2017年10月24日

パプリカのスペイン風マリネ

スペインの、今独立運動でもめているバルセロナのあるカタルーニャ地方の郷土料理に、「エスカリバーダ」という料理があります。
大きめのパプリカをオーブンで焼いて表面の薄皮を剥き、白ワインビネガーとニンニクとオリーブオイルでマリネにした、素朴だけれどとてもおいしい料理です。
この前、那須にあるイタリア料理のマクロビオティック・レストラン「Café Cuore Del Sol」さんでいただいて、なんだかおいしくて自分でも作りたくなってしまいました。
そんな折、数日前に大きめの黄色いオーガニックのパプリカを2個だけGET!!。
これは作るしかない・・・ということで、2個しかないから自分たちの賄で作って食べちゃいました。(笑)
黄色だけだとなんだか色的に物足りないから、赤い小さいカラーピーマンがあったので、それもついでに入れちゃいました。
なんだかとてもおいしくて、幸せな料理になりました。
あ〜〜、本場で食べたい!!。
でも気軽にスペインに行けないから、しばらく本場のは我慢です。(笑)

IMG_4974.JPG
posted by 料理長 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年09月26日

超贅沢!!山栗のポタージュスープ

今年は例年に比べて不作とは言え、ある程度採れたタンボ・ロッジの山栗。
全滅かと思っていただけに、とってもとっても嬉しいです。
そこで気をよくして、「山栗のポタージュスープ」を作っちゃいました。
使った材料は、山栗と昆布だし、玉ねぎとオリーブオイルと自然塩だけです。
トッピングは絹豆腐を生クリームのように使ったものを垂らし、山栗のほじくり出したものを浮かべ、天津甘栗を1個載せました。
本当は山栗のホールを載せたいところだけれど、不作の年だからね。(笑)
でもこのポタージュはもう出来ません。
だって山栗をこれ以上使ったら、モンブランが出来なくなってしまいますからね。

IMG_4790.JPG
posted by 料理長 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年08月29日

新メニュー

タンボ・ロッジのメインディッシュに新作登場です。
それは「ベジ魚の詰め物」。
ベジ使用の魚もどきをロールにし、中に詰め物をした料理です。
とっても手の込んだリッチな料理です。
このオリジナルは、2013年にスペインの巡礼の時に、「ポンフェラーダ」という町でいただいた時のものを参考に作りました。
もう4年も前ですが、まだはっきりと記憶に残る印象的な料理でしたからね。

IMG_4439.JPG
ロールにした魚もどきは、巻き湯葉と豆腐と雑穀の稗とで出来ています。
詰め物は、いろいろ野菜を細かめの角切りにして、オリーブオイルで炒めたものがびっしりと詰まっています。
ソースは煮崩れるかぼちゃとオーガニック白ワインで作りました。

IMG_692420E382B3E38394E383BC.JPG
こちらは2013年にスペインで食べたオリジナルの料理です。
魚は「ヒラメ」を使っていました。
posted by 料理長 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

山ウドの花

タンボ・ロッジの庭に自生している山ウド。
花をつけ始めました。
でもね、この花は食べられるんです。
玄米と野菜のお店「松おか」の松岡さんから教えていただきました。
なので、花より団子(笑)、さっそく天婦羅にして食べてみました。
山ウドの香りがして、とてもおいしいです。
秋に山菜を使えるなんて、思いもよりませんでしたよ〜〜。
松岡さん、ありがとうございます。

IMG_4395.JPG
自生している山ウドは、刈り払ってもこうして立派に花をつけています。
たくましさに驚き!!。

IMG_4435.JPG
さて、花より団子ということで、さっそくいただきましょうね。
お泊りのお客様にもお出ししましたよ。
posted by 料理長 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年08月16日

アヒアコ(コロンビアの伝統料理)

去年の私たちの長期南米アンデス旅行で、記憶に残る印象的なジャガイモのスープ「アヒアコ」をビーガン料理で再現してみました。
「アヒアコ」はコロンビアの伝統的なジャガイモのスープです。
中でも3種類のジャガイモを使うのが、首都の「ボゴタ」風だそうです。
3種類とは、煮崩れにくいジャガイモと、すぐに煮崩れてしまうジャガイモと、その中間のジャガイモを使うんですね。
つまり、3種類のジャガイモの食感を楽しめるスープなんですよ。
まるでポタージュスープのように濃厚なジャガイモのスープです。

IMG_4362.JPG
じゃ〜〜ん、これがベジ化したコロンビアの代表的なスープの「アヒアコ」。
だけどスープの容器の蓋があるので、串が1本中から出ている以外中身が一切わかりませんね。(笑)

IMG_4359.JPG
蓋を取ってみると・・・
ジャガイモのポタージュと、クリーミーな豆乳と、ケッパーと、串刺ししたトウモロコシです。
串を手に持ち、トウモロコシを食べながらスープをそそるととてもおいしいです。
ほぐした鶏肉の替わりに、刺身湯葉を使いました。
そして煮崩れている滑らかなジャガイモと、煮崩れていないほくほく感の残るジャガイモが混ざり、何とも言えない口当たりです。

IMG_1085.JPG
こちらは私たちが昨年のアンデス旅行の折、コロンビアの首都「ボゴタ」で食べた、伝統的な「アヒアコ」です。
かなりのボリュームがありますね。
食べ歩いた時の記事はこちらです。見てね。

IMG_1089.JPG
ほら、本場のものも串に刺したトウモロコシがどーんと入っていますよ。
posted by 料理長 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年08月13日

厚揚げのブルーベリーソース添え

先月にしこたま加工したブルーベリー。
滑らかなソースも作っておいたので、昨日のタンボ・ロッジの夕食に使いました。
少し昆布出汁と塩味をつけたブルーベリーソースの上に温野菜を乗せ、その上に魚のように下味をつけた厚揚げをスライスして乗せました。
とても夏らしいメニューです。( ^^) _U~~

IMG_4336.JPG
posted by 料理長 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年07月28日

荏胡麻の葉のコチュジャンソース漬け

自然農法の荏胡麻の葉が手に入ったので、さっそく手作りのコチュジャンを使って漬け込みました。
ちょっとピリッと辛い、しかしとてもおいしい荏胡麻の葉のコチュジャンソース漬けができましたよ。
これだけでご飯1杯食べられそうです。(笑)

IMG_4117.JPG
こんな風にタッパーに入れて冷蔵庫で保管します。

IMG_4114.JPG
こんなサラダも作ってみました。
一番下に荏胡麻の葉のコチュジャンソース漬けを1枚敷いています。
posted by 料理長 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年06月19日

タコもどき

昨日は「タコもどき」を作ってみました。
吸盤まであるよ。(笑)
シイタケって、いつもっ食べるときに蛸と食感と見た目がそっくりなので、何時か「タコもどき」をやろうと思っていたんです。
吸盤は「高キビ」を使って、それをピンセットを使って並べてみたのですが、うまく並べるのが結構大変でした。
なので、そんなにしょっちゅう作れないなぁ〜〜"(-""-)"

IMG_3566.JPG
posted by 料理長 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年06月15日

アスパラの金時豆味噌和え

旬の時期もそろそろ終わりの「アスパラガス」。
空豆ほどではないにしろ、旬の時期が極めて短い野菜ですね。
とてもおいしいので、もっと旬が長いと良いのになぁ。(-_-)
そこで今だけしか味わえない自然農法のアスパラを、昨年作った甘目でおいしい「金時豆味噌」とゴマで和えてみました。
とっても美味!!。
こうして季節はは着々と過ぎて行くんですね。

IMG_3451.JPG
posted by 料理長 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月19日

山ウドのパスタ

山ウドが本格的に利用できるようになり始めました。
タンボ・ロッジの庭のあちこちから顔を出す山ウドたち。
(食べたいがために山ウドはあまり刈り払わないので結構増えたんです。)
今日の賄ランチは、古代小麦の低温乾燥パスタで山ウドを利用してみました。
収穫してすぐに調理すると、本当に苦みが少なく、香り高いおいしい山ウドのパスタになりましたよ。

IMG_3322.JPG
収穫した山ウド。
丁度良い食べごろのものがそろいました。

IMG_3327.JPG
山ウドの良い香りが食欲をそそります。
春を感じるパスタ、なかなかいけますよ。
posted by 料理長 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理