2017年10月17日

晩秋の尾瀬を歩く

今日は本当に久しぶりの良い天気。
そこで待ってましたとばかりに、紅葉の盛りを過ぎた尾瀬を歩きに出かけてみました。
今回は、沼山峠から入り、尾瀬沼から2時間ほどで往復できる小さな湿原「小淵沢田代」へ行ってきました。
小淵沢田代は、ほとんど訪れる人もなく、静寂そのもの。
賑やかな尾瀬の近くなのに驚くほど静かな山旅を味わえました。
そして紅葉は、尾瀬ではもう終わりだったけれど、行き帰りに楽しむことができましたよ。

IMG_4895.JPG
朝9時の御池発のシャトルバスに乗り、起点の沼山峠を目指します。
ブナの原生林越しに眺める紅葉が最高に綺麗!!。
朝日を浴びて眩しいくらいです。

IMG_4898.JPG
尾瀬沼の岸辺の大江湿原に下りてきました。
草紅葉がとても綺麗です。
さすがに初夏にはあんなに楽しめた高山植物の花は一つもありませんでしたが、こんな風情の尾瀬もとても美しいです。

IMG_4901.JPG
大江湿原から小淵沢田代を目指して登りにかかります。
標高差200mくらいを登りますが、道はぬかるんでいるものの、そんなに厳しい道ではありませんでした。
さすがにすれ違う人もなく、とても静かな山道です。
ここも尾瀬とは信じられないですよ!!。

IMG_4906.JPG
歩くことおよそ50分、小淵沢田代の到着です。
とても広々としていて、なんだか気持ち良い!!。
そして静寂が広がります。

IMG_4907.JPG
湿原からは、日光白根山が良く見えました。

IMG_4909.JPG
こんな幻想的な「池糖」までありました。

IMG_4917.JPG
静かな湿原に付けられた道は、たった1本の細い木道。
いかに人が少ないかがわかります。

IMG_4918.JPG
さて、木道が新しくなった場所でランチタイムです。
山での私たちのランチは、インスタントのベジラーメンが定番です。
だって朝急いでおむすび作らない分、寝坊ができるからね。(笑)
風が冷たいこんな日は、熱々のラーメンのおいしいこと!!
山奥で食べるラーメンは、インスタントでも高級ラーメン店のそれと引けを取らないように感じてしまいます。(^O^)/

IMG_4919.JPG
ゆっくりと小淵沢田代で休憩した後、再び山道を通って尾瀬沼へと歩いて行きます。

IMG_4921.JPG
尾瀬沼に到着です。
大江湿原と東北最高峰の燧ケ岳。

IMG_4925.JPG
西日を浴びて、帰途につきました。
大江湿原の名物の3本唐松が西日を浴びて美しい!!。

IMG_4932.JPG
帰り道、「モーカケの滝」に寄っていきました。
駐車場から2〜3分で滝の展望台に着きます。
紅葉、思ったよりもまだでしたが、夕方の風情の滝はとても美しい!!

IMG_4933.JPG
モーカケの滝展望台からの紅葉も少しずつ進んでいる様でした。
posted by 料理長 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月16日

薪ストーブスタート

今日はなんだか寒い日ですね。
そこでさっそく今シーズンの薪ストーブがスタートしました。
赤く燃える炎を見ていると、とても癒されます。
暖かい火の傍でコーヒー飲むと最高!!。(^O^)/

IMG_4893.JPG
posted by 料理長 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月14日

わんこみたいな紅生姜

わんこみたいな紅生姜発見!!。
しょうもない記事ですいませんでした。(笑)

IMG_4871.JPG
posted by 料理長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月13日

日・水・土

前回の投稿から少し日にちがあいてしまいましたが、先週の金曜日(10月6日)に日帰りで東京に出かけたわたくしは、ランチは高田馬場にある自然はイタリアンのお店「カーポラヴォーロ」でいただきましたが、ディナーは銀座にあるナチュラルハーモニーのレストラン「日・水・土」でいただきました。
実は支配人は九州の宮崎の実家に用事で里帰りしていたのですが、この日に帰って来るので、「日・水・土」で待ち合わせていたんです。
そして移転して初めてのこのお店でディナーをいただきました。

IMG_4848.JPG
移転して初めて食べに行った「レストラン 日・水・土」。
お店は前の店舗と比べてかなり小さくなっていました。(面積が)
なんだか随分とこじんまりした感じの佇まいです。
ちょうどシェフが現れた瞬間をパチリ。(笑)
とても落ち着く雰囲気だけど、やはりちょっと古ぼけた感じの前の店舗のほうが馴染みがあって良かったなぁ〜〜。(個人的な感想です。)

IMG_4849.JPG
この日は電車ですからね、思い切り飲みましょう。
と言う訳で、天然酵母のビールを飲む支配人。
宮崎帰りで疲れているけれど、ほっとした感じでうれしそう!!。

IMG_4851.JPG
今回はなかなかこれない夜のディナーなので、ちょっと奮発して 「ハーモニーディナー 〜 水 〜 6,500yen」を頼んでみました。
少し魚系が入るけれど、個々の素材は安心の自然素材ですからね。
こちらのプレートは、最初の「アミューズ」。
季節の自然農法野菜にこのお店得意の「マイグルトのマスタードソース」がかかっています。
野菜ってこんなにおいしい!!、ということを改めて認識させるアミューズです。

IMG_4852.JPG
次の前菜は、3つの中から選びます。
支配人が選んだのは、「天然鮮魚のカルパッチョ 」。
脂ののった刺身がおいしそう!!。

IMG_4855.JPG
私の頼んだのは、「季節野菜とお豆腐のサラダ」。
野菜だけで十分のおいしさです。

IMG_4856.JPG
次は「温製オードブル」。
一番手前の大きいのは「マコモタケ」。
マコモタケのこんなに大きいのは初めて食べました。
結構おいしいんですね。

IMG_4858.JPG
そしてメインディッシュは野菜料理、魚料理、肉料理のいくつかあるリストの中から一つを選びます。
私の選んだのはこちら、「天然わら納豆と魚介類の爆弾」。
爆弾という言葉に惹かれたのですが、なんだかとてもシンプルです。
納豆はうちでも自然農法の大粒大豆の納豆を食べているので、ちょっと感動が薄かったなぁ〜〜。
もう一工夫があると思っていたので少し残念ですが、おいしかったです。

IMG_4860.JPG
支配人の選んだメインディッシュは、「本日の天然鮮魚のポワレ」。
こちらの方がおいしそう。人のものは良さそうに見えるとはこのことなり。(笑)
ビーツのソースが鮮やかで食欲をそそります。
そしてメインディッシュには天然酵母のパンが付いてきました。

IMG_4862.JPG
そして最後の料理はこちら、「魚介の自然栽培玄米リゾット サフラン風味」。
これ、おいしい!!。
おかわりしたい位です。(笑)
でももうお腹いっぱいです。

IMG_4863.JPG
さあ、別腹のスイーツ・・・。
なんと!!9種類の盛り合わせです。
それってすごい!!。
楽しみ〜〜〜。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4868.JPG
9種類の盛り合わせスイーツです。
これはくらくらと来ちゃいますね。
とても満足です。

そして私たちは、浅草発9時の特急に乗り、鬼怒川温泉へと向かいます。
車を鬼怒川温泉に止めて来たので、結構遅くまで東京に滞在できるんですよ。
でもタンボ・ロッジに着くころは、日付が変わるころなんですけどね。
posted by 料理長 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月05日

菓子工房ハルディンの「おやつ定期便」(6)

菓子工房ハルディンの6回目となる「おやつ定期便」が届きました・・・というか、取りに行きました。(笑)
しかしおやつ定期便は今回で一区切りになってしまいます。
本拠地にしていた加工所が、都合で11月から冬季閉鎖になってしまうためです。
年中使える加工所が確保できるのが一番良いのだけれど、今年から始めたお菓子工房なので、こうしてさまよう時もあるんでしょうね。
でもきっと新しいところが見つかって、定期便は早期に開始してくれると思っています。
だって私にとって、月に一度の楽しみなんだもん!!。
早く見つかると良いな〜〜。

IMG_4823.JPG
posted by 料理長 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月03日

助っ人登場

タンボ・ロッジの山栗が不作ということを聞きつけて、長野県の「野楽里ファーム」から、自宅の裏に生えている樹齢100年の栗の木の実が届きました。
この100年栗も山栗に負けず劣らずおいしいんですよ。
それにしても山栗と比べると大きい!!。
写真の大きい栗に混ざって極端に小さいのがあるでしょ。それがタンボ・ロッジの山栗です。
山栗って本当にに小さいんだねぇ。(笑)
送ってくださった「野楽里ファーム」の遠藤さん、本当にありがとうございます。
これでかなり栗系のスイーツがタンボ・ロッジでお出しできることになりました。
とてもうれしいです。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4819.JPG
posted by 料理長 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年09月30日

山栗の収穫終わる

タンボ・ロッジの秋の食卓に欠かせない山栗。
今年は8月の日照不足により、不作の年でした。
それでも少しは採れました。
でも例年の半分以下で、豊作だった昨年の3分の1にも満たない量しか採れませんでした。
あとは今まで採る度に加工し、冷凍しておいた在庫が無くなったら終了です。
今年は短い秋になりそうだなぁ〜〜。(-_-)

IMG_4809.JPG
posted by 料理長 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年09月26日

山栗採り

山栗大好きな松岡さん。
今日の朝は早起きして山栗拾いに精を出します。
だんだん拾いつくしたころ、なんと!!ジャンプして栗の枝をつかみ、木をゆすって実を落としにかかりました。
ダメダメ、そんなことしたら!!、栗の木に変なプレッシャーを与えないでくださいね〜〜(笑)。
そんなことすると、頭にイガが直撃ですよぉ〜〜。(大笑い)

IMG_4804.JPG
posted by 料理長 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

内職の風景(笑)

贅沢な山栗三昧のタンボ・ロッジのディナーの後、使った山栗の分以上に、みんなでまるで夜なべの内職のように、茹でた山栗の加工をしました。
山栗の皮を剥くのが上手な松岡さんは皮剥きを、私は包丁で山栗を半分に切る係り、後の支配人とお二方は半分に切った山栗をほじくり出す係りです。
なんだか井戸端会議の様で、とても仕事がはかどりましたよ。(笑)
手伝ってくださった皆様、ありがとうございます。

IMG_4799.JPG
posted by 料理長 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年09月24日

チョコアイスの山栗モンブラン・パフェ

昨日のタンボ・ロッジの夕食後のマクロ・スイーツは、ちょっと贅沢なスイーツです。
何しろ不作と思われていた山栗が結構巻き返して採れているからね。(^O^)/
てっぺんに乗っている茶色い尖った栗らしきものは、茹でた山栗の皮を剥いて、ココアを入れた「飴」でコーティングしたものです。
なかなか良い感じにできました。!!!

IMG_4775.JPG
posted by 料理長 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳