2018年05月02日

緑の米粉フォカッチャ

ふと思いつき、緑色の新緑のような色の米粉のフォカッチャを焼いてみました。
自然農法のお米を自家製粉し、その米粉100%を使った、無水鍋で焼いたフォカッチャ。
ふわふわでとてもおいしいです。
緑色の大元は、自家製バジルペーストです。

IMG_7327.JPG
焼き立てほやほやの「緑のフォカッチャ」。
湯気が立ちのぼっています。

IMG_7330.JPG
冷めてから切ってみました。
細かい繊細なふわふわ生地に仕上がっています。
posted by 料理長 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2018年05月01日

米粉100%のサンセバスチャン

米粉とキャロブパウダーを使い、サンセバスチャンを作りました。
8等分できるスイーツなので、人数の多い時に作りました。
上に苺を飾るとなんだかグレードが上がったように美しいです。
苺が年がら年中手に入ったら良いなぁ〜〜。(#^.^#)

IMG_7320.JPG
posted by 料理長 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

ペルー風マッシュポテトの詰め物

まるで雛祭りの「菱餅」のような前菜は、ペルー風マッシュポテトの詰め物です。
茹でたジャガイモを裏漉しして、ペルー風に味付けしたマッシュポテトに色を付けてみました。
下のピンクは「ビーツパウダー」、上の緑は「抹茶」での色付けです。
さらに、タンボ・ロッジの庭に出始めた「行者にんにく」を上に散らして風味をつけてみると、春の香りのする、風味豊かな「ケークサレ」になりました。!(^^)!

IMG_7318.JPG
posted by 料理長 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2018年04月28日

ビーガン仕様の「米粉のエンゼルパイ」

最近スーパーなどでめっきり見かけなくなった「エンゼルパイ」。
人気が低迷しているのかどうかわかりませんが、私は子供の頃よく食べて大好きなお菓子のひとつでした。
それを今回はビーガン、そしてウィート(小麦)フリーで再現してみました。
生地の間に「米粉のマシュマロ」を挟み、チョココーティングして完成です。
久しぶりに味わうエンゼルパイ。
しかもビーガン&ウィート(小麦)フリー仕様です。
だけど味が懐かしい!!。(笑)

IMG_7303.JPG
昨日のタンボ・ロッジの夕食後のマクロ・スイーツプレートがこちらです。
主役は米粉のサバランなんですが、エンゼルパイが目立っていますね。(笑)
そういえば「サバラン」も最近あまり見かけないレトロなスイーツですね。
このプレートは、レトロなスイーツを集めたみたいになっちゃいました。(笑)

IMG_7301.JPG
エンゼルパイのアップです。
初めて作った割には完成度が高いです。

IMG_7312.JPG
断面です。
真ん中の米粉のマシュマロ、もっちりしていてマシュマロの食感そのものに仕上がりました。
うまくできてうれしいです。(^^♬♪♬~♫!
posted by 料理長 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

苺祭り

苺もがぜん旬の時期になってきました。
箱でオーガニック苺をGETしたので、タンボ・ロッジの夕食後のスイーツにもたっぷりと使っちゃいました。
今回苺をたっぷり使ったのは、フランスのショートケーキともいえる「フレジエ」です。
苺の断面がとても綺麗!!。
今回は上下の米粉スポンジを抹茶味にしました。

IMG_7283.JPG
苺がずらっと並んだ「抹茶のフレジエ」1台です。
これを切り分けてデコレーションします。

IMG_7287.JPG
デコレーション完成!!。
ケーキの上にも苺が並びました。
しつこいほどのイチゴ!!。(笑)
正に「苺祭り」です。
posted by 料理長 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2018年04月26日

2層のチョコレートムースケーキ

昨日は2層のチョコレートムースケーキを作ってみました。
スポンジは「こめっ粉40」のベーキングパウダーも卵も使わない仕様のものです。
飾りに苺を3つ!!。昨日オーガニックの苺が届いたので、しばらくは苺をふんだんに使えます。

IMG_7271.JPG
2層のチョコレートムースケーキ&米粉のビーガン・シュトレーンです。
シュトレーン、奥のチョコレートムースケーキが目立ちすぎてしまい、見逃されてしまいそう!!。
この全体の完成写真だと、どこが2層か全然わかりませんね。(笑)

IMG_7277.JPG
断面です。
中のムースには、チョコレートではなく「キャロブパウダー」を使いました。
上からチョコレートをコーティングしているため、かなりチョコレート感が強いスイーツです。
posted by 料理長 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

春の息吹を感じながら

標高が高く、春が遅いタンボ・ロッジ周辺の会津高原も、やっと春めいてきました。
そして庭で山菜が少し取れるように・・・。
さらに、いただき物で春の香りの山菜がタンボ・ロッジにやってきました。
そこで昨日は、そんな素材を使った料理を作ってみました。

IMG_7258.JPG
夕食の一番最初にお出しするアミューズは、「こごみのサラダ」です。
こごみは正式には「クサソテツ」という名前の春の山菜です。
とってもおいしいので大好きです。
タンボ・ロッジの庭にもあるのですが、やっと芽を出したくらいなのでまだ利用できません。
今回のは頂き物です。
でも同じ会津産のものですよ。
それを荏胡麻和えにしてみました。

IMG_7259.JPG
2番手は「筍のブリュレ」です。
有名なフランスのスイーツ、「クレーム・ブリュレ」とは違い、塩味です。(笑)
そして上を焦がしてないけれど、滑らかな感じはまるで「ブリュレ」そのものです。
春の成長いちじるしい筍の生命力を感じてもらえたかな?。
この筍も頂き物です。

IMG_7281.JPG
朝食のパンは、タンボ・ロッジの庭で採取した「ヨモギ」を練り込んだ、古代小麦の食パンです。
ドイツの古代小麦ディンケル(自然栽培)と、オーガニックの南部小麦のブレンドで作りました。
緑の食パンって、とても綺麗です。
ヨモギのほんのりとした香りに春を感じてもらえると嬉しいです。
posted by 料理長 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2018年04月24日

連休前の作り溜め

今日は大型連休を前に、米粉パンの作り溜めをしました。
だってね、忙しい時にのんびり・じっくりのパンの発酵に付き合うのはかなり難しいからです。
写真左下のまるで粉砂糖がまぶしてあるようなパンは、「米粉のビーガン・シュトレーン」です。
粉砂糖ではなく、ポンせんをパウダー状にして振りかけて焼きました。
そしてご存知「フォカッチャ」も米粉で作りました。
その上のドーナッツ状のものは、「岩鋳のパン焼き器」で焼いた、レーズンナッツ入りの米粉パンです。
一番上に見える四角いのはもちろん最近はまっている「米粉の1.5斤パン」です。
この4つ、すべて自然農法のお米を自家製粉した米粉を使っています。
さらにシュトレーンはウィート(小麦)フリー、その他のものはグルテンフリーです。
実はこのほかに、岩鋳のパン焼き器でレーズンパンを、さらに1.5斤パンを焼きました。
大型連休を前に、備えあれば憂いなしです。!(^^)!

IMG_7254.JPG
posted by 料理長 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2018年04月23日

山桜咲く山里の遅い春

タンボ・ロッジ周辺ではいよいよ「山桜」が咲き始めました。
いつもならば5月の連休の時と重なるのですが、今年は暖かい日が続いたため、1週間ほど早く開花しました。
タンボ・ロッジから車で40分ほど行ったところに、樹齢100年を超える山桜が密集して咲く山里があります。
毎年連休の時が最盛期なので、しばらく見ることが出来ませんでした。(連休はタンボ・ロッジの営業が忙しいため)
ところが今年は連休の前に満開!!。
今日久しぶりに山里の桜を見に行きました。
この山里は、タンボ・ロッジのある南会津町のお隣の下郷町の「戸赤」という集落です。

IMG_7211.JPG
わぉ〜〜、満開です。
雪解け水で増水した川と桜の対比が素晴らしい!!。

IMG_7214.JPG
山桜、満開です。

IMG_7216.JPG
最高に美しい日本の原風景がここにありました。
春霞がかかり、とても良い風情です。

IMG_7219.JPG
少し荒れ気味の遊歩道で村の裏山に登ってみました。
コブシの花も満開です。

IMG_7227.JPG
上から眺める桜と昔の小学校
小学校は改装され、村の施設になっています。

IMG_7230.JPG
桜の花の間から眺める集落の家々。

IMG_7239.JPG
桜の木の下では、カタクリの花が満開です。
まるで短い春を謳歌しているかのようでした。

IMG_7244.JPG
おっ、怖い私設の頼りない木の橋を渡る支配人。
高所恐怖症のはずなんだけれど、Xサインなんかしちゃって余裕の顔の支配人。
高度感がなければ大丈夫みたいですよ。(笑)
posted by 料理長 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩

2018年04月22日

キャビアもどき

ビーガン仕様で「キャビアもどき」を作ってみました。
キャビアっぽいけれど、何を使ったかすぐにばれそうです。(笑)
アンデス原産の黒いキヌアです。
黒キヌアを炊いてみたところ、少し中身の白い部分が目立ったので、急遽「麻炭」を練り込んで黒い色を強調してみました。
小豆のテンペに米粉の衣をつけて揚げたものの上に、そのキャビアを乗せてみました。
キャビアって、私は人生で2回した食べたことがありません。
だからね、味をとっくに忘れています。
なので、味ではなく、見た目の再現です。(笑)
でもほとんどの人がしょっちゅうキャビアを食べているとは思えないので、キャビアの味が違っていてもばれないかな?。!(^^)!

IMG_7107.JPG
posted by 料理長 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理