2015年07月18日

茄子のペルー風カルパッチョ

そろそろ本格的な夏野菜シーズン!!。
タンボ・ロッジでも「茄子」が登場します。
これは茄子を使ったペルー風カルパッチョ。
イタリアのカルパッチョと違うのは、ビネガーではなく「レモン果汁」を使う、そして唐辛子を少し入れるということかなぁ??。
本来ペルーでは「白身魚」で作る料理ですが、茄子をオリーブオイルでソテーしてもとても美味しく出来るので、夏のタンボ・ロッジではよく出している料理の一つです。

IMG_3979.JPG
posted by 料理長 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年07月12日

コーフーのペルー風鍋物

夏野菜の季節!!。
トマトの原産地がアンデスです。
だから、ペルー料理にはトマトを使う料理がたくさんあるんですが、昨日のタンボ・ロッジのメインディッシュはこちら、なんと「鍋物」。!!
コーフー(烤麩)にいろいろと下味をつけて、まるで牛肉のようにして、ペルー風の鍋物にしてみました。
もちろんオリジナルは本物の牛肉ですが・・・・・

IMG_3918 コピー.JPG
posted by 料理長 at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年05月25日

ソラマメの季節

日本では、あっという間に終わってしまう、旬がとても短い豆があります。もうやだ〜(悲しい顔)((+_+))
それがこの「ソラマメ」。
アンデスではソラマメの旬は結構長いし、「種」にして保存して、それを水に戻して料理に利用するので、年中ソラマメが食べられます。手(グー)
種にして利用したほうが味が濃くなっておいしいので、なぜ日本ではそのように活用できないのか、いつも不思議に思ってしまいますが・・・exclamation&question
だけど、今その「ソラマメ」が旬!!。exclamation×2
そこでそれを利用して、アンデス風のサラダを作りました。手(チョキ)
「ジャガイモ」や「さやいんげん」、「パプリカの酢漬け」など、アンデス原産野菜をふんだんに使ったサラダですわーい(嬉しい顔)

IMG_3300 コピー.JPG
posted by 料理長 at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年05月13日

山ウドのペルー風南蛮漬け

昨日は山ウド変化バージョンで、「山ウドのペルー風南蛮漬け」を作りました。手(チョキ)
南蛮漬けもおいしいです。わーい(嬉しい顔)
ペルー風なので、甘くはありません。パプリカとクミンがエスニックな風味を醸し出していますよ猫

IMG_3190 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年03月23日

キク芋のアンデス風煮込みご飯

昨日のタンボ・ロッジのメインディッシュは「キク芋のアンデス風煮込みご飯」でした。
アンデスには「キク芋」はありません。
でも、キク芋と食感が似ている「オユッコ」というツルムラサキ科の芋があり、オリジナルはそのオユッコ芋の料理なんですよ。
コーフー(小麦たんぱく)と共に煮込みました。

IMG_2811 コピー.JPG
posted by 料理長 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2015年03月19日

キヌアのクリームスープ、新バージョン

昨日のタンボ・ロッジのディナーのスープがこちら、濃厚なキヌアたっぷりのクリームスープです。
それを「コルネ型」で焼いた、パイ生地の中に詰めてみました。
でも、あまり量が詰められなかったので、別カップにクリームスープを入れて、それを継ぎ足しながら、パイの皮を食べ進むと言うちょっと変わったスープにしたら・・・・
綺麗だし、ユニークだし、皮と一緒に食べる(飲む)スープのリッチなこと!!!。
これは楽しい料理になりました。

IMG_2780 コピー.JPG
posted by 料理長 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2014年12月23日

白チューニョのセビッチェ

12月21日のタンボ・ロッジの前菜メニューはこれ。どんっ(衝撃)
「白チューニョ(モラヤ)のセビッチェ(右)」と、「椎茸のタコもどき(左)」です。
「セビッチェ」は、ペルー風のカルパッチョのこと。
もともと「白身魚」で作るペルー料理を「白チューニョ」にアレンジしたタンボ・ロッジのオリジナル料理です。猫
タコもどきは、大元はと言えば、スペインのガリッシア地方の郷土料理。
もちろんスペインでは「タコ」を使いますが、食感と見た目が似ている、肉厚の生シイタケを使って、ベジ化しました手(チョキ)

IMG_1785 コピー.JPG
posted by 料理長 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2014年10月29日

パプリカのベジ肉詰め

自然農法のパプリカも、そろそろ終わりの季節です。もうやだ〜(悲しい顔)($・・)/~~~
昨日は平べったいおいしそうなパプリカがあったので、アンデス風の「ベジ肉詰め」を前菜に作りました。手(チョキ)
中に詰め物をして、立てるにはこういう形が安定してて使いやすいです猫

IMG_0938 コピー.JPG
posted by 料理長 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2014年10月09日

たまには思い切りにくらしい料理を・・・

にくらしい料理=肉らしい料理(^O^)/あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
これはペルーでいちばん有名な「アンティクーチョ」という屋台料理のベジ版です。手(チョキ)
いつもペルーの空港に降りて、町に入ると何となくこの匂いがするような・・・猫
そんな大衆屋台料理です。レストラン
オリジナルは「ハツ(牛の心臓)」をペルー風のたれにしみこませてくしに刺して「焼き鳥」のように炭火で焼いた料理ですが、タンボ・ロッジでは「大豆蛋白」を加工して、そっくりに作ります。
この香りを嗅ぐと、いつも私はペルーの街角を思い出すほど、ペルーっぽい料理ですよ。

IMG_0726 コピー.JPG

オリジナルの屋台はこんな感じです。
この煙の臭いがペルーっぽい!!どんっ(衝撃)
img023 コピー.jpg
posted by 料理長 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2014年10月08日

ピンク色のモンブラン

山栗の季節にタンボ・ロッジでしょっちゅう作る「山栗のモンブラン」。
あれぇ〜〜、なんだか今日のは変だぞぉ〜〜!!・・・(~_~;)exclamation&question。ピンク色だし・・・・
実はこれ、前菜の一つの「ペルー風マッシュポテトの詰め物」なんですよ!!がく〜(落胆した顔)
もちろん「塩味」です。手(チョキ)
色がピンクなのは、「ノーザンルビー」と呼ばれる、中までピンク色のじゃが芋を使っているからです。
甘くなくて残念!!わーい(嬉しい顔)(笑)

IMG_0719 コピー.JPG
posted by 料理長 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理