2017年04月27日

楽しい会の後、春を探しに水源へ

「アントネッラとタンボロッジで会う会」が終わり、あとかたずけをしてから残ったメンバーで、タンボ・ロッジ周辺の遅い春を探しに、とてもおいしいタンボ・ロッジの水源にもなっているこの地区の簡易水道の水源地まで散歩してみました。
まだ林の中には雪も残っていて、桜の蕾も堅いです。
早く桜が咲かないかなぁ〜〜。

IMG_3145.JPG
タンボ・ロッジの南側を流れる川の対岸の林道を歩きます。
まだ雪があちこちに残っているけれど、確実に春の気配が漂っていました。

IMG_3146.JPG
遅れて付いてくるアントネッラさんたち。

IMG_3149.JPG
フキノトウがあちこちに顔を出しています。

IMG_3153.JPG
水源になっている小川の取水口に到着しました。
この小川の上流には人工物は一切なく、そして見上げる山は日本海側と太平洋側を分ける「分水嶺」。
山に落ちた雨の最初の一滴が小さい川となって流れ、日本海側に位置するタンボ・ロッジの水源にもなっているので、とても水が綺麗でおいしいです。
これって一番の贅沢ですよ〜〜。
アントネッラさん、故郷の湧水「アックア・サンタ」を思い出したのか、ずっと綺麗で透き通ったコバルト色の水を眺めていました。

IMG_3158.JPG
水源の川の水を飲んでみましょうね。
朝倉さんによると、雪解けの甘い味がしたそうです。

IMG_3161.JPG
カタクリの花もまもなく開花しそうですよ。
蕾があちこちに首をもたげていました。

IMG_3165.JPG
白樺の美しい林の中で、なにやら手に持ってうれしそうなHさん。
山菜をとって来たみたい!!。
コラァ、泥棒〜〜(笑)。

IMG_3167.JPG
近くの湿原では、なんと!!水芭蕉がまだ一輪ですが、咲いていましたよ。
タンボ・ロッジ周辺、とても良い環境でうれしいです。
posted by 料理長 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

アントネッラとタンボロッジで会う会

昨日から今日にかけては、イタリアの自然農法の最高の食材の輸入を手掛ける「アサクラ」主催の「アントネッラとタンボロッジで会う会」の日でした。
アントネッラさんは、イタリアで自然農法でオリーブオイルを作りながら農家民宿を営む料理の達人です。
そのアントネッラさんの来日に合わせて、彼女の手掛ける自然農法のおいしいオリーブオイルを発売する「アサクラ」さんが企画し、タンボ・ロッジを会場にこのイベントが行われました。
初めて会う長身のアントネッラさん。
朝倉さんから話はいつも聞いていたので、なんだか初めてとはとても思えませんでしたよ。

IMG_3113.JPG
参加者全員が集まり、夕食前にタンボ・ロッジの支配人の挨拶です。

IMG_3115.JPG
キッチンにずらりと並ぶアンデス・マクロビオティック料理。
夕食はタンボ・ロッジが担当しました。
通常のお客様の時にお出ししている料理が並びます。
しかし人数多いから、こんなに並ぶと見事ですよ〜〜。
これはアミューズのプレートの後の、前菜のプレートです。

そしてこの後、話は尽きず、いつものように夜更かし!!。(笑)

IMG_3118.JPG
翌日の朝、朝食はタンボ・ロッジが担当しました。
そして朝食後からいよいよアントネッラさんの料理教室です。
教室に合わせて、春浅いタンボ・ロッジの庭で採れる山菜や野草を採取しました。
土筆、タンポポの葉と蕾、出始めたばかりのヨモギとフキノトウが取れましたよ〜〜。
さてどんな感じでこれらの素材がイタリアンになるか、とても楽しみです。

IMG_3124.JPG
人数多いから、古代小麦のパスタも豪快!!。
すごい量です。

IMG_3127.JPG
ビュッフェ方式で自分で盛り付けました。

IMG_3128.JPG
土筆もなんだかイタリアンです。
こんな風に使うとおいしいですよ〜〜。

IMG_3131.JPG
タンポポの蕾って、かなりおいしい!!。
初めて食べました。
タンボ・ロッジの庭にはたくさんあるタンポポ。
おいしいからたくさん採取すると、絶滅してしまいそう。(笑)
でもこれからは少し使ってみたいです。
だって今のうちだけですからね。
まもなく黄色い花が咲き始めます。

IMG_3133.JPG
フキノトウとヨモギはなんと!!自然農法のオリーブオイルで天婦羅に!!。
なんという贅沢さ!!。
めちゃおいしい!!。
採取してすぐに調理するフキノトウは、苦みが少なくてとても食べやすいです。

IMG_3134.JPG
自然農法の古代小麦を使った手打ちの生パスタ「オレッキエッテ 」も作りました。
手打ちパスタ、とてもおいしい!!。

IMG_3136.JPG
やや崩れ気味ながら、おいしそうに出来上がった「ラビオリ」。
ソースにはアントネッラさんの土地で採れたサフランも使っています。
超贅沢!!。

IMG_3141.JPG
楽しい会はあっという間に終わってしまいますね。
ランチが終わり、おなかも満たされたところでお開きです。
全員で記念写真を撮りましょう。
本当に楽しかったです。
皆様、遠くからおいでくださってありがとうございます。
そしてイタリアからやって来たアントネッラさん、異国で慣れないキッチンでの料理、本当にお疲れさまでした。
サポート役の朝倉さん、本当にありがとうございます。そしてお疲れさまでした。
posted by 料理長 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年04月24日

薪用原木到着!!。

今日、来シーズン用の薪にする原木がタンボ・ロッジにやって来ました。
結構量がありますねぇ。(;^_^A
連休が明けてから巻きづくりスタートです。
またまたマッチョになる季節、頑張ります。!!(#^.^#)グー
しかしまだ少し雪が残っていますよ。(笑)

IMG_3112.JPG
posted by 料理長 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年04月10日

春の散歩道

今日は日差しも強く、暖かい!!。
待ちに待った春の訪れを感じる日和です。
最高気温も11℃まで上がりましたよ。
そこでタンボ・ロッジから歩いて散歩に出かけてみました。
雪解け水で増水する川やせせらぎの戻った小さな小川、白樺林の前にある池の氷も融け、本当に春を感じる散歩でした。

IMG_3058.JPG
タンボ・ロッジの周りの雪もだいぶ融けてきました。
しかし、除雪機で雪を飛ばしたところにはまだまだ固まった雪が!!。
支配人の背の高さに近いくらいの雪の山です。
早く融けないかなぁ〜〜。
あの下に春の花、水仙が植わっているので、早く花を見たいです。花見(さくら)

IMG_3061.JPG
雪原に埋もれていたせせらぎが戻ってきました。

IMG_3063.JPG
白樺林の前の氷結していた池も融けてきましたよ。

IMG_3065.JPG
もう道は問題なく普通のタイヤで走れますよ〜〜。
春のお散歩はとても気持ち良い!!。
今日は6q歩きました。
ちょっと冬の運動不足で足がだるいです。(笑)
posted by 料理長 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年04月07日

環坂

昨日は私たちの??回目の結婚記念日(本当は4月2日です)なので、ちょっと豪華なコース料理を宇都宮でいただいてきました。
ごちそうを頂いたお店は、宇都宮市にある有名店、「環坂」。
私たちは肉を食べないのですが、それに対応してくれるので、魚メニューを楽しんできました。
落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりとした食事ができる、私の大好きなレストランです。

IMG_3012.JPG
わ〜〜い、今日はごちそうを頂けるぞ〜〜・・・と喜ぶ支配人です。

IMG_3041.JPG
この日の私たち用のメニューがこちらです。
素材にこだわり、(野菜類はオーガニック)とてもおいしい料理がいただけるので、とても楽しみです。(^^♪メロディ♪♬~♫!

IMG_3017.JPG
まず最初は「春キャベツと蕪のポタージュスープ」。
とても濃厚でおいしいです。

IMG_3018.JPG
前菜と呼ぶには豪華すぎるプレート。
大きなプレートに盛られたオーガニック野菜たちと湯引き蛸、ナメタカレイ。
しばらく前にこのお店に伺ったときは、この大きなお皿が「陶器」だったような気がしますが、今回はなんと!!「漆塗り」の木の器です。

IMG_3023.JPG
これはおいしい・・・と一心に食べる支配人。
しっかりと噛み締めて味わっている様子です。

IMG_3025.JPG
「真鯛のグリエ」です。
真鯛の下のクリームもおいしい!!。
上にかかった緑色は菜花の餡だそうです。
春のメニューですね。

IMG_3027.JPG
さて、メインディッシュです。
本来なら肉が出るところを、私たち用に魚に替えてくれています。
魚は「ナメタカレイ」。
黄色いボールはマッシュポテトです。

IMG_3033.JPG
さらにここで変化球!!。
その魚をも替えて、「蓬麩」(生麩です)でもOKとのことで、私はこちらにしました。
日本の伝統的な食材の生麩、こんな使い方も楽しいですね。
そしておいしいです。

IMG_3031.JPG
ご飯ものはこちら、「蓮根入り炊き込みごはん」です。
大盛りを頼んじゃった(笑)。

IMG_3035.JPG
デザートがこれ、「清峰オレンジ」を白ワインでコンポートにして、それからシャーベットにしたというひと手間かけたデザートです。

IMG_3037.JPG
食後は眺めの良い別室でくつろぎながらお茶と一口のお菓子が出されます。
結婚記念日をサプライズして、ローソクと小さなお花を飾りにつけていただきました。
とっても満足いく記念日になりましたよ。
坂寄シェフ、お心配りをありがとうございます。
posted by 料理長 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年04月01日

諫早の眼鏡橋

3月28日(火)は九州からの帰り道、長崎にちょっと寄るところがあって、でも時間的に一気には行けないので、長崎に近い諫早に泊まりました。
朝目覚めてみると外は雨!!。
でもせっかく諫早まで来たのだから、名物の「眼鏡橋」まで散歩しました。

IMG_2968.JPG
雨模様の眼鏡橋。
雨が池に降り注ぐので、反射して眼鏡になるはずの風景がそうなりません。
ちょっと残念。

IMG_2973.JPG
反対側へ回ると、メガネらしく見えましたよ。!(^^)!
posted by 料理長 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年03月12日

松おかの「酒饅頭」

つい先ごろ、玄米と野菜のお店「松おか」さんで、こだわりの「べジ・酒饅頭」を作り、販売していることに気が付きました。
そこでさっそく注文!!。
冷凍便で送られてきた酒饅頭を自然解凍し、蒸かして食べるととてもおいしい!!。
あんこは自然農法の小豆をオーガニック・デーツで甘みを付けたもの、皮は国産の南部小麦を使っているそうですよ。
冷凍なので、気が向いたときに少しずつ食べられるのがうれしいです。

IMG_2907.JPG
蒸かしたてはとてもおいしそう!!。

IMG_2910.JPG
酒粕もたっぷり入っているので、お酒の甘い香りがとても良い感じです。
そして餡子がぎっしり詰まっていてうれしいです。!(^^)!
posted by 料理長 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年03月01日

Guatapéの広場のカフェで朝食を

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、朝のグアタぺの町を散策しながら、町の中心の広場までやってきた私たち。
そろそろ朝食を食べたくなってきたので、広場にあるカフェに入ることにしました。

IMG_1858.JPG
広場のカフェは賑わっていました。

IMG_1743.JPG
何やら「ドーナッツ」みたいなものを買っている人がいます。
しかも、次々に売れている!!。
おいしそう!!。
ということで、このお店に吸い込まれるように入る私たち。(笑)

IMG_1741.JPG
ケースの中には大量のドーナッツが。
実はこれ、ドーナッツではありません。
聞いてみると、「Pan de queso」(チーズパン)だといいます。
ではさっそくこれを食べようかな。

IMG_1740.JPG
なんだかおいしそう!。
食べてみると、モチモチしたチーズパンです。
これ、日本で一時流行ったブラジルのチーズパン「ポン・デ・ケージョ」と同じです。
そういえばポルトガル語でパン=ポン、チーズ=ケージョだから、それをスペイン語にすると「パン・デ・ケソ」になるんですね。
キャッサバ芋の澱粉を使うので、モチモチなんですよ、これ。
それにしてもおいしいなぁ。
おかわりしちゃおっと。(笑)

IMG_1744.JPG
さらに、ミルク入りマンゴージュースも飲みました。
まったりしていて甘くてコクがあっておいしいです。

IMG_1745.JPG
支配人はこんなのまで頼んじゃいましたよ。
野菜オムレツ、パン付きです。
結構なボリューム!!。
posted by 料理長 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年02月28日

久しぶりの散歩

今日は久しぶりに快晴の穏やかな日和。
2月も今日で終わるので、そろそろ春らしさが感じられるタンボ・ロッジ周辺です。
そんな穏やかな日和なので、確定申告で頭から煙を出している支配人(笑)の頭を冷やすべく、気分転換を兼ねて歩いて片道2qの氏神様へお参りに行ってみました。

IMG_2831.JPG
道路わきの雪もだいぶ背が低くなってきましたよ。
少し茶色い地面も顔を出しています。

IMG_2833.JPG
氏神様の「山神社」へ到着です。
雪のため、鳥居に頭がくっついてしまいます。(笑)
ずいぶん積もったもんだなぁ〜〜。
今年は雪が多かったからね。

IMG_2834.JPG
ここ、本当は畑の畦道です。
一面の雪に覆われていますが、春の雪なので、そんなに踏み込んでも沈まないんですね。

IMG_2846.JPG
お参りの帰り道、「セッケイカワゲラ」という昆虫を発見!!。
この虫、この辺りでは「雪虫」と言われています。
この虫が雪の上を歩き始めると、この先大雪は降らないといわれています。
毎年この雪虫を見ると、私は本当にうれしくなるんですよ。
だって大雪が本当に降らないんだもの。

IMG_2861.JPG
タンボ・ロッジの周りはこんな状況です。
今カメラで写しているところは、本当は平らな地面です。
まるで小山になっちゃっていますね。

IMG_2866.JPG
雪の小山の中にある、タンボ・ロッジの「山栗」の木です。
支配人の立っているところは、雪がないと背丈よりも3mくらい高いところなんですが、そこに手が届いてしまいます。
しかしもう大雪は降らないんだもんね。
うれしいです。
posted by 料理長 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年02月03日

せっせと除雪!!

このところの大雪で、毎日除雪に励む私。
そろそろ疲れたので、早く除雪しない日が来てほしいです。結構積もりましたよ〜〜。
雪遊びもしたいけれど、除雪の後にやる気力はありません。(笑)

IMG_2725.JPG
昨日から今日にかけては、30pくらい積もりました。
除雪機「スノちゃん」が大活躍。

IMG_2729.JPG
屋根の直下の雪は取り除いておかないと、気温が緩んだ時に屋根から大量の雪が落ちるので、建物が穴倉になってしまいます。
だから頑張らなくっちゃ。
結構積もったでしょ。

IMG_2740.JPG
もう人の背丈を越える積雪になりました。
posted by 料理長 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳