2016年07月31日

ススキ

やっと梅雨が明けました。
夏空が広がるタンボ・ロッジ周辺。
しかし、もうススキが穂を出し始めました。
だって「立秋」まであと1週間ほどですからね。
季節は確実に進んでいきます。

IMG_8084.JPG
夏空広がるタンボ・ロッジ周辺。
青く透き通った空が印象的です。

IMG_8087.JPG
早くもススキが穂を出していますよ。

IMG_8088.JPG
峠に向かう道にもススキが。
posted by 料理長 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年07月27日

パソコン入れ替え作業中

なんと!!、7年ぶりにパソコンを買い替えました。
7年もたつと、データーの互換性がなかったり、ソフトが動かなかったり、なかなか引っ越し作業に手間取りました。
夜な夜な頭が温泉温泉になる私(笑)
でも、やっと投稿できるまでになりましたよ〜。(^^♪
あ〜〜、しんどかったなぁ〜〜。

IMG_8049.JPG
posted by 料理長 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年07月21日

那須の茶臼岳に登ってきました

今日は、天気はいまいちでしたが、運動のために那須の「茶臼岳」に登ってきました。
そろそろ本格的な夏山シーズンですからね。
でも、この時期からタンボ・ロッジは一番忙しい時期になるのですが、マクロビオティック・スイーツ教室も、秋の超上級を残すだけになり、少しは手が空いてきたので、すきを見て、ゲリラ的に登山をしています。

IMG_8024.JPG
登山開始は10時半くらいでした。
結構のんびり出発したのでね(笑)。
最初は少し霧雨が降っていましたが、登るにつれて、天気は回復!!。
稜線が近付くと、向かいの山がはっきりと見えてきました。
こりゃあ幸先がよいですよ〜〜。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_8025.JPG
稜線に到着し、少し休憩後に山頂を目指します。
写真の左奥に聳えているのが目的の「茶臼岳」ですからね。
天気も回復し、青空まで見えているから頑張らなくっちゃね。

IMG_8027.JPG
稜線に立つ「峰の茶屋避難小屋」がもう眼下に見えていますよ。

IMG_8029.JPG
そして山頂に12時半ころに到着!!。
持参のベジラーメンやお煎餅を食べ、ランチタイムの後、山頂に祭られた山の神様にお祈りして下山しました。

IMG_8037.JPG
山頂の下の道の脇には、あちこちにこのような「噴気孔」が。
辺りには硫黄の匂いが立ち込めています。
地面を触ると温かい、というか、熱いです。
茶臼岳は活火山なんですね。

IMG_8038.JPG
賽ノ河原のような場所を通り、元来た道を引き返し、下山します。
また時折霧雨が降り始めました。

IMG_8039.JPG
下山後は、疲れを癒すために、下山口に近い一軒宿の秘湯「北温泉」に入りました。

IMG_8040.JPG
いくつもお風呂があり、楽しいレトロな温泉ですよ。
河原の露天風呂は、だれも入っていませんでした。
湯量がとても豊富です。
あ〜〜、極楽極楽。♪♩ ♫♬〜♪〜
posted by 料理長 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年07月12日

田代山に登ってきました

今日は本当に梅雨の間の貴重な快晴の日。
そして湿度も低く、とてもさわやかな一日でした。
そんな貴重な晴れ間の中、タンボ・ロッジから一番近いメジャーな山の尾瀬国立公園にある「田代山」に登ってきました。
この山は、私たちの体力を測る山と言っても良く、毎年1度は必ず登る山なんですよ。

IMG_7930.JPG
快晴に恵まれて、登山口から歩くことおよそ1時間半、途中にある「小田代湿原」に到着です。
雲ひとつないほどの快晴、そして「ニッコウキスゲ」が咲いていました。

IMG_7935.JPG
登山口から登ることおよそ2時間、頂上湿原の端に飛びだしました。
トンボが舞い、ニッコウキスゲが咲き乱れる天井の楽園到着です。

IMG_7939.JPG
田代山山頂の湿原の真向かいには、百名山の「会津駒ヶ岳」がそびえ立つように横たわっています。
本当に良い眺めですよ〜〜。
ここで私達はお弁当をいただきました。
あ〜〜気持ちが良い!!!。

IMG_7946.JPG
ニッコウキスゲとトンボ。
この季節ならではの組み合わせです。

IMG_7949.JPG
頂上湿原のお散歩は、本当に気持ちが良いです。

IMG_7959.JPG
今まで何回となくこの「田代山」に登って来たけれど、これだけの快晴に恵まれたのは本当に珍しいです。
頂上湿原からの眺めも最高です。
私達がいつも下から仰ぎ見ている山々が、同じ目線の遥か彼方に並んでいます。
素晴らしい!!。

そしてこの後下山、帰りには、ふもとの「湯の花温泉共同浴場」によって、汗を流して帰りました。
今日は本当に良いリフレッシュが出来ました・・・が、帰ってから筋肉痛に!!。
日ごろからもっと運動しなくっちゃね(笑)。
posted by 料理長 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年07月07日

ブルーベリー摘みに出かけました。

今日は、タンボ・ロッジから車で1時間半のところにある「にしやまブルーベリー園」にブルーベリーを摘みに出かけました。
こちらの農園では、無農薬、植物性堆肥のみの使用で安全なブルーベリーを育てています。
ちょうど今が旬の時期、摘み取りは今年は7月の終わりころまで出来るそうですが、早くジャムを作りたくて、今日出かけてきました。

IMG_7869.JPG
朝起きると、雨が降っていましたが、「にしやまブルーベリー園」に到着した時くらいにやみ、暑くも無く収穫日和です。
アマガエルがブルーベリーの葉の上でお出迎えしてくれました。

IMG_7871.JPG
大きい実をつけたブルーベリー。
こちらでは結構いろいろな品種を育てていて、味の違いを堪能できるんですよ。

IMG_7872.JPG
さっそく摘み取る支配人。
雨の後だから、結構木が濡れているので、合羽を持ってくればよかったと後悔しました。

IMG_7873.JPG
さっそく味見の支配人。
これ、おいしい!!(笑)。

IMG_7875.JPG
では別の品種の木も味見です。
味見というよりは、もうたらふく食べているよ〜〜(笑)。
という私もたくさん食べちゃいました(笑)。
今回はなんと!!5kgもジャム用に収穫!!。
帰ってからブルーベリーを洗って、米飴を作って、本格的に作るのは週明けになりそうです。
がんばるぞ〜〜!!。
posted by 料理長 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年06月29日

100%米粉料理教室「コメコマキ」さんにて米粉パンを習いました。

今日はとてもスペシャルな日でした。
栃木県の小山市の、100%米粉料理教室「コメコマキ」さんにて、プライベートのレッスンを受けてきたのです。
「こめっ粉40」を使ったマクロ・スイーツはタンボ・ロッジの得意技ですが(笑)、米粉100%ののパンをいかに小麦の食パン並みに膨らまして焼けるか、ということがタンボ・ロッジの課題だからです。
タンボ・ロッジは色々な方が来られます。
もちろん時々「小麦アレルギー」の方も。そして「化学物質過敏」の方も。
だから、そう言う方が食べられるように、米粉100%のパンを焼いてきましたが、どちらかというと、「小麦全粒粉のパン」のような感じのパンでした。
だからね、たまには「食パン」を出したいんですよ。しかもオーガニック、または自然農法の材料を使ってね。
というわけで、とても楽しみにしていたレッスンを受けて、大満足のわたくしです(笑)。
今回は、同じ志の方2名と、私と支配人の4名での教室となりました。

IMG_7740.JPG
まずは「フォカッチャ」から作ります。
なにしろ短い時間ですべてをやるのは、「発酵」物だけに難しいんですね。
そこで、このフォカッチャは、発酵して焼く直前まであらかじめ先生が仕込んでくれていて、私達はそれを見るだけとなりましたが、とても美味しそう!!。
早く食べたいです(笑)。

IMG_7757.JPG
米粉100%のフォカッチャが焼き上がりました。
めちゃくちゃおいしそう!!。

IMG_7760.JPG
フォカッチャの断面です。
一口いただきましたが、めちゃうまです。

IMG_7774.JPG
色々と目から鱗のレッスンでした。
そして参加者それぞれが仕込んだ米粉100%パンが焼き上がりました。
おいしそ〜〜〜!!。

IMG_7768.JPG
実は米粉100%のパンは、焼き立てはべとついて、切れないんですよ。
冷やさないといけないんですね。
だから、「試食」用のパンは、あらかじめ先生が作っておいてくれました。
見た目も食パンですよ。

IMG_7775.JPG
さあ、米粉100%のパンでサンドイッチを作ります。
中身は先生があらかじめ用意してくれました。
素晴らしい!!。
支配人だけカメラ目線(笑)。

IMG_7782.JPG
出来ましたよ〜〜。
きゅうりのスープにおかずとサンドイッチ。
茶色いパンは、最近先生がはまっていると言う「ココアパン」です。
これ、すごくおいしい!!。
もちろん全部おいしいですよ。
この日はベジ仕様にしてくださっていました。

IMG_7783.JPG
滝口シェフは欲張って中身をたっぷりと詰め込んだので、こんなに膨らんだサンドイッチに(笑)。
もうここまで来ると、米粉ということを忘れてしまいそうです。
夢のような食パン、これから試食です。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7784.JPG
私を除く参加者と先生です。
食べる前の幸せなひと時です。
では、いただきま〜〜す。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7786.JPG
かぶりつく支配人の図!!(笑)。

先生、今日はプライベートの特別レッスンを、本当にありがとうございます。
とても参考になりました。
さっそく試作して、活用しますからね。
そして一緒に参加した皆様、どうもありがとうございます。
おかげさまでめちゃ楽しいレッスンになりましたよ。
posted by 料理長 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年06月28日

日・水・土

今日は日帰りで東京さ行って来たっぺ。
そこでおいしいランチをたらふく食べたもんね、おら。(笑)
ということで、今日の東京でのランチは、銀座にあるナチュラルハーモニーの自然食レストラン「日・水・土」でいただきました。
ここのレストランは素材にとことんこだわり、超安心な自然農法の野菜と穀物を中心に使っています。
さらにとても美味しいので、お気に入りのレストランなんですよ。
ここでついこの前にタンボ・ロッジにこられた方とバッタリ会ってしまいました。
驚いちゃった!!!。でも楽しかったです。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7729.JPG
初夏らしい自然農法野菜のアミューズ。
花も食べられます。
綺麗過ぎて食べるのもったいないくらい(笑)。

IMG_7730.JPG
そしてこれがメインディッシュのプレート。
こちらも夏野菜てんこ盛りですね(牛蒡以外)。
このプレートのほかに、自然農法のお米を羽釜で炊いたご飯と、天然麹菌の味噌を使った味噌汁が付いていて、、なんとおかわりできるんですよ。太っ腹!!。
しかも「銀座」ですからね、ここは。
もう本当においしくて、とてもゆっくりと食べました。

IMG_7733.JPG
そしてスイーツです。
こちらは乳製品と卵仕様のものですが、材料が素晴らしい「究極のシュークリーム」。
久しぶりに乳製品と卵のスイーツ食べた私。
なんだか昔懐かしいと感じる味わいです。(個人的な感想です)

IMG_7736.JPG
こちらは卵仕様ですが、米粉のロールケーキです。
米粉も卵を使うと、小麦粉のロール生地にまったく遜色なく焼けるんですね。
遜色ないと言うよりも、むしろおいしいくらいです。
もちろん卵は安全な自然卵だからかもしれませんが。
posted by 料理長 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年06月26日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス土日開催)3 回目

昨日から今日にかけては、「タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス土日開催)3 回目」の日でした。
上級クラスは、あと7月9日(土)を残して終わりになり、その後は最終段階の「超上級」になります。「超上級」を終了された方には、「修了証書」をお出ししようと考えています。
今回も、遠くから色々な方に参加していただき、とてもうれしいです。
参加された皆様、ありがとうございます。

IMG_7707.JPG
初日(6月25日)の午後3時半から教室がスタートです。
まず30分ほどお話をして、豪華なマクロ・スイーツの「オペラ」を作ります。
今回も人数の関係で、1台半作りました。

IMG_7708.JPG
1台目は私が生地を作り、2台目は参加された方にやっていただきました。
「オペラ」はとてもリッチな「ビスキュイ・ジョコンド」と言う生地で作ります。
そのリッチな生地をどうやって作るかがポイントです。

IMG_7709.JPG
生地の2台目を焼いている間に、みんなでタンボ・ロッジの庭に野生化している「ワイルドストロベリー」と言う小さいイチゴを摘みましたよ。
6月に入ってからこのイチゴがスイーツの飾りに大活躍していますが、そろそろ残念ながら終わりの時期になってしまいます。
この日まで有ってくれて、うれしいです。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7711.JPG
まだ結構摘めますよ〜〜♪♩ ♫♬〜♪〜。
かなり収穫できました。

IMG_7712.JPG
そしてこちらはこれからの木の実、「桑の実」を摘みに行きました。
こちらはタンボ・ロッジのすぐ傍にあるんですよ。

IMG_7713.JPG
まだまだ未熟な赤い実が多いですが、熟すと黒くなり、とても甘くておいしいです。
これからの楽しみですよ〜〜。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7714.JPG
さて、「オペラ」を組み立てます。
今回も「マーブルコーティング」にしました。

IMG_7716.JPG
オペラが完成し、あとは切ってデコレーションするだけになりました。
そこでお腹もすいたし(笑)、タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理のディナーを皆でいただきます。
料理を前に、皆さんの笑顔がとても眩しいです。☆彡

IMG_7718.JPG
夕食が終わり、チョコレートコーティングも固まったので、さっそく「オペラ」の盛り付けです。
皆でワイワイやりながらの作業は、とても楽しいですよ。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7719.JPG
こんな盛り付けも登場!!。
少なく食べたい方のために、薄く切ったオペラ。
でも、倒れちゃいそうなので、こうなりました(笑)。

IMG_7720.JPG
そして翌日は、朝食後に「白いレアチーズケーキ風」を作ります。
まずはそのレアチーズケーキの下の台の「薄焼きジェノワーズ生地」を作ります。
今回参加された方の中に、初級での課題の「シフォンケーキ」が「ういろう」のようになってしまったと言う方がおられましたので、その方にやっていただきました。
しかし、見事に完成!!。
コツをつかんでいただけたかな?。

IMG_7723.JPG
そして再び、ランチが終わって皆でデコレーションに入ります。

IMG_7724.JPG
「白いレアチーズケーキ風」の断面です。
真中に、フリーズドライのオーガニック・サクランボを入れて作りました。
食べ進むと、中から赤いのが出てくるってうれしいですね。
posted by 料理長 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年06月24日

薪割り終了!!

タンボ・ロッジの薪作りが終了しました。イェィ〜〜!!

IMG_7704.JPG
ペルーの助っ人、「カパックコーヤ」さんも大活躍!!。
頼もしかったですよ〜〜(笑)。

IMG_7706.JPG
しかし、今年は薪の木をを多く頼み過ぎて、薪小屋に入りきらないほどありました。
こんなにはみ出てしまいましたよ〜〜。
さすがの「カパックコーヤ」さんも、お疲れの様子です(笑)。
「デハオレハペルーニカエルゾ!!コンドハオマエタチガペルーニクルバンダナ。マッテイルゾ。ワハハハハ〜〜」
カパックコーヤさん、ありがとうございます。(笑)
posted by 料理長 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2016年06月09日

持ち回りの食の勉強会

6月8日(水)は、栃木県北部と福島県南部のマクロビオティック系のプロフェッショナルによる勉強会の日でした。
「勉強会」なんて呼んでいるけれど、実はね、豪華なディナーを楽しむ会でもあるんです(笑)。
地域限定で、同業者が集まり、持ち回りでおいしい料理を披露する、勉強会と情報交換を兼ねた、懇親会みたいなものですが、それぞれ作る側もかなりの頑張りで作るので、レベルアップにつながり、とても楽しい会なんですよ。
そしてこの日の担当は、なんとタンボ・ロッジ!!。
自分のところじゃん!!(笑)。
と言うことで、朝から頑張って仕込みました。
しかし、同業者同士だから、気兼ねがなく、とても楽しい会でしたよ。
そして楽しみながら、レベルアップを目指すなんて、とても良いことですからね。

IMG_7510.JPG
前菜はこちら、「パルミットのサラダ、ペルー風ソース添え、ルッコラの花を添えて」。
「パルミット」は、アスパラとタケノコを足したような味と食感で、実は「ヤシの新芽」なんです。
南米では良く食べられている食材ですが、最近はオーガニックの缶詰が手に入るようになりました。

IMG_7514.JPG
次は地味に見えるグラタンです。
しかし、これは「粒ウニもどきのグラタン」。
まるで粒ウニのように味をつけた「アマランサス」が中に隠れています。
アマランサスはアンデス原産の雑穀ですから、タンボ・ロッジではよく利用しています。

IMG_7515.JPG
前菜2種です。
「ツナもどきのロックチェア」と「太刀魚もどきのブルーベリーソース添え」です。
ロックチェアの背もたれは、米粉のトマトクッキーで、もちろん食べられますよ。
ブルーベリーソースは、甘いけれど塩味が付いています。
これがまた魚もどきと相性がとても良いので驚いてしまうくらいです。

13423966_823925654374167_7589956466683080037_n.jpg
スープです。
写真を撮るのを忘れていたので、参加された滝口さんのお写真をお借りしちゃいました。
「人参のポタージュスープ」です。
これは人参とレモンと玉葱とオリーブオイルと昆布だしと隠し味の味噌で出来ています。
シンプルだけれど、全て自然農法のものばかり使いましたから、とても味わいが深いです。

13346509_823925667707499_8620385415474921727_n.jpg
メインディッシュはこれ、アンデス原産のジャガイモを使ったペルー料理のベジ版です。
名前は「カウ・カウ・デ・モンドンゴ(Cau cau de mondongo)」と言います。
牛みたいな名前(笑)。
これは実は牛の胃袋を黄色い唐辛子とジャガイモで煮込んだペルー料理です。
胃袋、つまりセンマイなんですが、これを「蒟蒻」を使って、似たような食感で作っています。
じゃが芋ばかりだと、陰性な料理になってしまうので、白チューニョを入れてそれを緩和してみました。
この写真も撮り忘れたので、滝口さんのものを使わせていただきました。

IMG_7517.JPG
最後のスイーツは、最近ハマっている「ひよこ豆粉のレアチーズケーキ」。
もちろんチーズ不使用です。
今回はチョコレートで模様をつけてみました。
これもなかなか綺麗に見えて、うれしいです。

IMG_7521.JPG
あ〜〜、お腹いっぱい!!。
みんな完食しましたよ〜〜。
そして和やかに笑いながら時間が過ぎて行きました。

IMG_7523.JPG
怪しい3人組。
最近タンボ・ロッジの薪割りに登場する、ペルーのお祭りのキャラクター「カパックコーヤ」3人組です。
実はタンボ・ロッジにはこの仮面、3つあるんですよ(笑)。

IMG_7525.JPG
「カパックコーヤ」との会食の図(笑)。
薪割りお疲れ様会みたいになっちゃいました。
posted by 料理長 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳