2015年08月30日

ボリビア風とうもろこしの蒸しもの

生のトウモロコシがある間に作るものは・・・・
「ボリビア風とうもろこしの蒸しもの」です。
これは、トウモロコシの皮に、すりつぶしたその中身をボリビア風に味付けしたものを包んで蒸す料理です。
アニスとシナモンとレーズンが入り、甘い味付けが美味しい、エスニック風スナックです。
生のトウモロコシが出回る今の時期限定ですよ!!。

IMG_4252.JPG
posted by 料理長 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月21日

チューニョ入り、アンデス風緑黄色野菜のスープ

だいぶ涼しくなってきたことだし、もうとっくに「立秋」(8月8日)を過ぎているし、太陽のエネルギーは秋まっしぐらですね。
そこで、タンボ・ロッジでも、体を温める超陽性の凍結脱水乾燥じゃがいもの「チューニョ」がしばしば登場する季節になりました。
ジャガイモはアンデス原産ですが、毒があることと、体を冷やす性質があります。
それを克服した、無毒で体を温めるスーパー素材がこのチューニョ。
これを食べると体が冷えません。
ジャガイモを主食に文明を立ち上げた、古代アンデス文明の知恵がここに凝縮されています。

IMG_4145 コピー.JPG
posted by 料理長 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月20日

トマトの冷製クリームスープ

昨日のタンボ・ロッジのディナーのスープは、「ペルー風、トマトの冷製クリームスープ」でした。
こうやって夏野菜をクルトンの替わりに浮かべると、とても綺麗ですね。
このアイデア、実は前の日に食べに行った、日光のベジタリアン・レストラン「野菜カフェ 廻」さんのパクリです(笑)。
このスープ、ペルーでは「タマリロ」と言う、トマトのような「木の実」を使うレシピなんですよ。
ナス科の常緑樹で、味は酸味のあるトマトという感じなので、その雰囲気をだすために、レモン果汁を少し入れて、酸味のあるさわやかな夏向きのスープに仕立てました。
タンボ・ロッジではもちろん牛乳ではなく、豆乳で作ります。

IMG_4165 コピー.JPG
posted by 料理長 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月17日

リアルな「魚もどき」

超リアルな「魚もどき」が私の最近のお気に入りです。
台湾の「素食」を食べた時に、魚もどきが「湯葉」で出来ていることに感動しました。
それを自己流に改良して、タンボ・ロッジ風に仕上げました。
ソースはアンデス風ソース。魚もどきの中に、アンデスの雑穀「アマランサス」を味付けして入れて、まるで「子持ちシシャモ」!!!。
こういうもどき料理は大好きです。

IMG_4129.JPG
posted by 料理長 at 12:25| Comment(1) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月15日

古代小麦「ファッロ」が入ったボリビア風スープ

このボリビア風スープは、アンデス原産野菜のカボチャと、中米原産野菜のトウモロコシを芯ごと入れた、とてもシンプルだけどコクがあるスープです。
Chupe Chuquisaqueño(チュッペ・チュキサケーニャ)と言う名前のスープですが、ボリビア中部の「チュキサカ地方」(世界遺産の街、スークレのある地方です)の郷土料理です。
現地では、お米を入れるのが通例ですが、タンボ・ロッジではこのスープの後のメインディッシュに「ご飯」を使うので、昨日はイタリア産古代小麦の「ファッロ」を入れてみました。
すると・・・・こっちの方が美味しいぞ!!(笑)。

IMG_4126.JPG
posted by 料理長 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年08月13日

チューニョ入り、アンデス風カボチャのスープ

昨日は「じゃが芋」メニューが多かったので、陰・陽のバランスを考えて、スープは「チューニョ」を入れたアンデス風カボチャのスープにしてみました。
挽き割りパスタの替わりに、「稗」も入れて、体が温まるスープになりましたよ。

IMG_4093 コピー.JPG
posted by 料理長 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

三色の前菜

昨日のタンボ・ロッジの夕食の前菜は、なんだかとても色が綺麗!!。

IMG_4090 コピー.JPG
綺麗な色のジャガイモを2種類使って、3色の「カウサ・レジェーナ」(ペルー風マッシュポテトの詰め物)を作ったら、めちゃくちゃ綺麗!!。
ピンク色の「ノーザンルビー」と、紫色の「シャドークイーン」。
どちらも自然農法で育てられたものなんですよ。
真中の黄色のは、ひよこ豆「チェチ」をツナ風にして、ちょっとターメリックで色付けしたものを使ったので、本当に美しい!!。

IMG_1579 コピー.JPG
ちなみにこの綺麗なジャガイモ、もちろん原産地のアンデスでも食べられていますよ。
ポテトチップスなんかにすると、とても綺麗です。
こんな袋に入ってクスコの街で売られていました。
なんだかインカっぽい!!。

PC046394 コピー.JPG
中身は2種類、まさしく2色のジャガイモでした。
ジャガイモが1000種類以上あるといわれている原産国、さすがです。
posted by 料理長 at 10:14| Comment(3) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年07月28日

前菜がスイーツみたい!!(笑)

昨日のタンボ・ロッジの前菜の一つはこれ。
「ペルー風マッシュポテトの詰め物」。
まるで見た目がスイーツです。(笑)
マッシュポテトもレモン果汁とオリーブオイルとニンニクを練り込んで、味がペルー風です。
中身は大豆たんぱくとひよこ豆と豆腐のマヨネーズを使って、ツナ風にしてありますよ。オリジナルはツナだからね。

IMG_4026.JPG
posted by 料理長 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

アンデス野菜のペルー風炒め物

昨日のタンボ・ロッジのディナーのメインディッシュはこちらです。
アンデス原産野菜をたくさん使ったペルー風野菜炒め。
カボチャ、ジャガイモ、トマトなどのアンデス原産野菜が主役ですよ。

IMG_4028.JPG
posted by 料理長 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年07月20日

ペルーの大衆食、ベジ版

ペルーで最も大衆的な料理と言えば、「Lomo saltado(ロモ・サルタード)」と言う料理でしょう。
これは中華の影響を受けたと言われる、いわば混血のような料理。
牛肉入りのアンデス野菜の炒め物に「お酢」と「醤油」を隠し味に入れるという料理だからです。
アンデス原産の「トマト「じゃがいも」「ピーマン」をたっぷりと入れたとても夏向きの料理を、タンボ・ロッジではベジタリアンにアレンジして出しています。
「大豆たんぱく」をまるで牛肉のように味付けして作りました。
トマトの赤色が入ると綺麗ですね。

IMG_3987.JPG
posted by 料理長 at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理