2015年03月19日

今年の最終味噌造り

私の大好きな、日光の野菜カフェ「廻」さんの山口さんご夫妻がタンボ・ロッジにやってきて、お店で使う麦味噌を仕込みました。
タンボ・ロッジレシピの麦味噌が広がって、うれしいです!!。

IMG_2798 コピー.JPG
posted by 料理長 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月24日

こと葉の森さんと味噌造り

IMG_2510 コピー.JPG
黒磯にある穀物菜食のレストラン「こと葉」の森さん達がタンボ・ロッジに来て、味噌造りをしました。
熟成が進んだら、お店でも粉の味噌を使った料理が食べられるんで、楽しみです。
そうそう、今「こと葉」で使っている味噌は、去年同じようにタンボ・ロッジで作った味噌ですよ。
posted by 料理長 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月12日

チューニョと紫芋のパウダー

昨日出来上がったアンデスの伝統的保存食の「チューニョ」と、綺麗な色の「ドライ紫芋」。
素材は両方とも、無農薬・無施肥の自然農法のものです。
今日はそれを粉にしました。

IMG_2279 コピー.JPG
製粉機にかけて、こんな綺麗な色の粉が出てきます。
紫芋は本当に色が綺麗!!。

IMG_2283 コピー.JPG
こちらは紫芋の後に挽いた「チューニョ」。
バリバリと音を立てながら、製粉機が粉にして行きます。

IMG_2285 コピー.JPG
チューニョ粉は細かいのが良いので、3度挽きしました。
後は袋に入れて、脱酸素剤を入れて出来上がり。
これで今年1年分の粉が出来ましたよ!!。(^O^)/♬〜♫〜♪
posted by 料理長 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月11日

今度は「ドライフルーツ」作り

チューニョと紫芋が乾いたので、薪ストーブの上の天井が空きました。
これを待っていたフルーツが2種類あります。
超低農薬のおいしいイチゴと、自然農法(無農薬・無施肥)の「ミカン」です。
さっそくスライスして干し網に並べて、乾燥に入りました。
どんな味に出来るのか、とても楽しみです!!。

IMG_2231 コピー.JPG

IMG_2277 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

チューニョと紫芋が乾いた!!。

アンデスの伝統の知恵、「凍結脱水乾燥じゃが芋」のチューニョと、乾燥紫芋が出来上がりました。
タンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井で最後の工程の乾燥をしていた白と黒の2種類の「チューニョ」、そして生の「紫芋」が乾きました。

IMG_2272 コピー.JPG
なんだか「石ころ」みたいですが、立派な「白チューニョ」ですよ、これ。

IMG_2226 コピー.JPG
黒チューニョは乾きやすいように、そして粉にするために、製粉機に入れられるスライス状にして乾燥させました。

IMG_2275 コピー.JPG
紫芋は、棒状にして乾かしました。
こちらも粉にします。
薪ストーブの最盛期の今は、本当に乾燥ものが良くできるので助かります。
今年もタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理に活躍してくれることでしょう。(^O^)/
posted by 料理長 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月08日

今日は「麦味噌」作り

今日は「麦味噌」を仕込みました。手(チョキ)
麹がかなり多めに入れて、甘くてすぐに食べられるような配合にしましたよ。手(パー)
これでタンボ・ロッジの自家用の味噌の仕込みは終了です!!。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
やったぁ〜〜〜!!。わーい(嬉しい顔)
これで来年もおいしい味噌を食べられる!!。うれしいでするんるんるんるん。♬〜♫〜♪

IMG_2247 コピー.JPG

IMG_2248 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月07日

豆味噌造り

今日は手作りみそ第2弾、「豆味噌」を仕込みました。手(グー)
豆味噌は、米味噌や麦味噌と違い、「豆麹」100%と塩と水だけで作ります。
とてもシンプル!!。猫
タンボ・ロッジでは麹は作りません、というか、難しい(温度管理などが)し、昔失敗したことがあるし、自分では「天然麹」は出来ないもんね(笑)モバQ
そこで麹は、福井県にある天然麹菌で味噌を作っている「マルカワ味噌」さんにお願いしちゃっています。
だから、「豆味噌」はとても簡単に作れちゃうんですよ。るんるんるんるん♬〜♫〜♪
豆麹100%だから、あとは塩と水を混ぜるだけですからね。
大豆を洗って一晩漬けて煮る必要がない!!。わーい(嬉しい顔)(^O^)/
さらに大豆を潰す必要もない!!。(^O^)/わーい(嬉しい顔)♬〜♫〜♪♬〜♫〜♪
では作りましょう手(チョキ)

IMG_2235 コピー.JPG
これがその天然麹菌の大豆麹。
そのまま食べると、なんだか納豆のような味です。

IMG_2237 コピー.JPG
大豆麹を木の樽に入れて・・・・

IMG_2239 コピー.JPG
一定の濃度の塩水をひたひたになるまで注ぎます。
今回は大豆麹10Kgで塩が3Kg、水が7ℓ使いました。
この状態で中蓋をして、重しをしっかりと乗せ、秋まで寝かせます。
秋になる頃には大豆のたんぱく質が分解され、おいしい豆味噌になっています。
その粒を挽肉を作る機械にかけて滑らかにして出来上がりです。
今回は3年寝かせてみようと思います。
posted by 料理長 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月02日

2種類の味噌を仕込みました。

いよいよ今日はタンボ・ロッジ用の味噌を仕込みました。
しかも2種類!!。
「窮極の米味噌」と「究極のひよこ豆味噌」どんっ(衝撃)
出来上がるのが楽しみだなぁ〜〜〜。るんるんるんるん♬〜♫〜♪

IMG_2119 コピー.JPG
麹はこれを使いました。
日本でただ1軒、「天然麹菌」で麹を作ってくれる、福井県の「マルカワ味噌」さんの米麹です。

IMG_2122 コピー.JPG
まず初めに、ひよこ豆味噌を仕込みます。
ひよこ豆も無農薬・無施肥の「自然農法」で作った、朝倉さんが輸入しているイタリアのものです。

IMG_2124 コピー.JPG
イェィ〜〜〜!!、米味噌を仕込むぞぉ〜〜〜。手(グー)!!!(^O^)/
もちろん「木の樽」で熟成させますよ手(グー)手(グー)!!!。
posted by 料理長 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年01月30日

朝倉さんと味噌造り

昨日はタンボ・ロッジで、会津若松に住んでいるおいしいオリーブオイルを輸入している「朝倉さん」ともう一人の友人で、「究極の味噌造り」をやりました。手(チョキ)
天然の麹菌を使った、無農薬・無施肥の自然栽培の米麹、そして北海道の秋葉さんの作った同じく自然栽培の大豆と、こだわりの塩を使いましたから。

IMG_2087 コピー.JPG
大豆を茹でて、潰して麹と塩を混ぜて、空気が入らないようにするために「玉」にして樽に投げ込みます。
狙いをつけて・・・

IMG_2086 コピー.JPG
・・・えい!!ダッシュ(走り出すさま)

IMG_2092 コピー.JPG
結構体力使いますからね、味噌作り!!。
疲れてきた朝倉さんに私が加勢しました。

IMG_2095 コピー.JPG
頭に味噌の飛び散ったのが付いたのも知らずに作る朝倉さん。
なんだか笑っちゃいますよ。
でもきっと心をこめて作るので、おいしい味噌になるでしょうね。

IMG_2096 コピー.JPG
味噌も全て出来上がり、夕食の時間です。
お疲れ様、乾杯〜〜〜バービール!!
posted by 料理長 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年01月25日

紫芋を干す

紫芋を生のまま短冊切りにして、どうするかというと・・・・exclamation&question
干すんです。手(チョキ)
そしてカリカリに乾いたら、「粉」にします。どんっ(衝撃)
米粉のパンやケーキの生地に練りこむと、綺麗な色になるし、去年の暮れに韓国へ行って習得してきた韓国のお茶菓子「タシク」にもなっちゃうんですよ。ぴかぴか(新しい)☆彡
もっとたくさん干さなきゃいけないなぁ〜〜モバQ(~_~;)

IMG_2070 コピー.JPG
posted by 料理長 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品