2017年08月31日

今日は中濃ソース作り

昨日の「ビーツとかぼちゃのケチャップ」に続いて、今日は「中濃ソース」を作りました。
手順や材料はケチャップとかなり似ています。
違うのは、ビーツを入れずに、その替わりに人参を入れ、さらにオーガニックの果物系がたくさん入ることです。
そして塩味は・・・なんとオーガニック醤油を使います。
材料は全て自然栽培かオーガニックのもので作りました。
甘さは果物系のものです。
果物は、パイナップル、リンゴジュース、グレープジュース、ミカンジュースを入れました。
これで賄い料理の調味料もまた一つ完成!!。
安心して1年を過ごせます。(笑)

IMG_4453.JPG
かぼちゃ、玉ねぎ、人参を刻み、オーガニックのパイナップル缶を入れました。
このパイナップル缶は、パイナップルの果汁に果肉が漬かっています。
一般的な砂糖のシロップではないので、甘さが穏やかでおいしいです。
人参は皮を剥いて入れました。
剥かないと、雑菌が湧いて、脱気殺菌しても腐ってしまうからです。

IMG_4466.JPG
材料が煮えたら、ミキサーにかけて、醤油とハーブビネガーを入れ、丁度良いとろみになるように少し煮詰めます。
なんだか見た目がカレーっぽい!!。(笑)

IMG_4469.JPG
さて、できましたよ。
賄い用調味料なので、昨日のケチャップよりは少なめです。
posted by 料理長 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年08月30日

ビーツとかぼちゃのケチャップ造り

今日は自然農法のビーツとかぼちゃを使って、トマトケチャップではない「ビーツとかぼちゃのケチャップ」を作りました。
材料はビーツ&バターナッツかぼちゃ&玉ねぎ(すべて自然農法)と、オーガニックのリンゴジュース、自然塩とオーガニックハーブをオーガニックのお酢に半年以上漬け込んで作った自家製の「ハーブビネガー」です。
甘みはリンゴジュースの甘さだけなので、本当にナチュラルな味に仕上がりました。
何も言わないで食べると、きっと「トマトケチャップ」と思われる方が多いような気がするほど良くできています。
実はこのケチャップ、タンボ・ロッジの主力のケチャップなんですよ。

IMG_4446.JPG
ビーツとかぼちゃと玉ねぎをリンゴを刻み、リンゴジュースを入れて煮込みます。

IMG_4447.JPG
煮えたらミキサーでピューレにして、ハーブビネガーと自然塩を入れて完成です。
あとはビン詰めしてそれを脱気殺菌すれば、2〜3年は常温で保存できます。

IMG_4449.JPG
出来ましたよ〜〜。
これで1年分はあるかなぁ〜〜。
なんだか少し少ないような気もしますが・・・・(笑)
posted by 料理長 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年07月31日

バジルソース作り

オーガニックのフレッシュバジルが手に入ったので、さっそく「バジルソース」を作りました。
手作りはおいしいですね。

IMG_4263.JPG
バジルの葉を洗い、乾かしてからミキサーに入れます。
オリーブオイルと塩とニンニクと麻の実ナッツを入れてガ〜〜と滑らかなペースト状にします。

IMG_4269.JPG
あっという間に完成!!。
実に簡単です。(^O^)/
posted by 料理長 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年07月25日

ブルーベリーの加工

昨日しこたま摘んできた「西山ブルーベリー園」のおいしいブルーベリー。
今日はそれをせっせと「ジャム」と滑らかな「ソース」に加工しました。
ソースは、強力な力がある「バイタミックス」で滑らかにしました。
ジャムよりも煮詰めないので、少し量が多めです。
わ〜〜い、たくさんできたぞ〜〜。
やっほ〜〜(^O^)/!!

IMG_4138.JPG
posted by 料理長 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年07月19日

ポン菓子パウダー

先日タンボ・ロッジのある南会津町の隣村「昭和村」で、「ポン菓子」を作る機械を持っている方がいて、加工していただけるということを「空色カフェ」の斎藤さんからお聞きし、訪ねてみました。
そしてタンボ・ロッジで使っている宮城県の石巻市の遠藤さんの自然農法でササニシキを持参し、加工していただきました。
お米2升分を頼みました。
もちろん砂糖や塩の味付けはしていません。
だってこれを粉にして、タンボ・ロッジのスイーツのクリームに使うんだもん!!。

IMG_4015.JPG
一袋がお米1升(白米)から作った分です。
すごく膨らむんですね。
これを持ち帰り、粉にして保存します。

IMG_4035.JPG
5月にGETした高級ミキサーのバイタミックスが大活躍です。(ドライコンテナを使いました)
おかげでかなり細かい粉になりました。
そのおかげでクリームが以前にも増して滑らかに!!。

IMG_4038.JPG
袋に入れ、脱酸素剤を入れて密封し、保存します。
こうすると、1年以上は保存できるんですよ。
これでしばらくは安心です。(^O^)/
「空色カフェ」の斎藤さん、紹介してくださってありがとうございます。
助かります!!。
posted by 料理長 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年07月17日

らっきょうの甘酢漬け完成

1カ月位前に漬け込んだ「らっきょうの甘酢漬け」が完成しました。
甘味料に使ったのが純度の高い羅漢果工房の「羅漢果糖」なので、色はまるでらっきょうの黒酢漬けの様です。
そして使ったお酢は、オーガニック原料を使った「心の酢」。とてもおいしいお酢なんですよ。
とても味が染み込み、おいしく食べられます。
わ〜〜い、これでカレーがばっちり食べられるぞ!!。(笑)

IMG_4032.JPG
posted by 料理長 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年07月15日

ブルーベリーのジャム作り

一昨日に収穫に行った「西山ブルーベリー園」のおいしいブルーベリー。
昨日はそれをジャムに加工しました。
使う甘味料は、手作りの米飴だけです。
全てオーガニックの材料だけで作った手作りのブルーベリージャム。
再来週にもう一度摘みに行って作りますよ~~。

IMG_4043.JPG
ブルーベリーを洗い、ざるにあけて水を切り、鍋に移します。
全部で7sもあるので、たくさんジャムができますよ。(^O^)/

IMG_4044.JPG
事前に作っておいた「自家製米飴」を鍋に一気の注ぎます。
少し軟らかめに作ってあるので、とても作業性が高いです。

IMG_4048.JPG
鍋でぐつぐつ煮詰めます。
何しろ量が多いので、大きい鍋2つがフル稼働です。

IMG_4052.JPG
程よく煮詰まり、ジャムが完成です。
熱湯消毒した瓶に詰め、脱気殺菌をします。

IMG_4055.JPG
完成!!
かなりの量を確保できました。
また再来週、これくらい作りますよ!!。
今年は昨年の倍量が目標です。
目が疲れた時にたくさん食べられるもんね。(笑)
posted by 料理長 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年06月22日

自家製粉

タンボ・ロッジになくてはならない米粉が少なくなったので、自家製粉しました。
これでまたしばらくは豊富に米粉があるのがうれしいです。

IMG_3687.JPG
posted by 料理長 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年06月18日

らっきょうの甘酢漬け

自然農法のらっきょうを3kgもGETしました。
そこで支配人が初の「甘酢漬け」に挑戦!!。
只今塩漬けしている最中です。
果たしてうまくできるかどうか、楽しみです。(^^♬♪♬~♫!

IMG_3592.JPG
posted by 料理長 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年06月10日

梅シロップの仕込み

オーガニックの黒糖と同じく有機栽培の青梅を使って、「梅シロップ」を仕込みました。
仕込んだと言っても、黒糖と梅を混ぜただけです。(笑)
しかしこれからが長い作業です。
1週間に一度、ゴムベラなどでかき回し、3か月たった時に完成です。
これを仕込むのは、超こだわりの材料を使った「コチュジャン」と、唐辛子の替わりにパプリカパウダーを使った「辛くないコチュジャン」を来年の2月頃に仕込むためです。
でもね、梅シロップ、炭酸で割ると超おいしいので、仕込み分をとっておかないといけません。
暑い夏にそれを我慢できるかなぁ〜〜(笑)。

IMG_3555.JPG
良く洗ってヘタを取り除いて乾かした梅を、黒糖とよく混ぜます。

IMG_3563.JPG
それを保存瓶に移し、梅が上に飛び出ていないように、上を黒糖で覆って仕込み終了です。
あとは1週間に一度かき回し、3か月後の完成を楽しみに待つことです。
posted by 料理長 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品