2018年02月03日

ドライフルーツが次々に完成しました

しばらく前からタンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井に吊り下げておいたフルーツたち。
良く乾き、完成しました。
3種類もあるぞ!!。
これはうれしいです。
これで1年間のスイーツの飾りが楽しめます。
この後保存用袋に詰めて、乾燥材を入れてシールして保存します。

IMG_6253.JPG
まずはオーガニックのりんごのフジ。
こんなに綺麗に乾きました。
味が濃縮されていて、ものすごくおいしいです。

IMG_6256.JPG
次はバナナ。
ペルーのオーガニックのものを乾かしました。
形状が、輪切りと縦切りの2タイプを作りました。
こちらも濃縮された味、とても甘く、食感はまるで粘るヌガーのようです。

IMG_6262.JPG
自然農法のキウイフルーツも、こんなに色が鮮やかに乾きました。
ヤッホ〜〜〜。(^^♬♪♬~♫!
posted by 料理長 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2018年01月27日

ドライみかん&ドライキウイ作り

自然農法のおいしいミカンとキウイをGET!!
ほどほどの量があるので、さっそく乾燥させることに。
今年は気温が低く、寒い毎日なので、薪ストーブをガンガン焚いています。
だからね、ドライ系のものが良く乾くんですよ。
先週のバナナはもうそろそろOKだし、豆麹もまもなく乾きます。
次はこのみかんとキウイ・・・と言う訳です。

IMG_6211.JPG
みかんは輪切りにし、干し網に並べ、薪ストーブの上の天井にぶら下げます。
輪切りにならない端っこ部分は少しずつ自分たちで食べちゃうもんね。(笑)

IMG_6213.JPG
さらにキウイも皮を剥いて同じように輪切りで並べました。
綺麗な色のまま乾いてね〜〜。(#^.^#)
posted by 料理長 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2018年01月26日

支配人のベジ・キムチ作り

昨年の11月末に行った韓国旅行で、オーガニックのキムチ用粗挽き唐辛子を買ってきたので、白菜の季節の今、盛んにベジ・キムチを仕込んでいます。
キムチ作りは2年前の3月に韓国で習ってきましたからね。
キムチは本来はアミや魚介の塩辛などを入れますが、タンボ・ロッジのはベジだからそれは入れません。
替わりになるベジのものを入れると、とてもおいしくできるんですよ。
そして先日加工したオーガニックのリンゴも少し残しておいたので、それも摩り下ろして入れました。
材料は全て自然農法かオーガニックのものを使い、添加物はゼロ!!
究極のキムチです。

IMG_6207.JPG
キッチンはニンニクの臭いプンプン!!。(笑)
支配人がキムチを仕込みます。

IMG_6210.JPG
さて、これを丸くして袋に入れ、しばらく発酵させて出来上がりです。
早く熟成しないかなぁ。(笑)
posted by 料理長 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2018年01月24日

りんごのコンポート作り

昨年の12月に取り寄せたオーガニックのりんごのふじ。
あまりのおいしさに気をよくして、年が明けたら再び買ってしまいました。
何しろ15kgもあるので、いろいろと加工しなければ・・・。
ということで、3つに分け、まずはコンポート、そしてあとは昨年同様ドライに、そして残りは胃袋に(笑)、ということにしました。
フジは少し甘みを入れてコンポートにすると、煮崩れないのです。
だからね、形を保ったまま脱気殺菌して瓶詰めできるんですよ。
さっそく加工スタート!!。

IMG_6186.JPG
まず前の日から自然農法のササニシキとオーガニック麦芽を使って作る、自家製米飴を仕込みます。
その米飴を使い、リンゴのコンポートを作っていきます。
だけどね、こんなにたくさんあるじゃないですか!!。
これ、15s分全部ですけどね。
なんだか気が遠くなりそうです。

IMG_6187.JPG
さて、コンポートスタート。
皮を剥き、12等分にリンゴを切り、米飴と共に煮込みます。

IMG_6191.JPG
煮あがりました。
熱湯消毒した瓶に箸で一切れずつ詰めていきます。
瓶がいっぱいになったら、果汁を入れて蓋を閉めて脱気殺菌します。

IMG_6193.JPG
出来上がりましたよ〜〜。
これで三分の一終了。
残りの三分の一はドライにします。
後の残りは食べなくっちゃ!!。(笑)
posted by 料理長 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2018年01月23日

ドライバナナ作り

冬のタンボ・ロッジは薪ストーブで暖房しています。
その薪ストーブの上の天井が、乾物造りに適した場所!!。
色々なものを干しまくっちゃうもんね。(笑)
ということで、今日は大量のペルー産オーガニックバナナを干しました。
とてもよく乾くんですよ。

IMG_6167.JPG
わ〜〜、すごい量のバナナ!!。
一気喰いしなければ・・・。
じゃなくて、乾燥させるんですよ、これ全部。(笑)

IMG_6184.JPG
はい、干物を干す網に入れて、天井に吊るして乾燥に入ります。
1〜2週間で本当に売っているドライバナナ以上のものが出来上がります。
posted by 料理長 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2018年01月22日

豆味噌作り

今日は豆味噌を仕込みました。
前回仕込んだのが今から3年前。
3年経つとおいしくなるので、そろそろ食べようと思っていますが、次回のために、今から仕込んでおかないと3年以上熟成の味が楽しめませんからね。
ちなみに今タンボ・ロッジで使っている豆味噌は、なんと!!、震災の前後に仕込んだもので、7年ものなんですよ。
それはもうとてもおいしくなっています。
でももうあと僅かしかありません。((+_+))」
しかし!!2015年に仕込んだものが手つかずであるので、これからはそれを使います。
今回仕込んだのは、その味噌が終わった後に使うつもりです。
たぶん3年以上先だと思わります。
なんだか気が長い話ですね。

IMG_6168.JPG
豆麹は、オーガニックの大豆に天然の麹菌を付けた、福井県のマルカワ味噌さんから取り寄せたものを使いました。
でもね、ラベルの印字が間違っています。
農薬も化学肥料も使わずに栽培したお米に・・・と書いてありますよ〜〜。
あのぉ〜〜、豆麹なので、お米は入っていないはず。(笑)
「大豆」の打ち間違えですね、これ。

IMG_6170.JPG
豆味噌作りは割と簡単です。
豆麹100%で作りため、豆麹さえあれば大豆を茹でたりしなくて良いのです。
まずはとっても贅沢な豆麹を、使い込んだ木の樽に入れます。

IMG_6173.JPG
その樽に一定の濃度の塩水を注ぎます。
塩が溶けないほどの濃厚な塩分ですが、こうして半ば強引に注いでいきます。

IMG_6176.JPG
豆麹の少し上くらいまで塩水が入ったら、中蓋をして、中身程度の重さの重しをしっかりと乗せます。

IMG_6177.JPG
ゴミが入らないように、布で覆ってその布をしっかり結わえて仕込み終了です。
後は秋になったら重しを取り、中の豆をミンサーなどで挽肉状にして、もう一度樽に入れて後は熟成あるのみです。
およそ3年後から食べ始めると、とてもおいしくなっていますよ。

IMG_6181.JPG
さて、今回余分に取り寄せた豆麹。
これはタンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井にぶら下げて、乾かして粉にします。
何に使うかというと、春に仕込む究極の手作りコチュジャンに使います。
早く乾かないかなぁ〜〜。(#^.^#)
posted by 料理長 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年12月19日

ドライリンゴ作り

昨日は15sのオーガニックりんごの三分の一をコンポートに加工しましたが、今日は残りの三分の二の中からその半分を「ドライリンゴ」に加工しました。
加工と言っても、皮を剥いて切って、干物を作る3段の網に並べ、タンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井につけてあるフックに引っ掛けて乾くのを待つだけです。
たぶん2〜3週間で出来るはず。
途中のつまみ食いを控えないとね。(笑)

IMG_5867.JPG
posted by 料理長 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年12月18日

オーガニック林檎のコンポート

オーガニックのリンゴのフジがやって来ました。
このリンゴ、尾崎さんがフェイスブックに記事を上げていて、知ることができました。
「自然農法リンゴ」と書いてあるから、即座にポチりましたが(笑)、よく読んでみると、自然農法ではありませんでした。
「有機JAS認定資材の有機農薬・有機肥料のみ使用。」とあります。
認証を取っていないので、オーガニックと名乗ることができないから「自然農法」と書いてあるみたいですね。
ちょっと紛らわしいですが、でも生食すると、とってもおいしい!!。
15s一箱を取り寄せたので、まずは3分の1をコンポートに加工しました。

IMG_5852.JPG
おいしそうなリンゴ!!。
これが3段入っています。

IMG_5853.JPG
オーガニックのフランスのリンゴジュースを呼び水替わりに入れ、12等分に切ったリンゴを入れて煮始めます。
果汁が上がってきて、これまた良い香り!!。

IMG_5857.JPG
ちょっと加熱が過ぎて、煮崩れ気味になりましたが、熱湯消毒をした瓶に詰め、脱気殺菌して出来上がりです。
さて、これを何に使おうかな!。
色々と妄想中です。
posted by 料理長 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年12月14日

米粉作り

今日は大雪も一休みで、朝除雪を軽くしただけで済みました。
そこで昼くらいから、なくなってしまった米粉のパン用の粉を自家製粉です。
年末年始にも使うと思うと、今回は思い切って30s一袋を一気に挽きました。
かなり大変!!。
もう少し欲張らずに少しにしておけばよかったです。〜〜((+_+))
でもちゃんと脱酸素剤入れて袋に保存しましたからね。
頑張りました。グー

IMG_5810.JPG
posted by 料理長 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2017年08月31日

今日は中濃ソース作り

昨日の「ビーツとかぼちゃのケチャップ」に続いて、今日は「中濃ソース」を作りました。
手順や材料はケチャップとかなり似ています。
違うのは、ビーツを入れずに、その替わりに人参を入れ、さらにオーガニックの果物系がたくさん入ることです。
そして塩味は・・・なんとオーガニック醤油を使います。
材料は全て自然栽培かオーガニックのもので作りました。
甘さは果物系のものです。
果物は、パイナップル、リンゴジュース、グレープジュース、ミカンジュースを入れました。
これで賄い料理の調味料もまた一つ完成!!。
安心して1年を過ごせます。(笑)

IMG_4453.JPG
かぼちゃ、玉ねぎ、人参を刻み、オーガニックのパイナップル缶を入れました。
このパイナップル缶は、パイナップルの果汁に果肉が漬かっています。
一般的な砂糖のシロップではないので、甘さが穏やかでおいしいです。
人参は皮を剥いて入れました。
剥かないと、雑菌が湧いて、脱気殺菌しても腐ってしまうからです。

IMG_4466.JPG
材料が煮えたら、ミキサーにかけて、醤油とハーブビネガーを入れ、丁度良いとろみになるように少し煮詰めます。
なんだか見た目がカレーっぽい!!。(笑)

IMG_4469.JPG
さて、できましたよ。
賄い用調味料なので、昨日のケチャップよりは少なめです。
posted by 料理長 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品