2014年02月20日

夜は中華へ

12月7日(土)、サンセバスティアンから長距離を列車で移動してきた私達。電車
お昼はベジタリアン・レストランで食べたけれど、バルセロナ在住の友人が、「おいしい中華が近くにあるので行かない?、肉抜きのっべジも頼めるし・・。」だって!!。犬
こりゃあ行きたくなるよねえ。モバQ
だって、本当に私たち、お昼の玄米ご飯は超久しぶりの「お米」だったんだから。もうやだ〜(悲しい顔)
と言うことで・・・・食べに行きました手(チョキ)

IMG_7806 コピー.JPG
友人2人と、おいしそうな中華を、いただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)
白いご飯、本当に久しぶりです。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7807 コピー.JPG
肉抜きの野菜炒め。どんっ(衝撃)
やはり東洋の味はしびれます!!。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

再びベジタリアン・レストラン「Arco iris」

12月7日(土)、バスク州のサンセバスティアンからバルセロナに戻った私達。猫
久しぶりに巡礼前のバスクへ一緒に行ったバルセロナ在住の友人と再会しました。わーい(嬉しい顔)
そして、旅の話もあるので、その友人宅の近くのベジタリアン・レストラン「Arco iris」にランチを食べに行くことに・・・手(チョキ)

IMG_7796 コピー.JPG
このレストランは実は2回目です。猫
この旅の最初に、私が救急車で病院に運ばれ、無事戻って来れた次の日に、このお店で「バスク食べ歩き」のメンバー全員でランチを食べた、懐かしいレストランなんですよ。手(チョキ)
さて、これがこの日のメニュー。どんっ(衝撃)
何を食べようかなぁ〜〜〜るんるんるんるん

IMG_7797 コピー.JPG
まず最初は、「Crema Arco iris」、このお店のクリームスープです。
緑野菜、セロリなどが入ったおいしい野菜スープですよ。

IMG_7798 コピー.JPG
そして大好きなサラダは、「Ensalada variada」、色々な野菜のサラダです。

IMG_7799 コピー.JPG
セットメニュー外の「人参と林檎のミックスジュース」も頼んじゃいました。おいしいな〜〜〜わーい(嬉しい顔)

IMG_7800 コピー.JPG
そしてここからが2番目の前菜です。
「Hervido de coliflor y maiz」、茹でたカリフラワーとトウモロコシ、なんだか本当にそのものです。
ただ茹でただけです。
ただ、「カッテージチーズのソース」が付いていますけれどね。

IMG_7801 コピー.JPG
これ、「Arroz a la cubana」と言う料理です。
「キューバ風ライス」と言う意味ですが、これのどこが「キューバ風」なのか、いまだによくわかりません。exclamation&question
しかし、「玄米」を久しぶりに食べましたよ。手(チョキ)
そう言えば、サンセバスティアンでも「ご飯物」は全然食べていませんでしたからね。
トマトケチャップ風のソースが目玉焼きにかけてある料理です。
しかし、これが「前菜」ですからね。
これと一緒に「パン」を食べるのですよ、スペイン人はたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_7802 コピー.JPG
ようやくメインディッシュです。
選択肢はこれしかありません。もうやだ〜(悲しい顔)
「Hamburguesa de hortalizas con guacamole」、(ワカモーレ付き、べジ・ハンバーグ)です。
これも前菜の「Arroz cubana」と同じトマトソースがかかっています。
ベジタリアンにはお馴染みのメニューですね。

IMG_7804 コピー.JPG
スイーツです。
「Yogrt natular」、プレーンヨーグルトです。

IMG_7805 コピー.JPG
そしてこちらは・・・・
「Muesil con yogurt」ミューズリー入りヨーグルトです。

久しぶりに玄米も食べ、6時間に及ぶ列車の長旅が終わり、お腹いっぱいでとても満足です。わーい(嬉しい顔)
そして友人と、食べながら、巡礼の話で盛り上がったのは言うまでもありませんでしたよ。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

バルセロナに戻る

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月7日(土)、この日は食べ歩きをしたサンセバスティアンにお別れをし、この旅行のスタートの町バルセロナに戻ります電車

IMG_7792 コピー.JPG
朝早い列車に乗ります。
サンセバスティアン発が7:30で、バルセロナに着くのが13:30です。
まだ朝の7時半だと、暗いですからね、この季節は。
さあ、列車がやって来ましたよ電車

IMG_7794 コピー.JPG
座席は何と「Preferente」(1等車)です。
前の日にツーリストクラス(2等車)で買ったんだけれど、たぶん空いていたのでこの席になったと思われます。
3列シートで広くてとても良いのだけれど、座席がそれぞれ1人がけの席の前後に指定されています。
これだとちょっとやりにくいですぅ〜〜。
だって、おやつとかジュースとかを持ってきたからね。
それでも、6時間の列車の旅を楽しみましょうね!!。るんるん
posted by 料理長 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

2014年02月19日

今日もBAR「Zerko」へ

12月6日(金)はキリスト教の祭日。
そんな日だからこそ、サンセバスティアンのBAR街はすごい人出です。どんっ(衝撃)
しかし、サンセバスティアンのBAR攻略法を発見!!ひらめき
開店と同時に目指す店に入ること。手(グー)
でないと、混んできて、注文もままならない事態になることがあります。がく〜(落胆した顔)特に人気店はね。
・・・と言うことで、開店の19:30に、まっしぐらにダッシュ(走り出すさま)、昨日も飲みに行ったBAR「Zerko」へ急ぐ私達。
だって此処、とても工夫していて、おいしいんだもの、ピンチョスが猫
では、昨日に続いて、「乾杯」!!バー

IMG_7768 コピー.JPG
ズラリの並んだピンチョス!!猫
まだ店内は余裕のあるくらいに人が居る程度でしたので、思わず「やった〜〜」!!!手(チョキ)
と私。
机の席をなんなく確保しましたよ!!わーい(嬉しい顔)
さて、ゆっくりと注文しましょうかね。

IMG_7769 コピー.JPG
もう、おいしそうなピンチョスがいっぱいなんだから、このお店!!どんっ(衝撃)
全品制覇したいけれど、3〜4日以上かかりそうですよ!!。

IMG_7772 コピー.JPG
あれも食べたい、これも食べたいヽ(^o^)丿モバQ
どうしましょうかねえ。猫
分かりにくいピンチョスにはこうして説明書きの札が立ててあるので、とてもわかりやすいです。
これらが一つ3€ですからね。

IMG_7774 コピー.JPG
さて、私達が選んだのは・・・・、
まずは例によって、バスクの白ワイン「チャコリ」で乾杯!!。バー
さて、ピンチョス一皿目は・・・・
写真右は「Cangrejo rey con calabacín」。(ズッキーニとタラバガニ)
これはタラバガニの実のマヨネーズ和えを、スライスしたズッキーニで巻いているもの。
もちろんズッキーニスライスは、少し焼いて柔らかくしてあります。
面白い巻き方ですね。べジで真似できそうだなぁ、これなら。手(チョキ)
そして左の松の実がたくさんまぶしてあるものは・・・・
「Queso fresco con coco y foie」
まだこの時知らなかった「Foie」が入っています。(Foie=フォアグラ)
ココナッツとフォアグラ入りフレッシュチーズ。
クリーミーですごくリッチ感があるピンチョスですどんっ(衝撃)

IMG_7775 コピー.JPG
こちら、さっき写っていたやつですね。
「Canelon de mousse de hongo y foie」(フォアグラときのこ入りカネロニのムース)。
上には少し甘めのバリバリした食感のものが乗っています。
これにもリッチ感を出す為に、フォアグラを入れているんですね。

IMG_7776 コピー.JPG
これは「蟹マヨ入りロールキャベツ」。

IMG_7777 コピー.JPG
イベリコ豚の生ハムときのことシシトウが載って、甘いタイ風のソースがかかったピンチョス。

IMG_7778 コピー.JPG
緑の雑穀系のピンチョス。
中も雑穀(そば?)が入っています。
小さいパンに乗っていて、かわいい!!。

IMG_7779 コピー.JPG
ゼリー寄せです。
ゼリーの中は、キノコと卵の黄身。
トマトソースでいただきます。
このお店で食べた、どれよりも一番良くなかったのがこれ。もうやだ〜(悲しい顔)
どれもすべておいしい・・・、と言うのは、これだけ種類があると難しいですね、個人の好みもあるし。

IMG_7780 コピー.JPG
ピンチョスの最後になりましたが、これは「春雨団子」。
中身はツナペーストでした。
甘酸っぱいい「タマリンドソース」(タイ料理でよく使う)でいただきます。
これはおいしかった!!。手(チョキ)
春雨を巻きつけて揚げるのって、難しそうですねえ。

IMG_7782 コピー.JPG
ゆっくりと飲んで食べていたら、あら、周りは大混雑です。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
食べ終わったら早めに切り上げないとね。
あとの人に席を譲るのもマナーですから。

IMG_7788 コピー.JPG
ああ、とても満足に食べました。手(チョキ)
月を見ながら川縁をゆっくり歩き、鉄道駅の近くのホテルに帰りましょうね。
明日はついに振り出しの都市、「バルセロナ」へ戻るんですから、私達。猫
posted by 料理長 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

夜のサンセバスティアン散歩

12月6日(金)、この日はキリスト教の祭日です。手(チョキ)
美食の町サンセバスティアンでも、休みだから大勢の市民が散歩を楽しみ、夜になってさらに人出がが多くなりましたよ。がく〜(落胆した顔)
私達も、夜はBARで食べるので、腹ごなしに夜の浜辺と町を散歩しました三日月

IMG_7753 コピー.JPG
クリスマスのイルミネーションが灯りぴかぴか(新しい)、美しくなった街角を歩いて、海岸へと向かいます。

IMG_7754 コピー.JPG
教会もライトアップされて、ひと際美しい!!ぴかぴか(新しい)

IMG_7755 コピー.JPG
海岸沿いの公園の松の木と、ライトアップされた教会、そして丘の上のこの町のシンボルのサンセバスティアン像。
とっても綺麗ですねぴかぴか(新しい)

IMG_7757 コピー.JPG
コンチャス湾は満潮でした。
波が押し寄せる浜辺て、綺麗な月!!
月より低い所に金星も輝いていますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_7758 コピー.JPG
波が押し寄せる岸壁と教会とサンセバスティアンの像!!。

IMG_7761 コピー.JPG
のんびり散歩していたら、BAR街はすごい人出にがく〜(落胆した顔)(@_@)

IMG_7762 コピー.JPG
さて、お目当てのBARに向かいましょうね。手(チョキ)
posted by 料理長 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

三度(みたび)ビーガンレストラン「Landare」

12月6日(金)のお昼は、三度ビーガンレストラン「Landare」でいただきました。
だって、ここのをもう一度食べたくて、サンセバスティアンに戻ってきたんですからね、それとBAR廻りもあるし・・・・モバQ
ではおいしく、いただきます!猫

IMG_7739 コピー.JPG
最初の「付け出し」は2人共これ、「野菜とフルーツのホットスープ」。
緑野菜が主けれど、フルーツのさわやかな味がして、とてもおいしいです。
三度ここへきて良かったなぁ〜〜わーい(嬉しい顔)

IMG_7740 コピー.JPG
前菜の部です。
私は「Ragout de verduras con trigo sarraseno」、蕎麦粒入り野菜のラグーです。
ここで蕎麦を食べられるとは・・・がく〜(落胆した顔)
まあ、蕎麦はフランスでも作られていますからね。
蕎麦粒の下の野菜は、ズッキーニとひよこ豆、そして赤キャベツとバスク産の「ピッキージョ」と呼ばれるパプリカのパウダーでしっかりと味付けられています。
これ、おいしいですよ!!わーい(嬉しい顔)

IMG_7742 コピー.JPG
昨日も食べた「Rollo Vietnamita」、ベトナムのロールです。
実はあまりのおいしさに、私は支配人に一口もあげなかったから、その仕返しと言うか、自分も食べたかったのでこれにしたそうな・・・・猫
ごめん、昨日半分ずつにしておけばよかったなぁ〜〜。モバQ
だって、サンセバスティアン滞在はこの日までなので、このレストランもこれが最後になっちゃうんですからね。もうやだ〜(悲しい顔)
だから、もう一つまだ食べていないのがあったから、そっちも食べたかった(味見したかった)なぁ〜〜〜!!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_7743 コピー.JPG
さて、メインディッシュの部です。
支配人はこれ、「Lasana de lentejas y setas」
レンズ豆ときのこのラザニアです。
見た目はかなり地味ですが・・・・中身は・・・・(次の写真にて)

IMG_7747 コピー.JPG
中にたっぷりときのことレンズ豆などが入っています。
支配人はレンズ豆が大好きですからね。
大喜びですよわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)。♫

IMG_7745 コピー.JPG
さて私は・・・・
昨日支配人が食べた「Guiso de seitán con champiñones」、マッシュルーム入りセイタンの煮込みです。
だって、昨日は私はこちらを一口もらえなかったからね。もうやだ〜(悲しい顔)(ベトナム風ロールの逆パターンです。)
これ、真似したいけれど、お皿になっている「揚げた生春巻の皮」をどうやってこんな形にするのか、それが問題ですよ!!猫

IMG_7748 コピー.JPG
さて、スイーツの部です。
これは支配人の大好きな「Arroz con leche」(ライスプディング)ですよ。
ただしここはビーガン・レストランなので、豆乳を使っています。
そして中のお米も玄米と言うこだわりよう!!。
豆乳といえども、とてもおいしいですよわーい(嬉しい顔)

IMG_7749 コピー.JPG
そして私は「Crema de yogurt de frambuesa」、フランボアーズ(ラズベリー)入りクリームヨーグルト。
見た目は地味だけれど、豆乳のヨーグルトもラズベリーもとてもおいしいですわーい(嬉しい顔)

IMG_7751 コピー.JPG
今日でこのお店に来るのは最後だから、Café con leche(ミルクコーヒー)をいただきました。
でも、豆乳ですけれどね。
なんだかもう来れないと思うと、ちょっと寂しいです。もうやだ〜(悲しい顔)
だっておいしかったんだもん!!猫

IMG_7752 コピー.JPG
賑わうランチタイムのお店。
またバスクに来れたら、絶対来ますよ、このお店に。
スタッフからも、「またおいで」と言われてしまいましたからね。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

コンチャス湾を散歩

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月6日(金)になりました。天気は曇りのち晴れ。曇り晴れ
この日もいっぱい食べ歩くので、まずは散歩して腹ごなしをしなくっちゃ!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
と言うわけで、歩いてサンセバスティアンの名所の「コンチャス湾」へ散歩に出かけました手(チョキ)

IMG_7727 コピー.JPG
岸壁から湾をを眺めます。
湾の真ん中に島があり、その向こうの山の上は展望台です。
巡礼に行く前に、ケーブルカーで登ったなぁ〜〜、そう言えば。

IMG_7724 コピー.JPG
小さな港から、ヨットが出て行きました。

IMG_7732 コピー.JPG
さて、砂浜も散歩しましょうかね。

IMG_7733 コピー.JPG
巡礼に行く1か月ほど前に来た時と比べると、ずいぶん寒くなっています。
(その時もほどほどに寒かったけれど・・・)
しかし・・・・!!!!exclamation×2exclamation×2
泳いでいるやつがいるではないですか!!!!!。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
信じられません。がく〜(落胆した顔)(@_@;)
いくら日本人と比べて、平熱が高い白人といえども、寒いはず。台風
どう考えても信じられないっ!!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7734 コピー.JPG
「砂浜アート」。
素晴らしいですねえぴかぴか(新しい)

IMG_7736 コピー.JPG
この日はキリスト教のお祭りの日(祭日)。
露天でそのための「ケーキ」やら「食糧」を売るお店が出ていました。
買い食いしたいけれど、それをしたらせっかく散歩した意味がなくなっちゃいますよ。
だって、今日もいっぱい食べ歩くんだもん!!!。モバQ
posted by 料理長 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

2014年02月18日

やはりサンセバスティアンはBAR廻り

12月5日(木)、この日の夜は、サンセバスティアン名物のBAR街へ出かけました手(チョキ)
巡礼を始める前は、ミシュランガイドの2つ星と3つ星のレストラン2軒も行ったためどんっ(衝撃)、お腹いっぱいであまりBAR廻りできなかったので、今回はその時の雪辱を果たそうとしたんです。モバQ
と言うか、色々なピンチョスを食べる経験をすることによって、自分のベジタリアン・料理のヒントになればと思い、出かけてみたというわけです。(なんだか食べまくりの言い訳みたい・・・モバQ

IMG_7697 コピー.JPG
夕方のサンセバスティアン旧市街。
まだ時間が早いために、人もまばらです。

IMG_7699 コピー.JPG
それでも開いているBARがあるんですね。
まずはちょっと一杯ひっかけましょうかバーヽ(^o^)丿
ピンチョスもいっぱい並んでいるしねわーい(嬉しい顔)

IMG_7698 コピー.JPG
オーソドックスなピンチョスのBARでした。
私達はこんな感じで・・・・
写真左下から時計周りに「
キュウリのピクルス」、「ツナのマヨネーズ和え、トッピングはアンチョビー」、「アーティチョークのピクルス」、「スペイン風オムレツサンド」、真ん中は「バカラオ(塩鱈)のマヨネーズ、海老のトッピング」・・・
これともちろんバスクの白ワインの「チャコリ」バーをいただきました。
2人で「チャコリ」を含めて、14.7€です。

IMG_7701 コピー.JPG
さて、もう少し工夫したBARへ行きたくてハシゴすることに・・・・・

IMG_7702 コピー.JPG
おっ!!ひらめき、前回来た時に、とてもおいしかったBAR「Zeruko」がやっています。
しかも、開店したばかりだから、まだすいている!!!猫
ではここでもう一杯いきましょう!!!バー

IMG_7705 コピー.JPG
「バカラオのピルピルソース和え」、これ、前回食べたけれど、とてもおいしかったなぁ〜〜。

IMG_7711 コピー.JPG
ウニやら、饅頭の様なものまで、色々とありますよ。

IMG_7712 コピー.JPG
変わったピンチョスもいっぱい並んでいます。猫
グラスの下に「蕎麦」の様なものが入ったピンチョス。
それはね、バスク名物の「ウナギの稚魚」なんです。がく〜(落胆した顔)
今や「絶滅危惧種」にも指定されようという「鰻」どんっ(衝撃)
「稚魚」でこんなに食べちゃいけませんよ!!。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
バスクならではの、こういうものが豊富なんですね。
豊かな町だなぁ〜〜。

IMG_7706 コピー.JPG
さて、私達は・・・・
これは温めなくて良いピンチョス。
「いわしのマリネといくらのピンチョス」、「ポテトサラダロール」、これは周りに「パン」を巻いています。そして「ウニのクリーム仕立てといくら」。
どれも海の幸がたっぷりです。

IMG_7707 コピー.JPG
バスクの白ワイン「チャコリ」と「ピンチョス」を前ににっこりの支配人。わーい(嬉しい顔)
私は「シードル」と言う、これもバスクのリンゴワインをいただきました。

IMG_7708 コピー.JPG
前回も食べた「バカラオのピルピルソース仕立て」。


IMG_7709 コピー.JPG
カリカリのトーストの上に、甘いソースをしみ込ませたマッシュルーム。
そしてその間に「カレーソース」が・・・・・
嗅覚が戻った私は、大感動!!揺れるハート
おいしいですよ、もう!!!どんっ(衝撃)

IMG_7710 コピー.JPG
こちらは「アーティチョーク」の愕の器に、マヨネーズを周りに縁どり、ホタテが入り、雑穀のトッピング!!。
少し温められて、とてもいい感じでおいしいです。わーい(嬉しい顔)

あ〜〜、喰った喰った!!どんっ(衝撃)、飲んだ飲んだ!!。バーバー
今日はちょっと食べ過ぎかも・・・・
すこし反省!!モバQ
でも、おいしかったな〜〜〜。
これだけ工夫したピンチョスが一つ3€ですよ!!。
ここは2人でお酒を入れて、21€でした。

さて、また明日も食べ歩くぞ〜〜〜。(懲りない私・・・モバQ(@_@;))
posted by 料理長 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

スペイン・バスクの伝統菓子を食べる

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月5日(木)、「Bilbao」から「San Sebastián」へと戻ってきた私達。
ビーガン・レストランでおいしいランチを食べた後、スペイン・バスクの伝統菓子のお店「Otaegui」で、その伝統菓子を買って食べてみました。手(チョキ)
実はバスクの伝統菓子、巡礼前にフランスバスクで「マカロン」と「ガトー・バスク」を食べ、鼻血が出るほど甘かったのでどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)、警戒して、その時にスペイン側では食べなかったんです。もうやだ〜(悲しい顔)
でも、なんだかそれも心残りだし・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
よし!!、挑戦して見ちゃおっと!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7683 コピー.JPG
「オタエギ菓子店」は、クリスマスのケーキがたくさん並んでいました。手(パー)
でもなんだかとても素朴ですね。
一口食べてみたいけれど、まさかあれ1台は2人だし、とても無理ですねえもうやだ〜(悲しい顔)
眺めるだけにしておきましょう!モバQ

IMG_7687 コピー.JPG
ひらめきあったあった!!「ガトー・バスク」。
「ガトー・バスク」と言うと、フランス語ですね。「バスクのお菓子」と言う意味になります。
スペインではお菓子は「パステル」と呼びます。
だから、「Pastel Vasco」(パステル・バスコ)が「バスクのお菓子」と言う意味になるんですね。
さて、買って帰りましょうね、これを。猫
フランス側みたいな「激甘」でないことを祈りつつ・・・・・

IMG_7688 コピー.JPG
このほかにも何種類かの伝統菓子が並んでいました。
でもねえ、もし「激甘」だったら・・・・・
と言うことで、今回は「プラムケーキ」と「パステル・バスコ」の2つだけにしておきましたよ。

IMG_7791 コピー.JPG
たった2個だけだけれど、こんなかわいい包みに包んでくれました。わーい(嬉しい顔)
さて、甘さ控えめを祈りつつ、包みを開けましょう!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_7718 コピー.JPG
おいしそうですねえ。
さてお味は・・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

お、い、し、い〜〜〜。ヽ(^o^)丿手(チョキ)手(チョキ)
甘さがちょうどよいくらい!!。どんっ(衝撃)
嘘みたい、これ。猫
フランス側は激甘だったのに・・・・
信じられません。
だって、いくら国境で別れているとしても、これを食べるのは同じ民族の「バスク人」でしょ。
どうしてこんなに違うの???exclamation&question
こんなことなら、巡礼前にも食べておけばよかったですぅ〜〜〜。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

2014年02月17日

再びビーガンレストラン「Landare」

12月5日(木)のお昼は、巡礼する前に一度食べたサンセバスティアンのビーガン・レストラン「Landare」に食べに行きました。手(チョキ)
実はこのレストラン、前回食べた時に、とってもとってもおいしかったので、もう一度食べてみたかったんです。猫猫
他のお客さんの食べているものを見て、あれも食べたいし・・・あっちのも食べたい・・・
と言う具合にね。モバQ
だから、今回サンセバスティアンに戻ってきた一番の理由は、このレストランで何回か食事をすること・・・だったんですよ・・・実はねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7671 コピー.JPG
セットメニューしかありませんが、選択肢がたくさんあります。
まずはメニュー外のサービスの「付け出し」のものが出てきました。
こちらは「クミン味の人参のクリームスープ」。
クリーミーでおいしいです!!わーい(嬉しい顔)

IMG_7672 コピー.JPG
そしてこちらは前回もいただいた「アボカドとトマトのスムージー」です。

IMG_7673 コピー.JPG
前菜です。
「Ensalada mixta Landare」、このお店のミックスサラダ。
とっても盛りが多くて最高!!どんっ(衝撃)

IMG_7674 コピー.JPG
さて私はこちら。
「Rollo Vietnamita」、ベトナムのロールです。
その名のとおりに、生春巻に色々な具が巻いていあります。

IMG_7675 コピー.JPG
こちらは「ロール」の中身。
とてもおいしいですよ手(チョキ)
下のソースは、醤油と「タマリンド」(良くタイ料理の酸味付けに使う)のソース。
少し甘めで如何にもアジアンテイストです。

IMG_7676 コピー.JPG
メインディッシュです。
「Guiso de seitán con champiñones」
マッシュルーム入りセイタンの煮込みです。
生春巻の皮をお皿の様に油で揚げてあります。
これ、どうやってボールの様に揚げるのか、不思議です。
このボールごと食べられるのがうれしいですねるんるんるんるん

IMG_7679 コピー.JPG
うれしそうな支配人。わーい(嬉しい顔)
もう一度食べたかったもんね、ここで。

IMG_7678 コピー.JPG
私のメインディッシュは「Pastel de soja y patata」
じゃが芋と大豆のケーキと言う意味ですが、ペルーでもそうだけれどこの「Pastel」と言う言葉、直訳すると「ケーキ」と言う意味ですが、こう言った、まるで見た目が「ケーキ」の様な料理にも使う名前です。
だから、メニューに書いてある時は、それを意識しないとね。
決して「デザート」ではありませんから。
マッシュポテトの真ん中に、大豆ミートの煮込みがはさんであります。
これはおいしいですよ!!手(グー)
もちろんこのほかに、ワインか水、そしてパンが付いてきます。

IMG_7680 コピー.JPG
セットメニューの最後のスイーツです。
こちらは前回も食べた「ティラミス」。
ビーガンなのに、とてもおいしいですわーい(嬉しい顔)

IMG_7681 コピー.JPG
そして私はこちら、「Helado de frutos secos con sirope de chocolate」。
チョコレートシロップをかけたドライフルーツのアイスクリームです。
ドライフルーツの甘味のアイスで、これはおいしい!!どんっ(衝撃)
アイスにビスケットの様な生地を入れてあります。
ビーガンでクリーミーなアイスはとても良いおいしさ!!手(グー)

IMG_7682 コピー.JPG
1か月前に1度だけ来たお店だけれど、スタッフが私達のことを覚えていてくれました。わーい(嬉しい顔)
前の時に、これからカミーノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)(巡礼路のこと)を歩くとお話していたのを覚えていて、「歩けたの?」と聞かれました。
「歩きましたよ!!。」と答えると、「おめでとう!!」と答えてくれました。
また明日もここに食べに来ますからね!!。手(チョキ)
posted by 料理長 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅