2013年02月11日

Portugalの伝統菓子を食べる

12月12日(水)、この日は私達のポルトガル滞在の最終日です。だから・・・今まで食べそこなったポルトガルの伝統菓子を、今日は喰うぞ〜〜〜!!!!とばかりにリスボンの町に繰り出しました。

IMG_3424_1.jpg
「コメルシオ広場」から、市電15番に乗り、ベレン地区へと向かいます。電車
近くの「ジェロニモス修道院」から伝えられたと言うレシピで「Pastel de Nata」と言う伝統菓子を焼く老舗「Pastéis de Belém」があるからです。

IMG_3426_1.jpg
注文し、「ナタ」とコーヒーが出てきました。
粉砂糖とシナモンを、好みの量を振りかけて食べるそうです。
シナモンと粉砂糖の入ったカンが、一緒に出て来ました。

IMG_3427_1.jpg
食べてみると・・・・・・
中はものすごく滑らかでクリーミー。!!どんっ(衝撃)
この滑らかさ、どうやったら出せるか、見当もつきません。
そうだな〜〜、「絹で裏ごしした」としか思えない滑らかさなんですよ。!!
それに「皮」がおいしい!!。
バリバリして、先日「シントラ」で食べた「ケイジャーダ」と同じ感じです。
きっと、「バクラバ」と言う中近東起源の「パイ生地」の原型を、高温で焼いているだろうな〜〜と想像しましたが・・・・

IMG_3429_1.jpg
他にもいろいろ食べたいけれど・・・・
でも、一人り2個食べたもんね、「ナタ」を。るんるんるんるん
少しくつろいで、もう1軒はしごしましょう。

IMG_3431_1.jpg
さすが「老舗」のお菓子屋さんだけあって、地元のお客さんで列ができる程です。
もちろん「テイクアウト」もできるそうです。

IMG_3496_1.jpg
さて、もう1軒行きました。
そこは「Castella do Paulo」と言うお店です。
ここのご主人のパウロさんは、なんでも日本の「長崎」でカステラの修業をした方だそうです。
そして、今はポルトガルにはないと言われる南蛮菓子「カステラ」を「里帰り」させ、お店で出しています。
その「里帰りしたカステラ」と、カステラの原型となったと言われる「Pãn de ló」(パォン・デ・ロー)、そして日本の「抹茶」のセットをいただきました。

「Pãn de ló」(パォン・デ・ロー)は面白いお菓子です。わーい(嬉しい顔)
卵をたっぷり使ったカステラなんですが、中は半熟です。
この半熟加減がとてもおいしい!!。

IMG_3497_1.jpg
写真だとちょっと分かりづらいけれど、こんな感じで半熟なんですよ。

IMG_3670_1.jpg
実はこのお菓子、最近タンボ・ロッジで「卵」「乳製品」を使わずに、マクロ・スイーツで真似しちゃっています。
結構おいしいですよ、なんとなくカステラっぽいし・・・・手(チョキ)

Lisboaのべジ・レストラン(2)

私達は12月9日(日)から12月13日(木)まで4泊5日の間、ポルトガルの首都「リスボン」に滞在しました。その滞在先のホテルからそう遠くないところに、「ビュッフェ」形式のベジタリアン・レストランがあったんです。そこは「ラクト・オボ・ベジタリアン」(乳製品と卵はOK)のベジタリアンではなく、「ビーガン」と呼ばれる、卵も乳製品も使わないレストランだったんです!!。

IMG_3405_1.jpg
開店は正午(12:00)です。
開店間もなくお店に入ると、まだスタッフが色々と準備していました。
何しろ「ビュッフェ」なので、色々と料理が並んでいます。
こちらは前菜とサラダのコーナー。

IMG_3406_1.jpg
まずはスープからです。
この日のスープは「ズッキーニのスープ」です。
緑色が綺麗ですね。ぴかぴか(新しい)
美味しいですよ!!。

IMG_3407_1.jpg
前菜のコーナーからは、これだけとってきました。手(チョキ)
色んな種類が食べられて、うれしいな〜〜〜。

IMG_3408_1.jpg
メインディッシュのコーナーです。
ご飯物は2種類!!。どんっ(衝撃)
右は「玄米」、左は「ターメリックライス」。
ターメリックライスには、ピーナッツ、トウモロコシ、グリンピース、玉ねぎなどが入っています。

IMG_3409_1.jpg
そしてそのご飯に付けるメインディッシュのおかずコーナーです。
左側のものは、セイタンとキドニービーンズの揚げパン、これに甘辛ダレを付けていただきます。
右側は、カリフラワーのクリーム煮、パプリカペースト入りです。

IMG_3411_1.jpg
たくさんとっちゃおっと・・・と支配人。手(チョキ)
私も後に続きます。あせあせ(飛び散る汗)

こちらはおかず3種類目で、野菜入りクレープの豆乳クリーム浸し。

IMG_3412_1.jpg
メインディッシュのお皿はこんなにも・・・・
パプリカペーストを使ったカリフラワーのクリーム煮、なんだかペルー料理の一つにとても良く似ています。

IMG_3415_1.jpg
セイタンとキドニービーンズの揚げパンは、見た目は何も入っていないような揚げパンだけれど、中を割ってみると、こんな感じで中身がたくさん入っています。るんるんるんるん
これに甘辛ダレを付けていただきますが、これがまたおいしいんですよ。

IMG_3417_1.jpg
混み合う店内。
開店の12時頃はほとんど人が居なかったけれど、私達が終わる1時頃には満席でした。
ベジのお店が繁盛しているのを見るのは、うれしいです。わーい(嬉しい顔)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_3482_1.jpg
さて、また別な日にも出かけました。
この日のスープは「人参のクリームスープ」。
豆乳をを使い、クミンが効いていて、エスニックな香りが漂います。

IMG_3484_1.jpg
前菜コーナー。
あれもこれも食べたい支配人。
誰だってそうなっちゃいますよねえ。猫
出来るだけ大盛に・・・・

IMG_3485_1.jpg
結構いろいろと盛って来ましたね。

IMG_3487_1.jpg
こちらはメインディッシュのお皿。
4種類のおかずと味付けグリンピースご飯です。
右から「マッシュポテトのパステル(テリーヌ風に焼いたもの)」
「キドニービーンズと豆腐のマーボー豆腐風」
「セイタン(小麦蛋白)の煮物」
「インゲンと豆腐のクリーム煮」

たくさんあって、とても満足です。どんっ(衝撃)

この「ビュッフェ」、お昼は€7.5なんですよ。
すごく安くて、本当にうれしくなってしまいます。わーい(嬉しい顔)

IMG_3488_1.jpg
お店の店長の女性と話をする支配人。
ベジタリアン同士なので、色々と共通する話題がたくさんありました。

IMG_3309_1.jpg
お店の前に張ってあるポスターです。
年中無休なんですって!!exclamation×2
働き者だな〜〜。

IMG_3403_1.jpg
お店は「カルモ教会」の近くにあります。
また「リスボン」を訪ねることがあれば、絶対に行きたいお店です。!!

2013年02月09日

サンタ・ジュスタのエレベーター

市電(路面電車)とケーブルカーと、もう一つ「リスボン」には面白くてレトロな乗り物があるんです。それは大きい木造のエレベーター。「Chiado地区」と「Bairo Alto地区」の急斜面に架けられています。

IMG_3489_1.jpg
「Bairo Alto地区」のカルモ教会の横から、水平の連絡橋を歩くと、そこに「サンタ・ジュスタのエレベーター」はありました。
木造のドアの前で、改札が始まるのを待ちます。

IMG_3490_1.jpg
エレベーターのある場所は、展望台にもなっていて、すごくいい眺めです。

IMG_3491_1.jpg
木造の、本当にレトロなエレベーター内部です。

IMG_3495_1.jpg
下の「Chiado地区」に降りてきました。
そこから見ると、こんなにそびえ立っているんですよ、エレベーターが・・・・
面白い物を作ったものだと感心してしまいます。

Lisboaのケーブルカー

ポルトガルの首都「リスボン」は、7つの丘があると言われる、起伏に富んだ町なんです。それが故に坂が多く、その急坂を歩いて登るのは大変!!。だから市内には昔ながらのレトロなケーブルカーが3路線、今でも元気に動いていて、多くの地元の人や観光客に利用されているんですね。

IMG_3433_1.jpg
「リベイラ市場」の傍から、小高いBairo alto地区の「カモンイス広場」の近くまで登るケーブルカーの「ビッカ線」。
下は「駅」と言う感じの所から発車します。
本当に「おもちゃ」みたいですよ。
見ているだけで楽しいな〜〜。るんるんるんるん

IMG_3438_1.jpg
車内は木造です。
飴色で、レトロな雰囲気がとても素敵です。ぴかぴか(新しい)
たくさんの乗客を乗せていますね。

IMG_3445_1.jpg
あっという間に「終点」です。がく〜(落胆した顔)
そこには如何にもリスボンらしい風景が広がっていました。
狭い路地にレトロなケーブルカー、そして写真では少し見づらいけれど、バックには「テージョ川」の水面が見えています。
傾斜の合わせて、段差が付いた作りの車両も面白い!!。

IMG_3451_1.jpg
こちらは「レスタウラードス広場」にある「フォス宮」の横から「サン・ロケ教会」の脇まで登る「グロリア線」。

IMG_3452_1.jpg
こちらは「ビッカ線」と違って、車内は平です。
でも車内はビッカ線と同じく「木造」ですよ。

IMG_3454_1.jpg
少し曲がりくねった坂道を登る「グロリア線」のケーブルカー。

IMG_3456_1.jpg
車体の下に「傾斜」が付いているユニークな作りです。

IMG_3457_1.jpg
頂上の「サン・ロケ教会」の脇にある展望台からの眺めです。
「サン・ジョルジェ城」が良く見えていますよ。

IMG_3459_1.jpg
下の方から見ると、なんだかちょっと間抜けな表情がかわいらしいです。

IMG_3462_1.jpg
坂を登る「グロリア線」のケーブルカー。

IMG_3463_1.jpg
途中で行き違います。

IMG_3467_1.jpg
一番下の始発駅(?)の前では、冬の風物詩の「焼き栗売り」が店を出していました。

IMG_3474_1.jpg
さて、3路線の最後は「ラブラ線」です。
ここの坂が一番急な感じですよ。

IMG_3475_1.jpg
頂上駅です。

IMG_3476_1.jpg
頂上駅に停車中の「ラブラ線」のケーブルカー。

2013年02月08日

路面電車が走る町、Lisboaにて

私達は12月9日(日)から12月13日(木)まで4泊5日の間、ポルトガルの首都「リスボン」に滞在しました。
リスボンはまるで遊園地の様な町です。古い木造の路面電車が走り、起伏のある丘を登り「ケーブルカー」が3路線あるし、古い木造の大きいエレベーターヶ丘の低いところと高いところを結んでいるのですから・・・
その風景を、絵画調に加工した写真でお楽しみくださいね。

IMG_3300_1.jpg
赤い「市電」は、観光ツアーのためのもの。
「コメルシア広場」の前に3台も待機していました。

IMG_3305_1.jpg
こんな「新型車両」も走っています。

IMG_3306_1.jpg
「Chiado」地区を走る市電。

IMG_3308_1.jpg
同じく「Chiado」地区を走る市電。

IMG_3318_1.jpg
「Chiado」地区の夜。

IMG_3386_1.jpg
女性の運転手もいますよ。(Alfama地区で)

IMG_3387_1.jpg
Alfama地区で。

IMG_3401_1.jpg
木造の古い市電の車内。

IMG_3402_1.jpg
Alfama地区を行く市電。

IMG_3422_1.jpg
コメルシオ広場の前にて。

IMG_3447_1.jpg
Chiado地区のカモンイス広場前の市電。

IMG_3449_1.jpg
「Chiado」地区の夜。

IMG_3477_1.jpg
木造の古い市電の車内。

IMG_3478_1.jpg
「サンタ・ルシア展望台」の前を走る市電。

IMG_3480_1.jpg
Alfama地区の路地を走る市電。電車電車電車

Lisboaの風景

私達は12月9日(日)から12月13日(木)まで4泊5日の間、ポルトガルの首都「リスボン」に滞在しました。リスボンは7つの丘があると言われるほど、起伏に富んだ都市なんです。だから、あちこちに展望台があり、良い眺めを楽しめるんです。手(チョキ)

IMG_3390_1.jpg
「セニョーラ・ド・モンテ展望台」からの眺め。

IMG_3391_1.jpg
同じくセニョーラ・ド・モンテ展望台」からの眺め。
テージョ川とそこにかかる大きな吊橋「Ponte 25 de abril」が良く見えます。

IMG_3392_1.jpg
同じくセニョーラ・ド・モンテ展望台」からの眺め。

IMG_3448_1.jpg
「Bairro alto」地区の夕暮れとクリスマスのイルミネーション。

IMG_3479_1.jpg
「サンタ・ルシア展望台」から見るテージョ川

IMG_3389_1.jpg
猫もお昼寝猫
のどかな午後のひと時。

Lisboaのべジ・レストラン(1)

12月10日(月)、ロカ岬からの帰り道、「Estação Cais do Sodré」(カイス・ド・ソドレ駅)に戻ってきた私達。その帰り道で、「ビーガン」対応の食事ができるレストランを見つけました。手(チョキ)

IMG_3373_1.jpg
店の名前は「The green room」と言います。
英語の名前だな〜〜。あせあせ(飛び散る汗)

IMG_3375_1.jpg
メニューが色々と黒板に書いてありますよ。
しかし、セットメニューは昼のみなので、単品を頼むことに・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_3378_1.jpg
「トースト・サンドイッチ」です。
まるで肉のステーキっぽい「セイタン(小麦蛋白)」がはさんであります。
結構スパイシーな味付けのセイタンですよ。るんるん
ニンニクも入っています。
サラダとフライドポテトが結構なボリューム!!どんっ(衝撃)
一日歩いてお腹すいたから、うれしいです。

IMG_3379_1.jpg
こちらは「ビーガン・ピザ」。
ビーツ、ズッキーニ、赤ピーマン、黒オリーブのスライスが、トマトソースの上に並んでいます。
チーズもどきがないのが残念ですが・・・・
でも、私の好きな味だな〜〜。

IMG_3380_1.jpg
あ〜〜〜、おなか減った!!
さあ、喰うぞ〜〜〜どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

IMG_3382_1.jpg
満足したところで、歩いてホテルまで戻ります。
クリスマスのイルミネーションが綺麗ですよ!!。
良い時期に旅しているな〜〜。るんるんるんるん

★店の住所・・Rua do Cais Sodré 16
午前9:00から通しで夜までやっています。
ただしセットメニューは昼のみ!!。

2013年02月07日

ヨーロッパの最西端「ロカ岬」へ

「シントラ」銘菓「ケイジャーダ」を堪能した後は、ヨーロッパ大陸の最西端の「ロカ岬」へと行くことにしましょう。
実は私、ポルトガルへ来る前までは、スペインの最西端「フィステーラ」=ヨーロッパ最西端・・だと思っていました。モバQだって、巡礼の一番最後に行く「地の果て」ですからね。

IMG_3362_1.jpg
「シントラ」の駅前からバスに揺られて40分、ヨーロッパ最西端の地「ロカ岬」に着きました。
バスを降り、岬へと向かいます。

IMG_3364_1.jpg
最西端の灯台・・・・
スペインの最西端「フィステーラ」の灯台とはだいぶ趣が違いますね。
なんだか「南国」的な風情が漂います。

IMG_3365_1.jpg
そして「最西端」の十字架が立つ岬。

IMG_3366_1.jpg
大西洋です。
まさに「地の果て」・・・
だけれど、あの「フィステーラ」の時ほどの感動はなかったです。
まあ、観光地ですからね、ここは。
それに、結構暖かい「南国」の風情ですから。

どうも「地の果て」とか、「さいはて」なんていう言葉を聞くと、荒々しい海や、きびしい自然を連想してしまいます。(演歌の影響かもしれませんが・・・)
だけど、ここは穏やかで、やさしい海が広がっています。

IMG_3370_1.jpg
でも、こうやって、本当に一番西まで来ることができましたね、支配人さん。
足もすっかり回復したし、うれしいじゃないですか・・・・手(パー)

IMG_3372_1.jpg
一日、思い切り「観光」しちゃいました。
なんだかツアーで来たみたい・・・・

でも、楽しかったです。るんるんるんるん

帰りは「Cascais」までバスで出て、そこからリスボンへ電車で帰りました。電車
楽しい一日観光が終わります。手(チョキ)

シントラ銘菓「Queijada」を食べる

「シントラ」の名物は何と言っても「Queijada(ケイジャーダ)」と呼ばれる「チーズケーキ」。
でも、普通のチーズケーキとは全然違います。

IMG_3359_1.jpg
小さなシントラの町の小さな軽食屋さん。
ここが一番おいしい「ケイジャーダ」を出すと言うので、さっそく行ってみました。手(チョキ)

IMG_3352_1.jpg
まずはお腹がすいていたので(お昼の時間だもん)、食事を・・・猫
最初はスープです。
やはりポルトガル人は、スペインと違ってスープが大好きみたいですね。揺れるハート

IMG_3353_1.jpg
そして私達が食べたのは、「野菜のサンドイッチ」。
ケチャップとマヨネーズが付いてきました。
結構でかいですよ。!!
ベジと言えば、これだけしかないみたいなので、ありがたくいただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)

IMG_3355_1.jpg
さて、コーヒーとお目当ての「ケイジャーダ」!!どんっ(衝撃)
いったいどんな味なんだろうと、興味津々です。猫

IMG_3358_1.jpg
中はこんな感じです。
かなり甘いです。
塩漬けして保存した「カッテージチーズ」を、塩抜きして使うらしいです。
そのせいか、全然チーズ臭くありません。
外の皮はまるで「春巻」の皮が何層にもなっている感じです。
これは「パイ生地」の原型と言われる、中東のお菓子「バクラバ」の生地と同じです。
やはりここにも「イスラム」の影響が・・・・
そして中の感じは、まるで「ゆべし」見たいですよ。がく〜(落胆した顔)
シナモンがたくさん使われていますが・・・・

結構小さいので、甘くてもおいしくいただくことができました。
これ、面白いから真似してタンボ・ロッジで作ろうかな〜〜、もちろんチーズを使わずに・・・ね。手(グー)

Lisboa郊外の小さな町「Sintra」へ

12月10日(月)、この日は「リスボン」から日帰りで、小さな町「シントラ」と、ヨーロッパの最西端の「ロカ岬」に行きました。

IMG_3329_1.jpg
リスボンから西へ約28Km、緑多き山中に、王宮や貴族の別荘などが点在する、世界遺産にも登録されている小さな町が「シントラ」です。
リスボンの「ロシオ駅」から鉄道でやってきました「シントラ」。どんっ(衝撃)

IMG_3330_1.jpg
駅は本当に小さくて、かわいいです。手(パー)

IMG_3336_1.jpg
さて、まずは「ムーア人の砦」と言う、シントラの街を一望にできる遺跡を訪ねました。
すごいいい眺め!!exclamation×2

IMG_3337_1.jpg
シントラの町がまるで「箱庭」のように見えています。

IMG_3345_1.jpg
如何にも「イスラム」っぽい作りの砦です。
かつてイスラムに支配され、そのせいかちょっとエキゾチックなポルトガルやスペイン文化。
私達旅行者は、それが面白いんですね。

IMG_3346_1.jpg
支配人はもうすっかり足は良くなって、こんな険しい砦の階段を、ストックもなしに歩いています。
ほっとするな〜〜。手(チョキ)