2014年04月25日

山みかんの収穫

4月14日、宮崎は日向市の支配人の実家に戻った私達は、その実家の庭先に生えている、私が「山みかん」と呼んでいる、たぶん「夏ミカン」と思われる柑橘類を収穫しました。手(パー)
実はこの木、植えた覚えがないのに生えてきて、ここまで大きくなり、毎年たわわの実を付けるようになったので、名前が分かりません。exclamation&question??
そこで私は「山みかん」と勝手に呼んでいます。モバQ
でも、たぶん「夏ミカン」、しかも、酸っぱい昔の品種ではないかと思われますが・・・・
沢山成っているので、またまたこれを、手作りのマーマレードのすべく、この日に収穫しました。

IMG_9477 コピー.JPG
ミカンの実を挟んでちぎれるように、先端を加工した長い竹の棒を使って私が取ろうとしましたが・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
なかなかうまく取れないよぉ〜〜〜!!。モバQ
そして、高い所にあるから、竿が長いし、とても疲れます。

IMG_9480 コピー.JPG
見てられないと、お父さんが脚立を持ち出し、木に登って取りはじめました。
80歳にもなるお父さん、危ないからふらふら、お願だからやめてちょうだい!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_9483 コピー.JPG
その後、私が脚立に登って取りました。
みるみる取れて、箱の中がいっぱい・・・どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)(実際はこれと同じ量がもう一箱あります)(^O^)。
うれしいけれどわーい(嬉しい顔)、こんなに加工するのかと思うと、ちょっと気が重たい!!。
贅沢な悩みですね。
posted by 料理長 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

農家民宿「蕨原おわて」

4月12日(土)、私達は久住山の麓にある農家民宿「蕨原おわて」に宿泊しました。手(チョキ)
翌日に、久住山系の展望の山「平治岳」へ登ろうという計画です。
しかし!!、実はこの日とその翌日はかなりの雨だったの雨雨もうやだ〜(悲しい顔)(>_<)
残念無念!!。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
でも、ゆったりとくつろげましたよ。民宿で。るんるんるんるん
食事もマクロビオティックのリクエストに快く答えていただけましたからわーい(嬉しい顔)

IMG_9451 コピー.JPG
夕食は、広い居間で頂きます。
この宿は一日一組のお客様しか取らないそうで、ゆったりと広い空間を独り占めぇ〜〜!!どんっ(衝撃)

IMG_9453 コピー.JPG
これ、前菜とスイーツが盛られた「お膳」です。
これだけで結構豪華!!。
スイーツは、黒米の玄米甘酒(一番手前に写っている)や夏ミカンの寒天寄せなどです。

IMG_9456 コピー.JPG
前菜のお膳の他、玄米ご飯やお吸い物、漬物、自家製刺身こんにゃくや山菜(箸が置いてあるお皿)など、この時期の野菜や山菜が目いっぱいです。
もちろんほとんど自給の素材ですからね。

IMG_9457 コピー.JPG
さらに、椎茸と菜の花の葛寄せ。

IMG_9458 コピー.JPG
煮もの。

IMG_9459 コピー.JPG
そして山菜の天婦羅です。
赤い色のは「椿の花の天婦羅」ですって!!。がく〜(落胆した顔)
初めて食べたなぁ〜〜、椿の花って。
おいしいですよぴかぴか(新しい)
すごい量で、もうお腹いっぱいですダッシュ(走り出すさま)

IMG_9461 コピー.JPG
ゆっくりと眠った後の朝、雨の滴る音と、鶏の鳴き声で目が覚めました。
朝のご飯は何と、相当使い込んだレトロな「羽釜」で炊いた、分搗きご飯です。

IMG_9464 コピー.JPG
朝食は、漬物やヒジキや大根おろしであっさりとおいしくいただきました。
この日はかなりの雨雨・・・山に登れないのは残念だけれど、とてもくつろげましたよわーい(嬉しい顔)

IMG_9472 コピー.JPG
宿の女将さんと記念撮影です。
彼女は私達のマクロビオティックの先生でもある「松本先生」もご存じで、マクロビオティックのことを良く知っていました。
道理ですぐに対応していただけたんですね。
今度は天気の良い時に、山に登るときに伺いたいです手(チョキ)
posted by 料理長 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

筌の口温泉

4月12日(土)、福岡のおいしい精進料理のお店「花ふさ」さんを後に、私達が向かったのは、「久住山」の麓にある農家民宿「蕨原おわて」です。
でも、その前にちょっと寄り道して、温泉へ!!。温泉いい気分(温泉)
だって、九重の辺りは温泉だらけなんだもん。
入って行かない手はありませんからね。
今回は「筌の口温泉(うけのくちおんせん)」へ寄りました。
少し熱めの源泉かけ流しのお湯は、まったりしていてとても温まる!!。温泉いい気分(温泉)
あ〜〜〜、極楽〜〜〜。わーい(嬉しい顔)ヽ(^o^)丿

IMG_9450 コピー.JPG
posted by 料理長 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

2014年04月24日

花ふさ

私達は九州は福岡に来ると必ず食べに行くお店があります。
もちろん今回もそのお店に食べに行きましたよ。手(チョキ)ヽ(^o^)丿
そのお店は「花ふさ」さんという名前の、精進料理のお店です。
いつもこのお店の食事を食べると、私は「料理の原点」に戻ることができるからなんです。
それは、とても時間をかけたおいしい昆布出汁、そしてシンプルな素材だけれど、手間暇かけた美味しく素朴な味わい。
それを自分の舌で味わいたくて、福岡へ来るたびにこちらへと足が向いてしまうのです。

この「花ふさ」さんの情報は、だいぶ前のマクロビオティックの雑誌で読んだことがありました。
その中で、お店のご主人が言われていた一言が、タンボロッジの料理にかなり影響を与えたんです。
その一言とは・・・
「昆布の出しは、低い温度でじっくりとるとおいしいんです。70℃くらいで10時間・・・・」
その1行を読んで以来、タンボロッジでも真似っ子しています。
タンボロッジのスープがおいしいとお客さんによく褒められるのは、この「花ふさ」さんの一言からなんですよ。

IMG_9430 コピー.JPG
さあ、やって来ました「花ふさ」さん。
昨年は残念ながら、行く機会がなかったので、今回は2年ぶりと言うことになりますね。
私達が最初に花房さんに行ったのは、2009年4月ですから、もう今から5年前になるでしょうか。
今年も変わらずおいしい料理が食べれると思うと、とてもうれしいでするんるん。)^o^(

IMG_9431 コピー.JPG
下から時計周りに、「人参の葛豆腐」「つくしの佃煮」「カリフラワーのマリネ」「小松菜の和えもの」「巻き湯葉」

IMG_9433 コピー.JPG
こちらがその、じっくりと時間をかけて取ったとてもおいしい昆布出汁にお吸い物。
これを味わうたびに、とてもうれしくなりまするんるんるんるん。♫

IMG_9436 コピー.JPG
胡麻豆腐

IMG_9437 コピー.JPG
飛竜頭(がんもどき)のあんかけ

IMG_9439 コピー.JPG
野菜のマリネ。

IMG_9441 コピー.JPG
ワラビの醤油和え

IMG_9443 コピー.JPG
筍とセイタン(小麦蛋白)の煮付け

IMG_9445 コピー.JPG
香の物。

IMG_9446 コピー.JPG
ワラビご飯。

IMG_9448 コピー.JPG
食後のデザートは・・・「白花豆の甘露煮」

あ〜〜、本当に体に浸みわたるおいしさです。
この日も再び、食の原点に立ち返ることができました。
おいしかったです。
花房さん、ご馳走様、そしてありがとうございます。

その後は、「花房さん」(店のご主人)と話し込んでしまいました。
(いつものことだけど・・・・モバQ
posted by 料理長 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

ミノリ・アン

この記事は、4月5日から17日まで、九州の支配人の実家に私達が里帰りした時のことを後からアップしたものです。

4月11日(金)から4日間は、北九州方面へ出かけました。手(チョキ)
福岡のおいしいべジ・レストランを食べ歩くことと、久住山系の山に登ること、そして大分で料理教室があるためです。猫
朝早めに日向市の実家を車で出発し、まず最初は、福岡市西区小田にある、とってもおいしいべジ・レストラン「ミノリ・アン」です。レストラン
私達はちょうどお昼の12時に到着しましたよ!!。手(パー)
我ながら素晴らしい!!。ナビもないのに・・・です。(地図とにらめっこでしたがモバQ

IMG_9404 コピー.JPG
実はここで、昨年まで宇都宮のマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」さんで働いていた、「チハルちゃん」と待ち合わせしていたんですよ。
彼女は今、実家のある熊本に住んでいます。
1年ぶりに顔を見て、元気そうだったので、うれしかったです。るんるんるんるん
懐かしいなぁ〜〜、なんだか九州に来ている感じがしないよぉ〜〜!!わーい(嬉しい顔)

IMG_9398 コピー.JPG
さて、おいしい「ミノリ・アン」のランチ¥2000のコースです。わーい(嬉しい顔)
最初は「キクイモのスープ」。

IMG_9402 コピー.JPG
メインディッシュのプレートです。どんっ(衝撃)
左下は、タケノコのフライだけれど、中に別な物をはさんで揚げてあります。
赤い花は「ナスタチューム」に花、これも食べられます!!。
そして餃子は皮が透き通っている!!。米粉の皮ですって!!。
手の込んだものが色々と他にもあって、こりゃあとてもおいしい!!るんるんるんるん

IMG_9406 コピー.JPG
筍の煮物と自家製飛竜頭(がんもどき)です。

IMG_9407 コピー.JPG
みそ汁と漬物、写真にはないけれどもちろん「ご飯」も付いていますよ!!。
これで¥2000!!exclamation×2exclamation×2と驚いてしまう充実したランチです。
さらにスイーツと飲み物も付いて・・・ですからねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_9411 コピー.JPG
お楽しみのスイーツです。るんるんるんるん
もちろん乳製品も卵も不使用で作られています。

とてもおいしくいただきました。わーい(嬉しい顔)
久しぶりに会うチハルちゃんと、ミノリ・アンのシェフのみのりさんと、結構話しこんでしまいました。モバQ
楽しい時間はあっという間に過ぎて行きますよね。もうやだ〜(悲しい顔)
みのりさん、ご馳走様でした。わーい(嬉しい顔)

ミノリ・アンは「木・金・土」のみの営業です。
詳しくはホームページ(こちら)を見てくださいね。
posted by 料理長 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

2014年04月22日

宮崎弁

ワタシ、ミヤザキベン、ワッカリマセ〜〜ン!!
ドウイウ、イミ、デッスカ??
ダレカ、オッシエテクダサ〜〜イ!!わーい(嬉しい顔)

IMG_9385 コピー.JPG
posted by 料理長 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

さざれ石と龍神伝説

4月10日(木)、この日は天気も良いので晴れ、支配人の実家から1時間ほど歩いた、海に面した場所にある、日向のパワースポットで、さざれ石と龍神伝説がある「大御神社」へ散歩がてらに歩いて行きました。わーい(嬉しい顔)
「さざれ石」って、超有名ですよね。日本人なら皆知っているぞぉ〜〜!!。がく〜(落胆した顔)
賛否はともあれ、国家の様な歌「君が代」に出てくるから・・・・猫
だけど、ここで本物の「さざれ石」を見るまでは、「本当かいな???」といつも思っていました。exclamation&question
だって、「岩」が風化して、「さざれ石」になるんでしょ!!。どんっ(衝撃)
これなら説明しやすいけれど、どうして「さざれ石」が「岩」になるのぉ〜〜!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)、といつも思っていましたからね、私。
その理由は写真を見てください。

IMG_9388 コピー.JPG
まるで越前の「東尋坊」を思わせる岩場に、その「大御神社」が建っています。
なんだかおごそかな雰囲気ですね。

IMG_9387 コピー.JPG
海を見ながら、ゆっくりとした時間が流れます。

IMG_9390 コピー.JPG
「さざれ石」のすぐ近くには、「神座(かみくら)」があります。
説明によると、「御社殿前を過ぎ境内西側奥にある「神座」は、天孫降臨として知られる天照皇大御神の孫にあたる瓊々杵尊(ニニギノミコト)が当地を遊幸された折、お立ちになって絶景の大海原を眺望されたと伝えられる岩です。」とあります。
天孫降臨の伝説の地、日向ならではですね。

IMG_9389 コピー.JPG
これが「さざれ石」。
まるでセメントで小さい石を固めたとうな岩なんです。
地質学的には「礫岩」と言うそうです。

ところで、実は「君が代」には2番の歌詞があるのをご存知ですか??。
私も最近知って、びっくりしました。

1番・・・君が代は・千代に八千代に・さざれ石の・巌となりて・苔のむすまで・動きなく・常盤堅盤(ときわかきわ)に・限りもあらじ」
2番・・・「君が代は・千尋(ちひろ)の底の・さざれ石の・鵜のいる磯と・現るるまで・限りなき・御世の栄えを・祝(ほ)ぎたてまつる」

IMG_9395 コピー.JPG
この神社には、さらに古代の「竜神伝説」が・・・
海に降りたところにある岩屋には、中から外を眺めると、まるで「龍」が天に昇るが如くに見える場所があります。
さすがは天孫降臨の伝説の地・・・・どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

2014年04月21日

幻の「壺焼き芋」

フクロウの焼き印が押してあるおいしいおいしい「壺焼き芋」るんるんるんるん
「壺焼き芋」・・・あれっ、「石焼き芋」じゃないの・・・・???exclamation&question
そうなんです、「壺」で焼くんです。どんっ(衝撃)
「石焼き芋」が全盛になる前は、ほとんどがこの「壺焼き芋」だったそうですよ。
そんなレトロな焼き芋だけれど、味はもう絶品!!。とてもおいしい・・・なんてもんじゃありません。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
甘くてとろけるおいしい焼き芋です。ヽ(^o^)丿

IMG_9473 コピー.JPG
なんだかおいしそうね、この焼き芋。

IMG_9474 コピー.JPG
こりゃあたまらない!!。
じっくり壺で焼くから、酵素が芋のデンプンを糖化して、甘さがすごい!!。ダッシュ(走り出すさま)
そしてとろけるような味!!。るんるんるんるん
絶品です。


IMG_3991_1.jpg
ほら、こんなに大きい「壺」で焼くんですよ。

IMG_3992_1.jpg
壺のヘリからお芋を吊るして、じっくりと焼き上げます。
このおいしいお芋、宮崎県の綾町に住む成田さんが始めました。
しかし残念だけれど、今シーズンは間もなく終了です。もうやだ〜(悲しい顔)
だって、「焼きイモ」って、冬の風物詩だもんね。
これからは「薩摩芋作り(農業)」の精を出し、秋になったら再開するそうです。
もちろんオーガニックで作るそうですからね、安心です。
芋まで自家製とは、凝ってますねえがく〜(落胆した顔)

なお、壺焼き芋のホームページはこちらです。
posted by 料理長 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

美菜食膳「古嶋」

この記事は、4月5日から17日まで、九州の支配人の実家に私達が里帰りした時のことを後からアップしたものです。

4月9日(水)は、里帰りの度に伺っている、宮崎県は「綾町」にある、美菜食膳「古嶋」さんで食事をしました。わーい(嬉しい顔)
こちらのお店は、台湾の精進料理「素食」を基本とする料理ですが、中華ではありません。猫
「素食」の考えを和食に反映させた、ユニークでおいしい料理が売りのお店です。ぴかぴか(新しい)
今回は「精進寿司」のコース。どんっ(衝撃)
おいしそう〜〜〜!!るんるんるんるん♫。

IMG_9372 コピー.JPG
おお〜〜、これが新メニューの「精進寿司」。
ナタデココから作った「イカもどき」をはじめ、とてもおいしいお寿司たち手(チョキ)

IMG_9375 コピー.JPG
こちらはそのお寿司と一緒に食べる、二の膳と言うようなお膳です。
「蕗の煮物」や「こごみの白和え」、「クレソン豆腐」や「ひりょうず」など、こちらもおいしいです。

IMG_9377 コピー.JPG
湯葉の入ったお吸い物。

IMG_9379 コピー.JPG
このお店の定番、大豆蛋白を使った宮崎名物の「南蛮」。
甘辛味です。

IMG_9381 コピー.JPG
生麩や山菜の揚げだしです。
どれもタンボ・ロッジのある南会津より、ずっと季節が進んでいるものばかりです。
それもそのはず、もうとっくに「桜」が終わっているんですからね。

IMG_9383 コピー.JPG
さてさて、最後のスイーツは・・・・・
「ティラミス」(写真後ろ)とチーズケーキです。
ティラミスはビーガン仕様で作られています。
どちらもおいしくいただきましたるんるんるんるん

IMG_9384 コピー.JPG
実はこの日、東京から4年前にこちらの綾町に転居された「成田さん御夫妻」と一緒に食事をしました。
御主人が最近、なんでも「壺焼き芋」を始められたんですよ。
「石焼き芋」ではなく、「壺焼き芋」です。
じっくり壺の中で焼くお芋は、もうめっちゃおいしい!!。どんっ(衝撃)
今まで私が食べた、どんな焼き芋よりおいしいんです。
だから、10本買って帰ります。
支配人の両親へのお土産も兼ねて、こたつに入りながらゆっくり食べますよ!!。猫

とてもおいしかったです。
古嶋さん、ご馳走様でした。
また里帰りしたら寄りますからね。
posted by 料理長 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

2014年04月20日

「傾山」に登る

支配人の実家の九州は宮崎の日向市に4月6日に着いた私達。車(セダン)
徹夜運転だったので、さすがに7日は1日お休みし、8日は早起きして、宮崎県と大分県の県境にそびえる岩山の「傾山」(標高1602m)に登りました。リゾート
実はこの山、かなり山頂が急傾斜なので、「高所恐怖症」の支配人には登れるかどうか、支配人の度胸が試されるスリリングな山なんですよたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_9342 コピー.JPG
早起きと言っても、結構「寝坊助」の私達。
登山開始は午前10時頃になってしまいました。モバQ
そして、まずは大分県と宮崎県との県境の尾根の「九折越」へ到着!!手(チョキ)

IMG_9349 コピー.JPG
一休みしていると、目の前に「鹿」が・・・・
おお〜〜、熊じゃなくて良かった!!。(^O^)
シカし、シカに驚いたなぁ〜〜・・・なんちゃってモバQ

IMG_9353 コピー.JPG
尾根を歩き始めると、これから登る「傾山」が見えてきました。
これはすごい切り立った岩山だ事!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
良く登山道があるなぁ〜〜、と感心するほどです。

IMG_9352 コピー.JPG
アップで見ると、登ることができるのが不思議なくらいの山ですね。
でも、この2つの山頂へ、これから向かいます、私達。
すでに腰が引けている支配人たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_9356 コピー.JPG
頂上目指して、最後の急傾斜を登ります。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
写真の一番下に支配人が写っています。
こんなに急なんですよ。がく〜(落胆した顔)
もうすごく緊張しています、支配人は。ふらふら
だって、話しかけても返事が出来ないほどですから。(@_@;)

IMG_9358 コピー.JPG
やったぁ〜〜、山頂だぁ〜〜。るんるんるんるん(^O^)
しかし、喜びながらも、緊張が解けない支配人ですたらーっ(汗)たらーっ(汗)
怖かったもんね。
しかも、また同じ道を下山しなければいけないんだから・・・・もうやだ〜(悲しい顔)(>_<)

IMG_9359 コピー.JPG
双二峰のもう一つを見るだけでも、急さが分かりますよね。
ここも登ってきたんだから・・どんっ(衝撃)

IMG_9360 コピー.JPG
昼食を食べて、岩に寝転びくつろぐ支配人。るんるん
あのぉ〜〜、その岩のすぐ後ろは「絶壁」なんですけどぉ〜〜。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「見なければ大丈夫」・・・だって。

IMG_9362 コピー.JPG
でも、本当によく晴れているなぁ〜〜。
雲ひとつない青空ですよ〜〜。晴れ!!

IMG_9365 コピー.JPG
大分側も良く見えました。

さて、この後は「怖〜〜い」下山です。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
気を引き締めて帰りましょうね。猫
posted by 料理長 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州