2017年06月19日

タコもどき

昨日は「タコもどき」を作ってみました。
吸盤まであるよ。(笑)
シイタケって、いつもっ食べるときに蛸と食感と見た目がそっくりなので、何時か「タコもどき」をやろうと思っていたんです。
吸盤は「高キビ」を使って、それをピンセットを使って並べてみたのですが、うまく並べるのが結構大変でした。
なので、そんなにしょっちゅう作れないなぁ〜〜"(-""-)"

IMG_3566.JPG
posted by 料理長 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年06月15日

アスパラの金時豆味噌和え

旬の時期もそろそろ終わりの「アスパラガス」。
空豆ほどではないにしろ、旬の時期が極めて短い野菜ですね。
とてもおいしいので、もっと旬が長いと良いのになぁ。(-_-)
そこで今だけしか味わえない自然農法のアスパラを、昨年作った甘目でおいしい「金時豆味噌」とゴマで和えてみました。
とっても美味!!。
こうして季節はは着々と過ぎて行くんですね。

IMG_3451.JPG
posted by 料理長 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月19日

山ウドのパスタ

山ウドが本格的に利用できるようになり始めました。
タンボ・ロッジの庭のあちこちから顔を出す山ウドたち。
(食べたいがために山ウドはあまり刈り払わないので結構増えたんです。)
今日の賄ランチは、古代小麦の低温乾燥パスタで山ウドを利用してみました。
収穫してすぐに調理すると、本当に苦みが少なく、香り高いおいしい山ウドのパスタになりましたよ。

IMG_3322.JPG
収穫した山ウド。
丁度良い食べごろのものがそろいました。

IMG_3327.JPG
山ウドの良い香りが食欲をそそります。
春を感じるパスタ、なかなかいけますよ。
posted by 料理長 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月16日

コシアブラの混ぜご飯

タンボ・ロッジの庭にはいろいろな山菜が出ます。
でもたくさん採れるのは山ウドくらいで、あとは種類は多くても量が少ない!!。
そんな量が少ない山菜の一つ、「コシアブラ」を今日は収穫し、混ぜご飯にして食べました。
収穫してすぐに料理するからもう本当に灰汁が少なくておいしいです。
病みつきの味・・・だけどあまり採れない!!。
コシアブラは樹木なので、手の届かない高いところにはいっぱいあるんですけどねぇ。(笑)

IMG_3315.JPG
収穫もほんの少しです。
これよりたくさん採りたければ、梯子をかけないとね。(笑)

IMG_3318.JPG
めちゃおいしい春の味、コシアブラの混ぜご飯です。
posted by 料理長 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月14日

古代小麦パスタの行者にんにくジェノベーゼ

タンボ・ロッジの庭で今一番の盛りが「行者にんにく」です。
昨日は今ぴちぴちの(笑)行者にんにくを使った前菜を一品作りました。
行者にんにくをペーストにした緑のパスタ、トッピングは生の行者にんにくを刻んでパラパラとかけてみました。
なんだか春らしいパスタ、爽やかな緑色はとても映えますね。

IMG_3307.JPG
posted by 料理長 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月08日

行者にんにくのパスタ

春まだ浅い山里にあるタンボ・ロッジ。
でも確実に季節は進んでいます。
行者にんにくもだいぶ大きくなり、いよいよ食べる時が・・・(笑)

IMG_3216.JPG
だいぶ大きくなった行者にんにく。
とても良い香りが・・・・

IMG_3219.JPG
さっそく支配人が収穫しました。
周りの山はやっと芽吹き始め、少し木々が緑色になってきていますね。

IMG_3222.JPG
やった〜〜、今シーズン初の行者にんにくパスタ!!。
朝倉アイテムの低温乾燥古代小麦パスタとオリーブオイルを贅沢にもたっぷりと使いました。
味付けは自然塩だけ。
たった3つの材料ですが、どれも最高級ですよ。
だからとてもおいしいです。
posted by 料理長 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月07日

やっとヨモギが採れました

山菜の季節到来。
春遅い南会津の会津高原にあるタンボ・ロッジ。
やっと本格的に山菜が出始めたので、とてもうれしいです。
まず手始めは、まだまだ小さいけれどおいしいヨモギ。
そんなヨモギを天婦羅にしてみました。
衣は米粉にしてみましたよ。
これから山ウド、行者にんにく、こごみ、コシアブラなどが続きます。

IMG_3213.JPG
posted by 料理長 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年04月15日

ドライトマト完成!!

しばらく前からタンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井で乾かしていたとてもおいしい鹿児島県種子島産オーガニックトマト。
すごくよく乾いてきて、使えるようになりました。
昨日はそれを、イベリコ豚の生ハムに見立ててサラダの付け合わせにしてみました。
見た目は生ハム、またはビーフジャーキーそっくり!!。
味は濃厚な甘酸っぱいトマト。
これはたまりません。

IMG_3078.JPG
posted by 料理長 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年02月16日

山栗と小豆餡のあんぱん

IMG_2814.JPG
支配人がまたまた古代小麦を使ったあんパンを作りました。
中に入れた餡は、さすがに山栗はほんの少ししか残っていなかったので、最後の最後、振り絞るかのような「山栗餡」を通常の「小豆餡」で増量し、山栗&小豆餡で作りました。
この写真だと一つも中身がわからないですよね。(笑)

IMG_2813.JPG
断面です。
山栗より小豆が多いです。
そりゃあもう最後だもんね。
小豆だけでもおいしいんだけど・・・。(笑)
しかし、アサクラのイタリア産自然農法古代小麦はとてもこういうパンによく合いますよ~~。
皮も薄めに出来て、中身が多いリッチなあんぱんになりました。(^^)/
posted by 料理長 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年02月06日

小豆粥(パッチュッ)を作りました

去年の3月に韓国へ行った際に、日本人の私にとって、あまりにも衝撃的なお粥と麺を食べました。
その印象があまりにも強烈だったし、味もおいしかったので、昨日はそれを作って賄食で食べました。
それがね、めちゃうまなの。
何かというと、小豆粥(パッチュッ)。
しかし甘くないんです。
その時の記事はこちらです。
薄い塩味で、上にキムチを乗せて食べるのが本当においしい!!。
韓国で食べたときは、漉し餡でしたが、漉し餡作るよりも粒餡のほうが手間が少しかからないので、賄食だから粒餡仕様です。(笑)

IMG_2755.JPG
これだけ見ると、「白玉ぜんざい」だなぁ、どう見ても。
しかし、薄めの塩味です。
砂糖を入れれば白玉ぜんざいになってしまうところを・・・・

IMG_2760.JPG
上にキムチを乗せて食べました。
このキムチ、先週支配人が手作りしたもので、だいぶ味がなじんでおいしくなったので使いました。
この組み合わせ、もうめちゃうまです。
本当ですよ。!!
日本人は「豆類」は甘くするものだと決めつけていませんか?。
特に小豆。
甘くない塩味の小豆なんて、世間ではほとんど見かけませんからね。

IMG_674920.jpg
こちらは韓国で食べたオリジナル。
まだキムチを乗せる前の写真です。

IMG_675620.jpg
こちらは同じ韓国のお店で食べた「小豆うどん(パッカルグッス)」。
キムチを乗せて、薄い塩味で食べると絶妙です。
冬のこの時期に食べたい一品ですね。
posted by 料理長 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理