕食の時間です。

IMG_7653.JPG
昨日の夕食の前菜盛り合わせです。
アンデスの究極の保存食、「チューニョ」を使ったペルー風マリネには、ペルーの海苔を使いました。
そしてタンボ・ロッジの敷地に出ている「行者にんにく」を使った、古代小麦の低温乾燥パスタを使った付け合わせも。

IMG_7645.JPG
こちらが行者にんにくを使った古代小麦の低温乾燥パスタ。
行者にんにくの香りがとてもパスタとよく合います。

IMG_7654.JPG
スープは見た目が少し地味だけれど、ボリビア風のコーンスープです。
クミンの香りのエスニックな味!!。

IMG_7657.JPG
メインディッシュはエクアドル風の豚肉もどきの空揚げのパイナップルとの炒め煮です。
パイナップル原産地のエクアドルならではのおいしい料理ですよ〜〜。

IMG_7658.JPG
さて、夕食が終わり、お楽しみのスイーツの時間です。
まずは参加者それぞれ自分で盛り付けをします。

IMG_7660.JPG
デコレーション中。

IMG_7662.JPG
シンプルなデコレーションだけれど、完成です。
お酒の強い人は米粉のサバランにたっぷりとお酒をかけていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_7666.JPG
さて翌日です。
タンボ・ロッジのいつもの朝食の後、教室2日目の開始です。
今日作ったのは、米粉のチョコレートブラウニーと、今年開発したビーガン・米粉のシュトレーンの2種類です。
シュトレーンがかなり濃厚なため、小さめに作りました。

IMG_7664.JPG
さてお楽しみの支配人の賄ランチは・・・
コーフーカツと山ウドの炒め物です。
この山ウド、料理するほんの少し前にタンボ・ロッジの庭から採取してきたものです。
新鮮な山菜はとても香り高くてアクが少なくておいしいです。

IMG_7665.JPG
山ウドの炒め物!!。
春の香りをまだまだ楽しめますよ〜〜。

IMG_7669.JPG
米粉のチョコレートブラウニーと、米粉のビーガン・シュトレーンです。
小麦粉は入っていません。
かなりシンプルにお皿に盛りつけました。(笑)

さて、次回は7月に上級クラスが行われます。
参加してくださった皆様、次回お会いできる時を楽しみにしています。
ありがとうございます。
posted by 料理長 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年05月16日

「パン焼き器」で焼く自家製粉の米粉パン教室

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジのイベント、「パン焼き器」で焼く自家製粉の米粉パン教室の日でした。
平日にもかかわらず、遠くからたくさんの方に集まっていただき、とてもうれしいです。
御参加された皆様、ありがとうございます。

さて、いつもの様に教室は午後3時半から始まりました。
今回は時間の関係から、タミパンなどの「パン焼き機」で焼く米粉パン、無水鍋で焼く米粉のフォカッチャ、1.5斤の食パン の中から参加された皆様の意見を伺って2つにしようと決めていました。
その他に、支配人が焼く1次発酵だけの米粉パンも入るので、午後3時半から夕食までの間に、そんなにたくさんできないと思っていたからです。
ところが3つを提案すると、全員が全てやってほしい‥‥!!!と。
強い要望に押されて苦しむわたくし!!(笑)
で、結局3つ全てをやることに‥‥。
支配人のパンも合わせると、合計で4つの作る、めちゃくちゃ忙しい、内容詰込み教室になってしまいました。
でもね、なんとかなっちゃいましたよ〜〜・・・かなり疲れてしまいましたが。(笑)

IMG_7512.JPG
夕食が少し遅れても皆様我慢するという条件で、3タイプの自家製風の米粉を使った米粉パン教室がスタートです。
パンって発酵時間がありますよね。
わたくし担当の3つのタイプは、1次発酵して、それからパンチングをし、焼き型に入れて2次発酵させるタイプです。
ですから、発酵時間を利用して、同時進行形で3タイプを進めていきました。
なんだかどれがどれだかわからなくなりそう!!。
でも間違えることなくできました。
ホッと一息。

IMG_7517.JPG
私の忙しい3つ同時進行のパン焼きが焼きに入ったあたりで、支配人にバトンタッチです。
支配人が焼くのは、ひよこ豆粉を入れた、1次発酵だけの簡単パン。
こちらはさっきと打って変わってのんびりムードでした。(笑)

IMG_7521.JPG
やっほ〜〜、まず最初に焼き上がったのは、「無水鍋で焼く米粉100%のフォカッチャ」です。
トッピングの黒オリーブの輪切りが密度高し!!。
ふわふわに焼き上がりました。

IMG_7523.JPG
続いて「タミパン」で焼いたパンと、一番手間のかかる1.5斤パンも焼き上がりました。

IMG_7525.JPG
そして楽しいアンデス・マクロビオティックの夕食です。
これは前菜のプレート。
ピンク色のが「ペルーのロシア風サラダ」、手前のは「黒豆テンペのペルー風南蛮漬け」です。
メインディッシュとスープの写真は撮り忘れました。(笑)
途中で支配人のパンも焼け、4つともそろって焼き上がりです。

IMG_7531.JPG
今回のマクロ・スイーツは豪華に3つも!!。
一番手前はご存知のカスタードプリンですが、もちろん卵は使いません。
でも味と食感はそっくりですよ。
そして右の3色ケーキは、韓国の「ぺクソルギ」という伝統的な米粉スイーツを現代的にアレンジしたものです。
そして後ろの茶色いものは、最近開発した米粉のエンゼルパイ。
中に入っている「マシュマロ」も、米粉で作りました。
3つも揃うとかなり豪華ですね〜〜。

IMG_7533.JPG
翌朝(今日の朝)です。
4種類の米粉パンが並びました。
小麦は使っていません。
タンボ・ロッジの朝食として、その4種類を楽しんでいただきました。
すごい豪華版です。

今日は平日にもかかわらず、遠くから参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。
自家製粉米粉のパン作りを楽しんでくださいね。
posted by 料理長 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2018年04月15日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期土日クラス スタート

先日の木・金曜日の平日クラスに続いて、昨日と今日はタンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期土日クラスがスタートしました。
「土日クラス」は、タンボ・ロッジに通常に泊まりに来られたお客様から、泊りに来られた時に「スイーツ教室に参加したい」というご要望をいただいていて、その方たちを優先してご案内を差し上げました。
そのタンボ・ロッジに来られた方たちで満席になったために、一般公募は行いませんでした。
つまり、告知していない行事と言う訳です。
さあ、平日クラスと連続で、3期目がスタートしました。
内容は平日クラスと同じです。
まず最初の「初級編」は、ロールケーキとシフォンケーキです。

IMG_7053.JPG
平日クラスと同じで、まずは私がロールケーキの生地を1枚作りました。
そして2枚目は、参加した方にやっていただきました。
カメラ目線のTさん、お茶目ですね。(笑)

IMG_7054.JPG
そしてすべてが出来上がりました。
タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティックの夕食の献立も、平日クラスと同じです。
平日クラスの時に撮り忘れたスープがこれ、レンズ豆のアンデス風スープです。
そしてまたもやメインディッシュは写真を撮り忘れました。(笑)

IMG_7058.JPG
食後にいよいよロールケーキの盛り付けです。

IMG_7060.JPG
イチゴのロールケーキ、完成です。
食後にみんなで食べ、またいつものように話が尽きずに夜更かしです。
制限時間を気にしなくて良いのがお泊りスイーツ教室の魅力ですからね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_7062.JPG
そして翌日、シフォンケーキ作りです。
2台目は参加者に作っていただきました。

IMG_7070.JPG
シフォンケーキ完成です。
オーガニック苺たっぷりの盛り付けです。

IMG_7071.JPG
こんな派手なデコレーションの方も・・・(笑)

今回は初級で、タンボ・ロッジの米粉スイーツの基本中の基本を取り上げました。
でもこの基本が一番応用が利くので、色々と工夫してたくさんの米粉スイーツを作っていただきたいなぁ〜〜、と思います。
参加者の皆様、遠路はるばるのご参加をありがとうございます。
次回は5月下旬ですので、またお会いしましょうね。
posted by 料理長 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事