2017年09月13日

持ち回りの食の勉強会11回目は「HAPPY TABLE 」

昨日は、栃木県北部と福島県南部のマクロビオティック系やベジ系、ビーガン系のプロフェッショナルによる勉強会の日でした。 「勉強会」なんて呼んでいるけれど、実はね、豪華なディナーを楽しむ会でもあるんです(笑)。 地域限定で、同業者が集まり、持ち回りでおいしい料理を披露する、勉強会と情報交換を兼ねた、懇親会みたいなものですが、それぞれ作る側もかなりの頑張りで作るので、レベルアップにつながり、とても楽しい会なんです。 この日も夜遅くまで、とても盛り上がり、楽しかったです。そして美味しかったです。

この日の担当は、宇都宮でマクロビオティックの教室をされている「HAPPY TABLE 」さんです。
レストランではないので、こうしてコース料理でこちらの料理を楽しめるのは、めったにない機会です。
わたしも心待ちにしていました。
さて、どんな料理が食べられたのか、ご紹介しましょうね。

IMG_4634.JPG
こちらはお品書きです。
さすがにマクロビオティックの教室をされているだけあって、マクロビオティックの理論に基づいた料理の数々。
とてもワクワクしますね。

IMG_4632.JPG
前菜の「キヌアとビーツのサラダ、バジルソース添え」と、後ろに写っているのはウェルカムドリンクの「自家製甘酒」です。
とても美しく器に盛られていて、感激!!!。
甘酒はなんだかヨーグルトの様に醗酵していてさっぱりとしておいしいです。
サラダもとても良い味付けです。

IMG_4635.JPG
前菜盛り合わせです。
「スパニッシュ風オムレツ」はなんだかテリーヌを思わせる気品のある仕上がり。
「キャロットラペサラダ」はややパンチのきいた酸味がとてもおいしくい感じられました。
「ひじき蓮根のサラダ」は、マクロビオティックでは定番的なメニューですが、上の赤い玉ねぎのピクルスが味を引き締めています。
「切り干し大根のサラダパスタ」も、下に古代小麦の低温乾燥パスタが入り、味の深みが出ていておいしいです。

IMG_4641.JPG
「秋野菜のポタージュスープ」は、かぼちゃと大根がメインのような味わい。
とても優しい軽い味付けです。
野菜を重ね煮にして、ノンオイルで作ったヘルシーメニュだそうです。
もう一杯お替りしたい!!。(笑)

IMG_4645.JPG
器も可愛い「里芋とねぎときのこのグラタン」は、匙で下を探ってみると、赤いトマトソースが・・・。
混ぜて食べると綺麗で楽しいです。
酒粕から作ったパルメザンチーズもどきを使っているそうで、味をしっかりと楽しめました。

IMG_4649.JPG
「お口直しのソルベ」は、梅ジュースのシャーベット。
この一口がうれしいです。

IMG_4650.JPG
メインディッシュは「大豆ミートの赤ワイン煮&サフラン玄米、ジャガイモのピューレとビーツのピクルス添え」。
私はご飯大盛です。(笑)
黙って食べたらきっと肉と思ってしまうくらい完成度高いです。
ジャガイモのピューレは、ステーキに添えられている「サワークリーム」の役目を果たしているそうです。
なかなかやりますねぇ。

IMG_4653.JPG
さてさて、ここでお楽しみのデザートの部。
レアチーズケーキ風が登場です。
オーガニックの黄桃がまるで花弁のように広がっていますね。
とても綺麗です。

IMG_4656.JPG
デザート盛り合わせ。
レアチーズケーキ風は、豆腐ではなく、豆乳にレモン果汁を入れて分離させて作った「ビーガン・カッテージチーズ」から作られていて、とてもなめらかです。
米粉のドーナッツ型のクッキーもサクサクでおいしい!!。
さらに「ドライフルーツとナッツのトリュフ」まで付いていて、テンション上がります。

IMG_4662.JPG
めちゃくちゃ手間と時間をかけて作られた、とてもおいしいディナーが終わりました。
皆で記念写真撮りましょうね〜〜。
毎回同じメンバーだけれど、これって楽しいです。
この後も色々と話は尽きません。
何しろ同業者ですからね。(笑)

IMG_4664.JPG
「HAPPY TABLE 」の美樹先生、終わった解放感で思わず万歳\(^o^)/。
この解放感、とても爽やかなはずです。
なにしろ同業者ですからね、プレッシャーは半端じゃないと思いますよ。

美樹先生、今回はとてもおいしい料理をありがとうございます。
そして同席した仲間たち、ありがとうございます。
本当に楽しいディナーでした。(^^♬♪♬~♫!
これじゃ自分の番が回ってきたときは、ドキドキだなぁ〜〜(笑)。
自分の時は頑張らなくっちゃ!!。
posted by 料理長 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年09月11日

「タミパン」と「岩鋳のパン焼き器」

最近タンボ・ロッジで取り組んでいる、ガスレンジで使える「パン焼き器」で焼く自家製粉米粉100%のふわふわ食パン。
最初に登場したのが、「タミパン」でした。
それをフェイスブックにアップすると、
「別のメーカーのものを持っています」という方もちらほらおられました。
佐藤さんからどんなものかの情報をいただいて、調べてみたら、「タミパン」よりも少しサイズが大きいみたいです。
出来れば大きいパンを焼きたい私。(笑)
さっそくネットで取り寄せました。

IMG_4622.JPG
左がタミパン、右が岩鋳のパン焼き器。
少し大きいのがわかりますね。

IMG_4626.JPG
中を開けてみると、真ん中の煙突部分が「タミパン」のほうが太いです。
ということは、岩鋳のはかなり大きい感じのパンが焼けそうです。
やった〜〜!!。これからはタンボ・ロッジではタミパンと合わせて2本立てでレシピ開発に取り組みます。!!グー
posted by 料理長 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年09月10日

「こめっ粉40」スイーツクラス師範編(土日組)

9月4日〜5日の平日組に続いて、昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室「師範編」土日クラスの開催日でした。
これで今年の4回連続スイーツ教室が全て終了しました。
本当にマニアックな、そして変わった作り方をする教室でしたが、よくぞ参加された皆様が最後まで受けてくださって、本当にありがたかったです。
この場を借りて御礼申し上げます。

今回は、土日とあって、タンボ・ロッジから近い広大なそば畑のライトアップがあるので、車の乗り合わせで温泉組と、温泉行かない組とでライトアップまで見に行くというおまけつきでした。
参加してくださった皆様と同じように、私まで楽しませていただきました。
しかしこれでおしまいと思うと、なんだか寂しいですが、実はおまけがあるんです。
それは平日組と同じように、来月の終わりころに「タミパンで焼く100%自家製粉米粉の教室」をやることが決まっているからです。
ご参加の皆様、もう一度同じ顔合わせでタンボ・ロッジでお会いしましょうね。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4555.JPG
土曜日の教室が始まりました。
この日は「黄桃のシャルロット」を作ります。
米粉で、しかもベーキングパウダーも卵も使わないビーガン仕様の生地をなんと!!絞り出してスポンジのように焼く、師範ならではの特別な生地を作ります。
そして寒天で固めるババロアを作り、黄桃を入れて固めます。
あとは冷蔵庫に入れて冷やし固める間に、そば畑と温泉へGO〜〜〜!!

IMG_4559.JPG
そば畑に到着しました。
まだ結構明るいですが、ぼちぼちライトアップが始まります。

IMG_4562.JPG
温泉組はまだ到着していませんでしたので、温泉に行かない組で夕暮れのそば畑を楽しみましょうね。

IMG_4570.JPG
ライトが明るく感じられる暗さになりました。
次第に綺麗になっていく辺りの夕暮れ風景もまた風情があります。

IMG_4581.JPG
夕焼けが綺麗です。
このころ温泉組が到着しました。

IMG_4585.JPG
さて、お腹もすいたところでタンボ・ロッジへと戻り、夕食です。
メニューの内容は前回の平日クラスと同じです。
これはメインディッシュの「魚もどきのペルー風ソース添え」。
魚もどきが魚っぽいと評判でした。
うれしいです。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4587.JPG
さて、別腹のスイーツの時間です。
飾り付けて完成したビーガンの「黄桃のシャルロット」。
なんだか美しいです。

IMG_4588.JPG
撮影タイム。(笑)

IMG_4592.JPG
切り分けて個別に飾り、いただきます。
あとは例によって夜更かしお話タイムです。
これが泊り教室の醍醐味ですからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_4594.JPG
さて翌日、今度はビーガン・米粉のエクレアを作ります。
焼き上がったエクレアの生地。
これをチョココーティングし、米粉のカスタードクリームと、豆腐ベースのバニラクリームを挟んでいただきます。
2種類のクリームを挟むと、本当にリッチでおいしいです。

IMG_4600.JPG
飾りつけ風景。

IMG_4599.JPG
実は遊びで、スワンを作ってみました。
でも、なんだか生地の絞り出しが不器用なせいで(私が絞った)スワンじゃなくて、「ネッシー」みたいな怪獣になってしまいました。(笑)
でも味はおいしいんだから!!。(言い訳)

IMG_4602.JPG
こんなに綺麗な盛り付けの方もおられましたよ。
器用だなぁ〜〜。

IMG_4606.JPG
そして、修了証書を手渡します。
本当は全員出したかったんだけれど、支配人が慣れないデジカメで撮影したため、ブレブレになってしまった方が数名いましたので、仕方なくカットさせていただき、ちゃんと写っている方だけにさせていただきましたので、悪しからずお願いいたします。

IMG_4609.JPG

IMG_4611.JPG

IMG_4612.JPG

IMG_4613.JPG

IMG_4614.JPG

IMG_4615.JPG

IMG_4618.JPG
最後に支配人の締めの挨拶です。
でももう一度おまけの様なパン教室があるからね。

IMG_4621.JPG
全員で記念撮影しました。
前回はこれを撮り忘れたので、今回はしっかり撮りましたよ〜〜。

ご参加の皆様、4月から4回の長きにわたってこのマニアックな教室に参加してくださり、本当にありがとうございます。
そしてまた10月の終わりに同じメンバーでお会いしましょうね。
posted by 料理長 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2017年09月08日

菓子工房ハルディンの「おやつ定期便」(5)

菓子工房ハルディンの5回目となる「おやつ定期便」が届きました・・・というか、取りに行きました。(笑)
今回は秋らしく、薩摩芋のクッキーが目を引きます。
お昼の後のお茶タイムに、しばらく楽しみが増えましたよ〜〜。

IMG_4552.JPG
全体像です。
今回は全部写っていますよ。前回は一つ食べた後に写真撮りましたからね。(笑)
一番大きいカボチャのパイもとてもおいしかったです。(先程食べました)。

IMG_4554.JPG
薩摩芋のクッキーは、見た目も薩摩芋そのもの。
これは後日ゆっくりと頂きます。!!
posted by 料理長 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年09月07日

カラフルなアンデス・ビーガン料理

本来は結構地味な料理だけれど、ちょっと色を変えることにより、カラフルに変身したアンデス・ビーガン料理。
最近タンボ・ロッジのディナーに登場したものを紹介します。

IMG_4289.JPG
最初はジャガイモ料理。
ペルーでは黄色いジャガイモを茹でて滑らかにマッシュ(裏ごし)し、マヨネーズで和えたなにがしかを挟む料理です。
上のピンクは、ビーツパウダーで色を付けてみました。
タンボ・ロッジではよく作るジャガイモ料理です。

IMG_4384.JPG
こちらはトウモロコシの蒸し物料理です。
黄色いトウモロコシに、ペルーで買ってきたオーガニックの紫トウモロコシパウダーを入れて、2色にしてみました。
色目が替わるととてもおいしそう!!。
posted by 料理長 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2017年09月05日

「こめっ粉40」スイーツクラス師範編(平日組)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツクラス師範編(平日組)の日でした。
今年の4月からスタートしたこの教室も、今日で平日組が卒業します。
全4回、初級から回を重ねるごとにマニアック化していき、最上級の師範クラスはもうかなりのマニアックなレベルです。
しかしここまでマスターすれば、工夫と応用で、小麦粉やベーキングパウダーを使わないスポンジ系ビーガン・スイーツが相当作れるようになるはずです。

今回は、豆乳を濃くして作る「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」という生地を作り、「黄桃のシャルロット」を初日に、翌日の午前中には米粉のシュー生地を作り、チョココーティングして「エクレア」に挑戦します。
どれもマニアックな、そして手品のような作り方の、だけれど卵や乳製品使用のそれと同等かそれ以上な仕上がりになるという、ユニークな米粉スイーツです。
ご参加の皆様、さあ、最後の教室を楽しみましょうね。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4511.JPG
色々とお話の後、実技がスタートしました。
豆乳を濃くし、新たな配合でフィンガービスケットを連ねたような「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」生地を作ります。
写真は焼き上がったその生地の姿です。
これから組み立てに入りますよ~~。

IMG_4512.JPG
組み立て終了し、冷蔵庫で中身のババロア部分を固めている間に、タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食です。
これは前菜のキヌアのケークサーレと、クリーム系のスープです。
メインディッシュは魚もどきのペルー風ソースかけでしたが、写真撮り忘れました。(笑)

IMG_4514.JPG
食事が終わって一息ついたころ、「黄桃のシャルロット」を仕上げます。
見事に完成しました。
これを切り分けてみんなでいただきます。

IMG_4518.JPG
自分の分の撮影タイム。(笑)

IMG_4520.JPG
切り分けた断面です。
中のババロア部分にもオーガニックの「黄桃」が入り、断面が美しく見えました。
そしてこの後は、例によって夜更かしです。(笑)
時間の制限がないのが、お泊り教室の最大の魅力ですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_4521.JPG
さて翌日、タンボ・ロッジの通常の朝食の後、シュー皮の製作に入ります。
細長く絞り出し、焼き上がったエクレアの生地。
やや生地が緩く、平べったくなってしまったのはご愛嬌と思っていただけると嬉しいです。ポリポリ!!。

IMG_4524.JPG
そして少し材料を変え、別バージョンの「米粉のプチシュー」も焼いてみました。
材料の違いを食べ比べていただきたいからです。

IMG_4525.JPG
さて、お昼の賄ランチは、支配人の作った「金時豆入りカレー」。
とても香ばしくておいしくできましたよ〜〜。
辛さの苦手の方のために、優しい辛さで作ったので、辛いの好きな人のために、タンボ・ロッジの手作り「コチュジャン」もつけてみました。

IMG_4528.JPG
ではエクレアとプチシューのクリームを挟みます。
クリームは2種類、米粉のカスタードクリームと、豆腐ベースのバニラクリームです。
2種類入れると、違うクリームの味を楽しめるので、シューやエクレアがとてもおいしくなるんです。

IMG_4537.JPG
皆様組み立て中。

IMG_4535.JPG
すごい、たっぷりとクリームを詰め込んで、蓋が閉まらないエクレアとプチシュー。(笑)

IMG_4539.JPG
支配人のはクリーム大盛です。(笑)

IMG_4543.JPG
さて、これですべての講座が終了しました。
わたしから「修了証書」をお渡ししました。
4回もタンボ・ロッジのマニアック講座に通ってくださって、本当にありがとうございます。
って、私がカメラ目線なのは白々しいですね。(笑)

IMG_4545.JPG
では一番遠くの関西から4回通ってくださったNさんに証書をお渡しします。
なんだかうれしくてわたくし、感無量です。

IMG_4547.JPG
軽井沢でこの春ベジのお店を開店させたHさんもお店の立ち上げできっとそれどころではないはずだけど、4回通ってくださいました。
本当にありがとうございます。

IMG_4550.JPG
最後の締めに、支配人の挨拶です。

あ〜〜全員での記念写真撮るのを忘れました。しまった~~~。!!
でもね、実はもう一度、続編があるんです。
それはね、来月の終わりに、同じメンバーで自家製粉の米粉を使う、「タミパンで焼く米粉パン&ミニパウンド型で焼く米粉パン」の講座を皆様の希望でやることになったんです。
もう一度同じメンバーで集まることができるんですね。
なんだか4回も、寝泊まりを共にした講座ですから、クラスメートの様に仲良くなって、楽しそうでしたからね。
こんなに喜んでもらえて、本当にうれしいです。
参加された皆様、本当にありがとうございます。
また来月にお会いしましょうね~~。(^^♬♪♬~♫!
posted by 料理長 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2017年09月03日

初秋の尾瀬を歩く

今日は久しぶりのお天気の日。
こんな日は散歩をしたくなります。
散歩にしてはかなりハードですが、今日はタンボ・ロッジからそれほど遠くない国立公園の尾瀬を歩きに出かけました。
もうかなり肌寒い気候でしたが、秋の始まりを感じさせる風景に癒されました。
今回は前回の7月後半に行ったような強行軍ではなく、沼山峠から歩き始め、尾瀬沼を1周して帰る、全行程約12qの道を選びました。
だって前回は20qも歩いて、ヘロヘロに疲れちゃいましたからね。(笑)

IMG_4487.JPG
沼山峠から尾瀬沼の「大江湿原」に下りてきました。
前回とは花の種類も全然違う、初秋の花を楽しむことができました。

IMG_4489.JPG
アザミの群落が迎えてくれました。
前回もアザミは咲いていましたが、これはそれとは違う種類のものです。

IMG_4496.JPG
綺麗な紫色の花は・・・「トリカブト」です。
間違って食べちゃったら死んでしまうほどの毒を持つ花ですよ!!。

IMG_4498.JPG
尾瀬沼から見た東北最高峰の「燧ケ岳」。

IMG_4501.JPG
尾瀬沼の南岸から見た「燧ケ岳」。
一周したからこそみられる風景です。

IMG_4507.JPG
小沼湿原から見た燧ケ岳。
そして尾瀬沼をぐるっと回り、元来た道をたどり、沼山峠へと帰ります。

IMG_4509.JPG
下山後の楽しみはもちろん温泉。温泉
今日は久しぶりに「木賊温泉広瀬の湯」に入りました。
なんと日曜日にもかかわらず、温泉は貸し切りです。
ヤッホ〜〜!!。
でもね、自制した割には今ちょっと足が筋肉痛です。(笑)
posted by 料理長 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年09月02日

玄米と野菜のお店「松おか」

今日は久しぶりにオフの日。ということで、最近めきめき腕を上げてきた那須町にある「玄米と野菜のお店 松おか」さんにランチを食べに行きました。
自宅を改造した小さなお店で、松岡さんがたった一人で切り盛りしています。
イベントなどの出店もたくさんしているので、お店の営業はわずか週4日だけ。
それもイベント出店にぶつかると、お店はお休みになってしまいます。
だからね、ゲリラ的に狙っていかないといけません。(笑)
しかし、久しぶりに食べて、おいしかったなぁ〜〜。

IMG_4473.JPG
今日のランチメニューです。

IMG_4475.JPG
出てきました、ランチプレート。
とてもおいしそう!!。
どれから食べようかな〜〜。
メニューは全てベジ(ビーガン)で、動物性のものは一切使わず、しかも素材にこだわり、自然農法やオーガニックのものを厳選しています。

IMG_4482.JPG
プレートに乗りきらなかった一品です。
これはおからこんにゃくのエビチリ風。
辛みは自家製のこだわりコチュジャンです。
このコチュジャン、今年の春にタンボ・ロッジで私たちと一緒に作った本格的手作りの材料厳選のコチュジャンです。
とてもおいしい!!。

IMG_4477.JPG
そして、今日の特別メニューはこれ。「チタケうどん」。
うどんと言っても、麺は玄米からできています。
自然農法の玄米と副原料の片栗粉を製麺所に送って、個人的に依頼した麺だそうです。
素晴らしい!!。
とてもコシがあっておいしい麺ですよ。
そしてチタケ(茸)の出汁が素晴らしい!!。

IMG_4486.JPG
デザートに、ベジあんまんと豆乳チャイをいただきました。
このあんまんも皮から手作りです。
中の小豆餡の小豆も自然農法のものを、甘さもオーガニックのデーツを使っています。
最高ですね。
いやぁ〜〜、今日は大変満足いたしました。
松岡さん、ごちそうさまでした。

2017年09月01日

再びペルー風ドーナッツ

つい数日前にまたまた4泊したお客様がいたので、ペルー風カボチャのドーナッツの「Picarones」(ピカローネス)を作りました。
今回はチョコアイスも付けちゃいました。(笑)
なんだか4泊すると、4泊目にはこのドーナッツ・・・という方程式のようになってしまいましたね。
でもカボチャの季節にしかこれはできないから、春から初夏にかけてはどうしたら良いかなぁ〜〜。(笑)

IMG_4443.JPG
posted by 料理長 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2017年08月31日

悲しいお知らせ

皆様からの期待の熱い視線が送られているタンボ・ロッジの庭の山栗の木。
今年は極端な日照不足で青息吐息の様子でしたが、今朝の窓に結露ができるほどの冷え込みで、かなり落ちてしまいました。
落ちた実は全くスカスカで、全然熟していません。
これからもこんな天気が続くと、おそらく今年は全滅です。
天に祈りたい気持ちです。「明日天気になぁれ〜〜」「そして毎日天気が続きますように」。

IMG_4459.JPG
朝起きてびっくり!!。
こんなに小さいイガがかなり落ちています。

IMG_4462.JPG
拡大してみてみると、本当にスカスカです。

IMG_4458.JPG
あ〜〜、こんなにスカスカ!!。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
posted by 料理長 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳