2013年06月07日

イチゴジャムの検査

IMG_0013.jpg

昨日一生懸命に作った「イチゴジャム」。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
さてここで、食品に含まれる「放射能検査」を「うつくしまロハスセンター」でお願いしました。どんっ(衝撃)
結果は・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

無事、検出せず!!!手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)
良かった〜〜〜!!。
だってたくさん作ったんだもの。
めでたしめでたしです。わーい(嬉しい顔)
さあ、これからは安心してたくさん食べられるぞ!!
IMG_4569 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2013年05月19日

コシアブラを検査しました。

IMG_4424 コピー.JPG

タンボ・ロッジの敷地には「コシアブラ」が出ています。手(チョキ)
しかしこの山菜、かなり「放射能」の影響を受けるらしく、栃木県で聞いた話によると、かなり数値が高いので、食べられないらしい!!。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
しかも、会津でも高い数値が出ているので、「出荷停止」になっている模様・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
おいしそうなので、食べたいよ〜〜〜。ちっ(怒った顔)

そうだ、こんな時には「うつくしまロハスセンター」にある機会で測定してもらわなくっちゃ!!。
・・・・ということで、「検体」として100g集めて小さく切り刻んで持って行きました。
たった100g・・・されど100g・・・・
「コシアブラ」は「木」なので、低いところの新芽しか手が届きません。あせあせ(飛び散る汗)
結構高いところにも出ているのにな〜〜!!。もうやだ〜(悲しい顔)
そして一生懸命100gを集めたら、もうほとんど残りは手の届かない高いところにしかないではありませんか!!。どんっ(衝撃)
まっ、放射能が検出されたら食べないし、とにかく計ってもらいましょうね。

結果は・・・・なんとどんっ(衝撃)「不検出」!!どんっ(衝撃)
こんなにあちこちのコシアブラで放射線が検出されているのに、タンボ・ロッジの庭のは出ていないっ!!!!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
とてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
本当に良いところに住んでいると実感しました。揺れるハート
しかし!!
今シーズンはこの「検査」のために、手の届くところのものはもうありません。
とほほほほ〜〜〜、食べられるのに。もうやだ〜(悲しい顔)
うれしいやら悲しいやら、なんだか複雑な気持ちですよ、本当に!!!。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年05月24日

行者にんにくパスタ

IMG_0052_1.jpg
タンボ・ロッジの庭に自然に生える「行者にんにく」。どんっ(衝撃)
そんなに量はないので、どうしようか迷っていたんですが、食べたい思いは募るばかり・・・・モバQ
そこで思い切ってたくさん摘み取り、「うつくしまロハスセンター」で放射能検査をしてもらいました。(検査には多めの量が必要です。)

IMG_0013.jpg
結果は・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
めでたく「検出せず」手(チョキ)
(カメラを忘れたので、写真は過去のものを使いました。)

IMG_0160_1.jpg
さあ、今日はたくさん採ったので、たっぷりと使って「行者にんにくパスタ」を作りました。るんるんるんるん
うめ〜〜〜〜えわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
パスタが隠れるほど・・・・・手(チョキ)
posted by 料理長 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年05月13日

山ウド

IMG_0046_1.jpg
タンボ・ロッジの敷地に生える「山ウド」。
ちょうど食べごろです。るんるん

しかし気になる「放射能」。どんっ(衝撃)

IMG_0013.jpg
さっそく「うつくしまロハスセンター」に持ち込み、検査をすると・・・・たらーっ(汗)

めでたく「検出せず」手(チョキ)
(カメラを忘れたので、写真は過去のものを使いました。)

IMG_0057_1.jpg
まずはオーソドックスな「天婦羅」にして食べました。
おいしかったですう・・・・猫

IMG_0052_1.jpg
こちらは同じく敷地に生える「行者にんにく」(アイヌネギ)。
でも、こちらはまだまだ数が少ないので、「検体用」にとってしまうと、ほとんどなくなってしまいそうなので、今年はあきらめるしかありません。
とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

やはり「原発」って、とんでもないです。
今までの普通の生活を返せパンチパンチ
posted by 料理長 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年02月29日

空間線量測定

南会津は放射能の空間線量が低い地域です。手(グー)
でも、「ホットスポット」などと呼ばれている、いきなりそこだけ高い地域が東京方面にはあるらしい・・・・ふらふら
と言うことを聞くにつれ、ただ自治体の計った数値を鵜呑みにしていては、駄目でしょう・・・・犬
そこで、今回タンボ・ロッジの室内と、外回りを計ってみることにしました。猫

それと言うのも、実は南会津の商工会で、空間線量計の「無料貸し出し」をやっているからなんです。わーい(嬉しい顔)
事前に予約して申し込み、昨日から今日にかけて借りてきました。

では、どういう結果が出るか、ドキドキしながら、計測してみましょう。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_0384.jpg
まずはタンボ・ロッジの玄関から。
なんと、「0.037」と言う、超低い数字が・・・・
やった〜〜〜!!
ホットスポットではなかったことが分かりました。わーい(嬉しい顔)

IMG_0377.jpg
室内ではどれくらいでしょうか・・・・
「0.046」くらいでした。
こちらもかなり低いです。手(グー)
「くらい」と言うのは、時間とともに、微妙に数値が変わるのです。
だから、大体の所がわかればいいということみたいです。

IMG_0389.jpg
では、気になる外はどうでしょうか・・・・あせあせ(飛び散る汗)
玄関に通じるデッキでは、「0.057」前後でした。
やや室内より高いですね。

IMG_0390.jpg
外の雪の上に置いて見ると、
「0.08」と言う数値でした。
やはり地面に近いところはちょっと高めです。
とはいえ、これでもかなり低い数値なので、ホッと一息・・・ダッシュ(走り出すさま)

IMG_0401.jpg
タンボ・ロッジの入り口近くの、電気のメーター付近では・・・・
なんとどんっ(衝撃)「0.045」と言う、超低い数値が・・・・
室内より低いじゃんがく〜(落胆した顔)

本当に、場所によって色々と数値が変わるんですね。
実際に計ってみると、びっくりしました。がく〜(落胆した顔)


しかし、本当に低い線量で、本当にほっとしました。猫

放射線量が低い南会津。
どうぞ皆様、安心しておいで下さいね。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年02月12日

葡萄と洋梨のジャムの検査

今日は、昨年の夏と秋にタンボ・ロッジで手作りした「葡萄のジャム」と「洋梨のジャム」の放射能検査を、「うつくしまロハスセンター」で行いました。

IMG_0210.jpg
おいしそうな葡萄と洋梨のジャム猫
果実のほかの副材料は、自然塩のほかに葡萄のジャムには、とろみ付けに「葛粉」を使った以外になにも使っていない、無添加のジャムなんですよ、これは。どんっ(衝撃)
かなり果汁を煮詰めて作ってあるので、甘くてとてもおいしいです。猫
でも、これから「放射能」が検出されたならば、せっせと作った努力が水の泡に・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

と言うことで、結果が気になります。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

結果は・・・・
IMG_0014.jpg
exclamation×2
やった〜〜〜、今回も「検出せず」。るんるんるんるん
(この「0,00」の写真は、以前のものを使いました。デジカメ、忘れたもんねモバQ

あ〜〜〜、よかった。揺れるハート
今のところ、すべての物が検査で「検出せず」と言う「好成績」です。
良かったよかった・・・・わーい(嬉しい顔)

根気良く検査に付き合って下さったロハスセンターのIさん、ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年01月25日

パパ・セカの放射能測定

昨日完成し、袋詰をしたアンデスはペルーの保存食「パパ・セカ」(乾燥じゃが芋)。
さっそく「放射能測定」を行いました。

IMG_0068.jpg
検体として、約200gほどの「パパ・セカ」を、計る機械の容器に移します。

IMG_0071.jpg
さあ、計測スタートどんっ(衝撃)
どうなるやら、ドキドキ、ハラハラたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_0067.jpg
結果はこの通り、1回目から「検出せず」。
これははなから調子がいいぜ、いぇい〜〜手(グー)

と言うことで、今回も出なかったです、放射能は。
は〜〜〜よかった・・・・わーい(嬉しい顔)
だってねえ、本当に地道な仕事をして、一生懸命作ったんだもん。猫

これでおいしいペルー料理が作れることになりました。
今日は鼻歌交じりに帰りましょうね。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年01月22日

放射線測定第2弾

先週ことですが、タンボ・ロッジの加工品の「放射線測定」第2弾を試みました。

昨年の秋に作った「南瓜のケチャップ」を測定します。
結果は如何に・・・
ドキドキたらーっ(汗)緊張あせあせ(飛び散る汗)

IMG_0015.jpg
まずは「検体」のケチャップを瓶から出し、測定器に乗せる器に入れます。
測定器の器が汚れないように、ビニール袋に移し替えました。

IMG_0013.jpg
では、測定開始どんっ(衝撃)
結果が出るまで、ちょっと落ち着かない気持ちです。あせあせ(飛び散る汗)

しかし、結果はめでたく「不検出」グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
よかった〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)

と言うことで、片づけをしているときに、ふっとと瓶の蓋を見ると、なんとどんっ(衝撃)
「2010年、カボチャのケチャップ」と書いてあるではありませんか・・・・・
しまった〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
一昨年の秋に作ったものを持ってきてしまった〜〜〜
しまった〜〜〜たらーっ(汗)
これでは「不検出」は当たり前ではありませんか。
だって原発の事故前に作ったものですからね。

こりゃあ出直ししなくては・・・・
とほほほほ〜〜〜〜バッド(下向き矢印)

IMG_0063.jpg
と言うことで、今日は間違えなく、2011年秋に作った「南瓜のケチャップ」を持って「うつくしまロハスセンター」に出かけました。
検査の前に、再び確認猫
「2011年、カボチャのケチャップ」・・・・
間違えないな、よ〜〜〜したらーっ(汗)

IMG_0065.jpg
さて、結果が出るまで、おいしい「ロハスセンター」のランチをいただきま〜〜〜す。わーい(嬉しい顔)
もちキビの入った「ロール白菜」に「揚げだし豆腐」、漬物やあえ物、大盛りの酵素玄米ご飯に自家製味噌のお味噌汁・・・・
あ〜〜〜、おいしいexclamation×2
だけど、結果が分かるまでなんとなく落ち着かない気分です。

IMG_0014.jpg
さて、結果発表の時間です。
じゃじゃ〜〜〜んどんっ(衝撃)

めでたく0,00=不検出るんるんわーい(嬉しい顔)手(グー)
数回計りましたが、いずれも同じ結果でした。

よかった〜〜〜猫

と言うことで、結構間抜けなことをしてしまいましたが、第2弾も良い結果が出て一安心です。

これまでにここで計ったものは3つ。
「ドライりんご」とタンボ・ロッジの「水道水」、そして今回の「南瓜のケチャップ」。
今までのところ、3つとも「不検出」と言う素晴らしい結果が出ました。

ぱちぱちぱち手(パー)

このように少しずつではありますが、「放射能対策」をタンボ・ロッジでは進めてまいります。
posted by 料理長 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年01月11日

放射能測定

ついにタンボ・ロッジでも、放射能対策が始まりました。
と言っても、今まで何もしてこなかったんではありませんよ。犬
今までは、お米や豆などの保存食はすべて原発事故以前のものを使っていましたし、タンボ・ロッジの加工品の「リンゴのコンポート」や「ジャム類」、「チューニョ(凍結乾燥じゃが芋)」も同じく、事故以前のものを使っていました。
そして、仕入れる野菜などの生鮮食品は、自主的に検査を施して、数値が出ていないものを使っていました。

しかしどんっ(衝撃)
ここにきて、昨日記事にアップしたような「ドライりんご」や「ジャム類」などをタンボ・ロッジで手作りする季節になってきました。
これからは「味噌作り」や「乾燥じゃが芋作り」なども待っています。
そこで、これらの自作した加工品にも、検査をしなければいけない時がついにやってきたんです。もうやだ〜(悲しい顔)
確かに事故以前はこういう心配など、全くしなくて良かったことを思うと、面倒な時代になったな〜〜〜と、考えさせられてしまいます。
あ〜〜〜、あのころが懐かしい犬
しかしどんっ(衝撃)
これからはこういうことが標準になってしまうんですね。もうやだ〜(悲しい顔)

まあ堅苦しく考えずに、楽しく暮らしていくためにも、時々自分で自主的な検査をしておこうと思います。


ひらめき今回、どのようなわけでこうなったかをお話しましょう。

タンボ・ロッジの近くに、「うつくしまロハスセンター」ができ、昨年の7月に稼働し始めました。
ここは、その奥にある「化学物質過敏症」の人たちの療養施設「あらかい健康キャンプ村」のスタッフの方たちが中心になって運営をしています。
ひと口に「化学物質過敏症」と言っても、人によって様々な症状がありますが、その中でも「電磁波」に過敏に反応する人がいます。
「放射線」もその「電磁波」の一種と言うか、仲間ですから、「放射能」に汚染されたもに接したり食べたりすると、たちまちアレルギー反応を起こして大変なことになってしまうんです。
だから、その「うつくしまロハスセンター」のスタッフと、その仲間で、放射線の「空間線量」を計る機械とは別に、食品に含まれる放射能を計れる測定機を導入することに相成りました。

結構その「測定器」、値段が高いんです。バッド(下向き矢印)
とても個人的に簡単に買える代物ではありません。
そこで、寄付を募り、昨年の12月にその測定機をGETしたというわけです。
もちろんタンボ・ロッジも寄付しましたよ。手(パー)

IMG_0001.jpg
これがその「放射線測定器」。
なんだか普通の金庫みたい〜〜〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)

それもそのはず、「測定器」はこの「金庫」の中に入っています。

ひらめきそっそんなに大事なものなのか、はたまた値段の高いものなのか・・・・グッド(上向き矢印)

さにあらず・・・・・
これには深いわけがあるんです。

先ほど書いたように、「放射線」は「電磁波」の仲間です。
つまり、他の電磁波から隔離したところで計らないといけないんです。

たとえば、近くでパソコン使っていたり携帯で通話していたら、その数値も一緒に拾ってしまいます。
ひらめきそして、驚くべきことが判明どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

地震の時って、一時的に放射線の数値が高くなるのだそうです。
地震のエネルギーにより、いろいろな周波数の放射線が放出されるそうです。

今年の元旦に、関東から東北地方でやや強めの地震があるましたよね。
タンボ・ロッジも「どんどんっ(衝撃)」という衝撃がしましたからね。
で、その時、一時的に各地の放射線量が急に高くなり、首都圏では
「いよいよ福島の原発が爆発した」なんて噂が広がったとか・・・・・

これは地震の時の放射線の一時的な放出により、高くなったものと思われます。
だって、地震のすぐ後に急に首都圏の数値が高くなるなんて、あり得ないと思われますから。
福島原発から首都圏に放射能が到達するまで、数時間かかるんじゃないでしょうか。
だいぶ距離があるし、風向きもあるしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長くなりましたが、以上の理由で、「シールド」のつもりで、薄い鉛の鉄板を張った金庫の中に、「計測機」が入っているというわけなんです。
お分かりいただけたでしょうか?。

IMG_9998.jpg
さて、昨日の記事で紹介した、長野県産のリンゴを使ったタンボ・ロッジの手作り「ドライりんご」を手始めに計ります。

結果は如何に・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_9999.jpg
金庫の中はこのように、機械が置かれています。
さあ、これから計りますよ〜〜〜。
「おぬし、計りおったな!」・・なんちゃってモバQ
駄洒落を行っている場合ではありません。
真剣なんだから猫

1回の検査に約15分ほどかかります。
いくら「金庫」に入れたからって、周辺の電磁波の影響は少しは受けるものですが果たして・・・・・ドキドキ揺れるハート

1回目・・・なんと240という数値が出ちゃった!!!失恋
こりゃあ大変だ〜〜〜。
食べられないじゃないっちっ(怒った顔)

しかし、気を取り直して、2回目
・・・・・なんとどんっ(衝撃)「不検出」exclamation×2
ほっと一息ダッシュ(走り出すさま)

3回目・・・・「不検出」グッド(上向き矢印)

4回目・・・35,5・・・・
5回目・・・・「不検出」


ちなみに、この機械は35以下は、値が小さすぎて「不検出」と出る機械です。

1回目のは特別に高いけれど、その他はほぼ「不検出」という結果でした。


なぜ1回目がこんなに高かったか・・・・・
実は・・・・
操作に慣れないので、検体を入れてから金庫のドアを閉める前に、スイッチが入ってしまったんです。
私がスイッチが入っているとも知らずに、デジカメでクローズアップして、3枚も写真を撮ったり(上の写真もそのうちの1枚)、すぐ近くでパソコンを開いていたり・・・・
これはかなりの出鱈目をしてしまいました。

と言うことで、1回目のデーターは「無視」することにすると、検査結果は
「不検出」と言うことになります。


わ〜〜〜〜〜いわーい(嬉しい顔)
でっ、でなかった〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)
良かったよかった。
だって、一生懸命作ったんだもん、「ドライりんご」。猫



と言うことで、あんなこんなで、慣れない放射能対策、
タンボ・ロッジではこれからも色々とやっていきま〜〜〜〜す。手(グー)
posted by 料理長 at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 放射能対策