2018年04月23日

山桜咲く山里の遅い春

タンボ・ロッジ周辺ではいよいよ「山桜」が咲き始めました。
いつもならば5月の連休の時と重なるのですが、今年は暖かい日が続いたため、1週間ほど早く開花しました。
タンボ・ロッジから車で40分ほど行ったところに、樹齢100年を超える山桜が密集して咲く山里があります。
毎年連休の時が最盛期なので、しばらく見ることが出来ませんでした。(連休はタンボ・ロッジの営業が忙しいため)
ところが今年は連休の前に満開!!。
今日久しぶりに山里の桜を見に行きました。
この山里は、タンボ・ロッジのある南会津町のお隣の下郷町の「戸赤」という集落です。

IMG_7211.JPG
わぉ〜〜、満開です。
雪解け水で増水した川と桜の対比が素晴らしい!!。

IMG_7214.JPG
山桜、満開です。

IMG_7216.JPG
最高に美しい日本の原風景がここにありました。
春霞がかかり、とても良い風情です。

IMG_7219.JPG
少し荒れ気味の遊歩道で村の裏山に登ってみました。
コブシの花も満開です。

IMG_7227.JPG
上から眺める桜と昔の小学校
小学校は改装され、村の施設になっています。

IMG_7230.JPG
桜の花の間から眺める集落の家々。

IMG_7239.JPG
桜の木の下では、カタクリの花が満開です。
まるで短い春を謳歌しているかのようでした。

IMG_7244.JPG
おっ、怖い私設の頼りない木の橋を渡る支配人。
高所恐怖症のはずなんだけれど、Xサインなんかしちゃって余裕の顔の支配人。
高度感がなければ大丈夫みたいですよ。(笑)
posted by 料理長 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年04月21日

アカヤシオ満開の鳴虫山に登る

今日はめちゃくちゃ暖かく、晴天の一日。
春を満喫しに、日光の「鳴虫山」(標高1103m)へ登ってきました。
この時期、ツツジに似ている「アカヤシオ」という独特の花が満開です。
しかも鳴虫山には群生地があるので、その満開の花を楽しむのも目的の一つです。
タンボ・ロッジを朝7時に出発、日光の野菜カフェ「廻」に車を置かせていただき、そこから歩き始めました。

IMG_7144.JPG
朝早い野菜カフェ「廻」。
まだ誰も居ませんでした。(当たり前ですよね)
こんなに朝早くここへ来たのは初めてです。
いつもはランチタイムにしか来ないもんね。(笑)

IMG_7147.JPG
歩くことおよそ15分、登山口から登り始めました。
「タチツボスミレ」の花盛り!!。
タンボ・ロッジ周辺ではまだだもんね。
日光といえども、南会津よりも春が早いです。

IMG_7148.JPG
小さなスミレの花に癒されつつ、急登を登ることおよそ50分、「神主山」に到着です。
ここまで登ると結構高度感あります。

IMG_7154.JPG
神主山の少し先から目的の「アカヤシオ」の花が咲いていました。
ツツジに似た花ですが、ツツジと違って葉よりも先に花が咲きます。
なので、花しか見当たらないですね。
今日は満開のアカヤシオを眺めながらの登山となりました。

IMG_7157.JPG
こんなにたくさんのピンク色の花をつけています。
美しい春の色!!。

IMG_7160.JPG
素晴らしいです。
満開!!。

IMG_7165.JPG
花を見ながらの登山ですが、道は急登!!。
木の根がごつごつした尾根道が続きます。

IMG_7180.JPG
登ること登山口からおよそ3時間、お腹がとてもすいたころに「鳴虫山」の山頂に到着です。
腹減ったぁ〜〜。(笑)

IMG_7189.JPG
山頂にもアカヤシオの花が・・・。
名峰「女峰山」をバックに、咲き誇るピンクの花がとても綺麗です。

IMG_7192.JPG
毎度毎度、いつものように山頂での「ベジラーメン」。(笑)
花より団子ですからねぇ。

IMG_7196.JPG
下りは結構な急斜面がいくつかありました。
キャ〜〜、とか何とか言っているくせに、カメラを向けるとポーズをとる支配人。(笑)
まだ少し余裕あるじゃん!!。

IMG_7197.JPG
含満淵の「化け地蔵」まで降りてきました。
もうここからは車を止めてある廻さんの駐車場まで平らな道を歩くだけです。

IMG_7202.JPG
神橋の近くを通り、廻さんを目指します。

IMG_7207.JPG
車を置いてある廻さんに到着。
ホッと一息でスイーツとコーヒーをいただきました。
とてもおいしそう!!。

IMG_7208.JPG
ケーキは「こめっ粉40」を使ったベーキングパウダーを使わないビーガン仕様のシフォンを細かく切って、クリームやフルーツが挟んでありました。
とっても豪華!!。
そしてコーヒーがお代わり付きです。
すごいたっぷり!!。
下山した後はのベジスイーツ、めちゃおいしいです。

その後、温泉に立ち寄り、山の疲れを癒してタンボ・ロッジへと帰りました。
しかし!!、現在筋肉痛です。(笑)
posted by 料理長 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年04月19日

山菜狩り

昨日から今日にかけて、山のことにめちゃくちゃ詳しい「玄米と野菜のお店 松おか」の松岡さんがタンボ・ロッジに泊まりにいらしてくださいました。
タンボ・ロッジ周辺は、やっと雪も融け、山菜が出始めた季節です。
そこで、タンボ・ロッジから少し歩いた林道を遡り、山菜狩りを楽しみました。
松岡さんの目標は、「ヨモギ」をたくさん摘むこと。
しかし、まだヨモギには早く、全然出ていなくてちょっとショック!!。
しかしそこは松岡さん、別のものを根こそぎに近い位に採取!!。
流石です。

IMG_7116.JPG
目的地のヨモギたくさんの地点では、全然ヨモギは見当たりません。
しかし!!、なにやら発見した松岡さん。

IMG_7119.JPG
うっしっし〜〜、大きくておいしそうな「フキノトウ」の群落を発見!!。
すかさず大量採取!!。(笑)
実は私たちは、タンボ・ロッジの庭に出るフキノトウを散々食べていたので、もう飽きてしまっていました。
だからね、松岡さんの独り舞台です。

IMG_7126.JPG
おっ、「カタクリ」の花が咲いています。
周辺をよく見ると、まだつぼみのカタクリもたくさん!!。
カタクリの葉は、天婦羅にすると絶品です。
でもね、2枚ある葉の両方を採ってしまうと、枯れてしまうので、片方だけを少し採取しました。

IMG_7123.JPG
カタクリちゃ〜〜ん、採りますよぉ〜〜。
那須のマクロビオティック・イタリアンレストランの滝口さんご夫妻も同じ日に泊まりに来られたので、一緒に採取しました。

IMG_7133.JPG
小川の淵には「ヤマメ」が泳いでいます。
水がとても綺麗です。

IMG_7142.JPG
根こそぎ松岡さん(笑)、何やら採取しています。
この細長いのは、食べられるものではなく、生け花の飾りに使う「木賊」(とくさ)という植物です。
あまりあちこちにないけれど、ここにはその群落がありました。

IMG_7143.JPG
まだ雪が少し残る林道を歩いての、春浅い山菜採取。
もう少しするとたくさんのものが採れ始めます。
posted by 料理長 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年04月16日

環坂

前の記事と日にちが前後してしまいましたが、4月11日(水)に宇都宮にあるとってもとってもおいしいレストラン「環坂」に、ちょっと豪華なランチを食べに行きました。
いつもはビーガンの食生活をしている私たちですが、特別な時には魚をいただきます。
実は前の週に35回目の結婚記念日だったので、豪華に(といってもランチですけど)食べに繰り出しました。
こちらのお店は安全な食材を吟味して使っていて、とってもおいしいんですよ。
年に一回位はお邪魔しています。

IMG_6993.JPG
お〜〜、楽しみなメニューです。
しかし、「黒毛和牛」とか「白金豚」とか書いてあります。
魚まで・・・とお願いしてあったのですが・・・・。
実はこれはレギュラーのメニューだそうで、私達のは別のものになっているということで、ありがたくいただくことにしました。

IMG_6994.JPG
最初は「ベジ人参と赤じゃがのポタージュ」です。
しかし、人参は特に「ベジ」と書かなくてもベジですよねぇ。(笑)
それともこのスープがベジ仕様だからという意味だからでしょうか?。
おいしくて食べるのに夢中で、シェフに聞いてみるのを忘れてしまいました。 ^^) _旦~~

IMG_6996.JPG
とりあえず、記念の日だから、ノンアルコールワインで支配人と乾杯です。
車出来ていなければ、普通のワインを選ぶんですけどねぇ。
記念日に酔っ払い運転で逮捕なんて、恥ずかしいもんね。

IMG_6997.JPG
桜ブリの冷燻製と小海老のチーズ焼き、ベジファームの野菜と共に。
久しぶりに食べるおいしいお魚!!。
口に染みわたる懐かしい味です。
お祭りの日ですからね。(笑)

IMG_7005.JPG
穴子のバプール。
ハニーキャベツがとてもよく合っています。
そして自家製の北海道産小麦とライ麦のパンがすごくおいしいです。
パンを販売して欲しいくらい!!。

IMG_7009.JPG
メインディッシュはこちらです。
肉に替わるものは・・・・
なんと!!、タケノコのカツレツ。
ソースが2つ選べるので、別々のにしてみました。
こちらは支配人が選んだ「赤味噌のソース」。
味噌カツ風味ですね。
でもタケノコのカツっておいしいんですね。

IMG_7010.JPG
私はカレーソースを選びました。
たけのこご飯も付いています。
シェフのサプライズにびっくりしましたよ〜〜。

IMG_7014.JPG
分厚いタケノコのカツレツは、とてもシャキシャキしていて春の香りが濃厚です。
カレーもおいしい!!。

IMG_7019.JPG
食後のデザートはこちら、自然栽培のとちおとめのシャーベットです。
苺を白ワインで煮てから作るそうで、とっても濃厚で爽やかな春の味です。

IMG_7021.JPG
コースが全て終わった後、眺めが良くて日当たりの良い心地よい別室で、お茶タイムです。
お茶菓子にチョコレートブラウニーが付きます。
コーヒーを飲みながら、春の散りゆく桜を遠くに眺め、過ぎゆく季節を楽しみました。
こんな贅沢な一日もたまには良いですね。
posted by 料理長 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年04月04日

茨城県の最高峰「八溝山」へ登る

昨日は暖かく、天気も晴れ!!。
まだ雪の残るタンボ・ロッジから、春を求めて暖かい茨城県と栃木県と福島県の3県の境にある山「八溝山」へ登ってきました。
八溝山は茨城県の最高峰です。(標高1022m)
茨城県って、高い山があまりないんですね。
この八溝山、山頂まで車道が通じているので、山頂は展望台があったりするそうなので、あまり期待していませんでしたが、名水百選の「八溝五水」があり、それを巡る古い参道が登山道として整備されているので、その道をたどり、登りました。
麓は桜が満開!!。
満開の桜を楽しみながら、登山口を目指します。

IMG_6919.JPG
八溝山の湧水を巡り、山頂へと向かう登山口に到着です。
では春を満喫する登山開始!!。

IMG_6935.JPG
登山道は明るくて気持ちの良い広葉樹の林の中につけられています。
出だしからカタクリの花が満開!!。
ついつい足元に目を奪われます。

IMG_6938.JPG
咲き乱れるカタクリ。
めちゃ綺麗です。

IMG_6940.JPG
八溝五水の一つ、「金性水」に到着しました。
さっそく水を汲みましょうね。
この水は、「この紋どころが・・・」で有名な、水戸光圀も愛したと言われている湧水です。

IMG_6943.JPG
歩くことおおよそ1時間、山頂に立つ「八溝嶺神社」に到着しました。

IMG_6946.JPG
やはり山頂には、やはりがっかりの建物が建っていました。
こんな天守閣みたいな展望台、全然周辺の雰囲気と合いません。(笑)
どんな感覚で設計したのかと笑ってしまいました。

IMG_6950.JPG
展望台からの眺めです。
残念ながら昨日はこんなに霞んでいて、遠くの山がはっきりと見えませんでした。
春霞でしょうか?。

IMG_6951.JPG
山頂があまりにもがっかりだったので、少し下りた登山道のベンチで、いつもの通り「ベジラーメン」のお昼をいただきました。
車で登れる山なので、歩いて登山する人はほとんどいません。
おかげでとても静かなランチタイムでした。
鳥の囀り、鶯の鳴き声、そよぐ暖かい風になびく笹の音。
時間はゆっくりと流れていきます。

IMG_6955.JPG
下山路もカタクリの道。
気持ちの良い林の中に道が続いています。

IMG_6957.JPG
坂東三十三霊場の21番札所、「日輪寺」が途中にあります。
御朱印を頂きました。

IMG_6959.JPG
車の止めていある駐車場まで、日輪寺から下って沢を超えて再び登ります。
その登りでもカタクリが咲き乱れていました。
カタクリの花に癒された八溝山登山、とても気持ちが爽やかでした。
posted by 料理長 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年03月29日

早春の散歩道

今日はとてもよく晴れて、気温も上昇!!。
とっても春めいてきました。
そこで、タンボ・ロッジから往復6qの時々歩いている道を散歩してみました。
雪解けの音が爽やかです。

IMG_6910.JPG
タンボ・ロッジを出発、まだまだ雪が残る道を歩きます。

IMG_6912.JPG
雪解けで増水した小川を超えて歩きます。

IMG_6915.JPG
北側の山の斜面はまだこんなに雪が!!。
しかし、本格的な春はもうすぐそこです。
posted by 料理長 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年03月25日

一床山二床山三床山縦走

昨日は天気も良く、気温も上昇!!。
だいぶ春らしくなってきました。
そこで、冬の運動不足解消のため、先週に続いて栃木県の低山を歩きに行ってきました。
まだまだ雪の残るタンボ・ロッジの周辺の山は登れませんからね。
今回行った山は、栃木県の佐野市にある、標高334.9mの三床山から一床山への縦走です。
この山はかなりマイナーな山で、「栃木の山150」というガイドブックにしか載っていない山ですが、その眺めの良さから近年人気上昇中の山です。
私もネットで偶然に見つけました。
朝早めにタンボ・ロッジを車で出発し、登山口到着は9時を少し回った頃。
さて、登山開始です。

IMG_6838.JPG
登山口の鹿島神社の脇を通り、山に向かいます。
日差しも春爛漫、かなり暖かく、気持ちが良いです。

IMG_6841.JPG
登り始めると、かなりの急登!!。
汗をかくほどの登りです。

IMG_6843.JPG
登り始めてからおよそ1時間で標高334.9mの「三床山」(みとこやま)に到着です。
山頂には祠が複数あり、歴史を感じさせる佇まいでした。

IMG_6846.JPG
山頂には「アカヤシオ」と言う、ツツジに似た花が咲いていました。
この「アカヤシオ」は、葉よりも先に花が咲き、一足先に春を彩ります。
栃木の山に多数ある有名な花なんですよ。
それにしても綺麗です。

IMG_6847.JPG
頂上からの眺めです。
木があるのでその間からですが、登ってきた下界が手に取るように見えました。

IMG_6856.JPG
三床山を後にして、二床山を目指します。
早くも支配人の苦手とする急な下り道。
張られたロープにしがみつく支配人です。
何だか必死の形相でしたよ。(笑)

IMG_6858.JPG
下りきると穏やかな尾根道が・・・。
ずっとこんな道だったらなぁ〜〜と支配人。(笑)

IMG_6860.JPG
縦走路の途中からは、時々こんなに良い眺めが・・・。

IMG_6869.JPG
三床山からおよそ45分で「二床山」に到着です。
そしてお腹すいたので、おせんべいを食べ、一床山を目指します。

IMG_6873.JPG
標高320mの一床山に到着です。
360度の大展望!!。
素晴らしいです。

IMG_6876.JPG
うわ〜〜、すごい良い眺め。
標高僅か320mにもかかわらず、すごい高度感です。
東京タワーより低いんだよね、よく考えたら。
なんだか笑えてしまうけれど、圧倒的な眺めに感動です。

IMG_6877.JPG
さて、山頂でのお楽しみは、いつものように「ベジラーメン」。
なんだか山歩きの度にベジラーメンばっかりですね。(笑)
次回はおむすびにしようかなぁ〜〜。
だけどこんなに眺めの良い場所で食べるベジラーメンは格別においしいです。

IMG_6880.JPG
山頂を後にして、下山します。
狭い山頂は登山者で賑わっています。
マイナーな山だけど、結構知られてきているんですね、この山。
低いけれど抜群の眺めの山、素晴らしかったです。
posted by 料理長 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年03月18日

深高山&石尊山登山

昨日は天気が良く、とても気持ちの良い小春日和でした。
そこで、冬の運動不足を解消するために、まだまだ雪に覆われているタンボ・ロッジから出かけ、栃木県の雪のない山を歩いてきました。
今回登った山は、足利市の北にある、「深高山&石尊山」です。
そんなにハードな山じゃないけれど、なまった筋肉を鍛えるにはちょうど良いです。(笑)
気持ちの良い小春日和、春を一足早く感じながらの登山でした。

IMG_6782.JPG
朝早起きしてタンボ・ロッジを出発。
登山口に着いたのは、朝の9時半頃です。
さて、登山開始!!。
杉の木立の中、木漏れ日が気持ち良いです。
この日は土曜日だったこともあり、マイナーな山にもかかわらず、登山者が結構たくさんいました。
でもね、かなり厳重なマスクをしている方もちらほら。
杉が多い山なので、花粉症の人にはつらいかもしれません。

IMG_6784.JPG
しばらく上ると「女人禁制」の石柱が!!。
支配人、入れないじゃん!!。・・・なんちゃって。
これは江戸時代は信仰の山だった証です。
現在はもちろん女人禁制ではありません。(笑)

IMG_6786.JPG
急な登りに汗をかくと、尾根筋に出ました。
ここからは眺めの良い楽しい尾根歩きです。

IMG_6792.JPG
本当に良い眺め。
足利市や桐生市が眼下に良く見えました。

IMG_6793.JPG
朝、車で走ってきた道もこんなに下の方に見えています。

IMG_6797.JPG
標高486.4mの石尊山(せきそんざん)に到着です。
ここまでの登りはちょっときつかったけれど、ここからの尾根歩きはとても快適でした。

IMG_6798.JPG
石尊山から深高山までの縦走路は本当に気持ちが良いです。

IMG_6803.JPG
およそ40分で標高506mの深高山(しんこうざん)に到着しました。

IMG_6800.JPG
さて、時間もまもなく12時なので、お腹すいたし、昼食にしましょうかね。
ということで、例によって「ベジラーメン」をいただきました。
山頂で食べる熱々のラーメンはとてもおいしいです。
インスタントと言うことを忘れてしまうおいしさ。(笑)

IMG_6808.JPG
下山は支配人の苦手とする急な下りも何か所かありました。
でも写真で見ると、そんなに急じゃないんだけどなぁ〜〜。(笑)
posted by 料理長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年03月13日

フキノトウ

このところの暖かさでやっと雪が後退し始めたタンボ・ロッジ周辺。
日当たりが良く、雪が無くなった所から顔を出したのは、春の使者の「蕗の薹」です。
さっそく少し摘んで天婦羅に・・・
お〜〜、春の香り!!。
とっても嬉しいです。

IMG_6589.JPG
丁度良い具合になった蕗の薹。
さっそく収穫を。(笑)

IMG_6594.JPG
雪の傍からも出ています。

IMG_6595.JPG
タンボ・ロッジの裏庭を歩く支配人。
まだこんなに雪がありますよ〜〜。
本当は建物と同じ地面なんだけれど、建物を見下ろしている感じです。
posted by 料理長 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

野菜Cafe&Bar URAWA BIO

3月8日から9日にかけての東京食べ歩き、最後は昨年の秋に行ったお店「野菜Cafe&Bar URAWA BIO」さんで、早めの夕食をいただきました。
このお店は、夕方6時まで営業ですが、食事がランチ以外の時間にも食べられるので、早めの夕食に利用できるんです。
私たちは春日部から東武鉄道に乗って帰ることが出来るので、この様な変則的な利用ができる数少ない・・・と言うか、唯一のお店です。
この日もおいしくいただきました。

IMG_6738.JPG
支配人はベジハンバーグセットを頼みました。。
ドゥミグラスソースがとってもおいしい!!。
大豆たんぱくを使ったハンバーグも、とってもリッチな仕上がりです。

IMG_6744.JPG
私は、ベジ・卵サンド&ベジ・ツナサンドをいただきました。
このサンドイッチは、昨年秋に来た時にもいただきましたが、もう本当に「もどき料理」とは思えない出来で、卵やツナを食べているとしか思えない味です。
なので、今回もいただきました。

IMG_6749.JPG
ベジ・塩鮭のおむすびもいただきました。
これ、すごいです。
臭みまでまるで「鮭」!!。
どうやって作るのだろうかと思ってしまいました。
料理教室やったら絶対に参加したいです。(笑)

IMG_6746.JPG
最後に大きめのティラミスを食べました。
これもまた美味!!。
とっても満足な食べ歩き終了に夕食でした。
この後電車に揺られてタンボ・ロッジ着は夜の11時です。
夜更かし〜〜〜(笑)。
posted by 料理長 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳