2015年09月23日

ペルー風2色のマッシュポテトの詰め物

最近良く手に入るようになった色々な品種の自然農法(無農薬・無施肥)のアンデス原産のジャガイモ。
またまたピンク色の「ノーザンルビー」と、紫色の「シャドウクイーン」を使った。ペルーの代表的な料理を作りました。
マッシュポテトにペルー風の味付けがしてあります。
酸味とちょっぴりのニンニクが効いて、おいしいんですよ!!。
トッピングには秋らしく、茹でた甘いビーツを葉の形にくりぬきました。
間もなくこういう紅葉が見られる季節ですからね。

IMG_4588 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

キヌア入りアンデス風カボチャのスープ

キヌアはアンデス原産です。そしてカボチャもジャガイモも・・・・
そんなアンデス原産野菜や雑穀のキヌアをたっぷり使った、具だくさんのアンデス風のスープがこれです。
「Chupe de chairo」(チュッぺ・デ・チャイロ)と言う名前ですが、地方により、色々なバージョンがあって、地方色豊かな味を楽しめるスープです。
タンボ・ロッジではもちろんベジタリアンで作っていますよ!!。

IMG_4589 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年09月21日

バターナッツカボチャのメインディッシュ

ほくほくタイプではない、そしてそれほど甘くないカボチャの「バターナッツ」。
しかし、カボチャの原産国のペルーでは、そんなカボチャが当たり前なんですよ。
ほら、ごつごつの、なんとなく京都の地カボチャ「鹿ケ谷カボチャ」に似た雰囲気ですね。
これはペルーのクスコの市場にて撮影しました。(写真1枚目)
そんな、おおよそ日本人には好まれそうにないカボチャ。
しかし、うまく料理すると、とってもおいしいんです。
そんなペルー料理を昨日は作りました。(写真2枚目)
「Locro de zapallo」(ロクロ・デ・サパージョ)と言う料理です。
もちろんアンデス・マクロビオティックなので、ベジ仕様です。

IMG_1585.JPG

IMG_4577.JPG
posted by 料理長 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年09月08日

3色ジャガイモのアンデス料理

3色のジャガイモを使って、彩り綺麗なアンデス・マクロビオティック料理。
ペルーでは3色使いません(笑)。もちろん1種類ですよ!!。
だけど、あまりに綺麗なので、3色にしちゃいました。
ジャガイモとニンニクとオリーブオイルと塩だけの料理ですが、とても奥深い味!!。
素材が最高級だからかなぁ〜〜。
この料理、ペルーでは「Papa al ajo」(パパ・アル・アホ)と言います。
パパはジャガイモのこと、アホはニンニクのことなんですが、いつも「お父さんがアホ!!」に思えて、笑ってしまう前菜です。

IMG_4414 コピー.JPG
posted by 料理長 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年09月07日

ペルー風マッシュポテトの詰め物がさらに美しく

土曜日のタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティックの前菜に、今までよりもさらに美しい色どりの「ペルー風マッシュポテトの詰め物」(Causa rellena)が登場しました。
下の紫色のジャガイモは、「シャドークイーン」、上のピンク色のジャガイモは、「ノーザンルビー」、そして真ん中の緑色のは、枝豆をみじん切りにし、豆腐のマヨネーズで和えたものを入れてみました。
もうなんだかジャガイモ料理じゃないような美しい色合い!!。
これ、全て素材の色なんて、びっくりです。

IMG_4404 コピー.JPG
posted by 料理長 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月30日

ボリビア風チューニョ・ハンバーグのメインディッシュ

久しぶりに作った「ボリビア風チューニョ・ハンバーグのメインディッシュ」。
これはボリビアの「コチャバンバ」と言う町の郷土料理をベジ化したものです。
本当は4種類のひき肉を使ったハンバーグで、めちゃくちゃ胃に重たいです(笑)。
牛、豚、鶏、羊の4種類ですからね。
だけど、タンボ・ロッジでは、超陽性の「凍結脱水乾燥じゃがいも」のチューニョから作ります。
薄く平べったいハンバーグの上には、目玉焼きが乗るのですが、昨日は「モチキビと麻の実」でそれらしくしてみましたよ。
ボリビア名は「Silpanncho Cochabambino」(シルパンチョ・コチャバンビーノ)。

IMG_4255.JPG
posted by 料理長 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

ベジ・鶏肉入り「ペルー風ポテトサラダ」。

こちらは大豆蛋白で作った「べジ・鶏肉」を使って作った「ペルー風ポテトサラダ」。
ペルーでは、「Salpicon de pollo」(サルピコン・デ・ポーリョ)と呼ばれている料理です。
出汁に使った後の、茹でて旨味が出た後のあっさりした鶏肉をほぐしてから、マヨネーズで和えたポテトサラダに混ぜ込んだ料理です。
だから、大豆蛋白の味付けも「淡泊」に・・・・なんちゃって、失礼いたしました。(^O^)/(笑)

IMG_4253.JPG
posted by 料理長 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

ボリビア風とうもろこしの蒸しもの

生のトウモロコシがある間に作るものは・・・・
「ボリビア風とうもろこしの蒸しもの」です。
これは、トウモロコシの皮に、すりつぶしたその中身をボリビア風に味付けしたものを包んで蒸す料理です。
アニスとシナモンとレーズンが入り、甘い味付けが美味しい、エスニック風スナックです。
生のトウモロコシが出回る今の時期限定ですよ!!。

IMG_4252.JPG
posted by 料理長 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月21日

チューニョ入り、アンデス風緑黄色野菜のスープ

だいぶ涼しくなってきたことだし、もうとっくに「立秋」(8月8日)を過ぎているし、太陽のエネルギーは秋まっしぐらですね。
そこで、タンボ・ロッジでも、体を温める超陽性の凍結脱水乾燥じゃがいもの「チューニョ」がしばしば登場する季節になりました。
ジャガイモはアンデス原産ですが、毒があることと、体を冷やす性質があります。
それを克服した、無毒で体を温めるスーパー素材がこのチューニョ。
これを食べると体が冷えません。
ジャガイモを主食に文明を立ち上げた、古代アンデス文明の知恵がここに凝縮されています。

IMG_4145 コピー.JPG
posted by 料理長 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月20日

トマトの冷製クリームスープ

昨日のタンボ・ロッジのディナーのスープは、「ペルー風、トマトの冷製クリームスープ」でした。
こうやって夏野菜をクルトンの替わりに浮かべると、とても綺麗ですね。
このアイデア、実は前の日に食べに行った、日光のベジタリアン・レストラン「野菜カフェ 廻」さんのパクリです(笑)。
このスープ、ペルーでは「タマリロ」と言う、トマトのような「木の実」を使うレシピなんですよ。
ナス科の常緑樹で、味は酸味のあるトマトという感じなので、その雰囲気をだすために、レモン果汁を少し入れて、酸味のあるさわやかな夏向きのスープに仕立てました。
タンボ・ロッジではもちろん牛乳ではなく、豆乳で作ります。

IMG_4165 コピー.JPG
posted by 料理長 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理