2017年05月16日

コシアブラの混ぜご飯

タンボ・ロッジの庭にはいろいろな山菜が出ます。
でもたくさん採れるのは山ウドくらいで、あとは種類は多くても量が少ない!!。
そんな量が少ない山菜の一つ、「コシアブラ」を今日は収穫し、混ぜご飯にして食べました。
収穫してすぐに料理するからもう本当に灰汁が少なくておいしいです。
病みつきの味・・・だけどあまり採れない!!。
コシアブラは樹木なので、手の届かない高いところにはいっぱいあるんですけどねぇ。(笑)

IMG_3315.JPG
収穫もほんの少しです。
これよりたくさん採りたければ、梯子をかけないとね。(笑)

IMG_3318.JPG
めちゃおいしい春の味、コシアブラの混ぜご飯です。
posted by 料理長 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月15日

薪作りスタート

連休も終わり、いよいよ1年間で最も重労働の季節が到来しました。
それは「薪作り」です。
今年の薪用にお願いした木が太いのが多く、大変そうなので、見るたびにめげそうでしたが、暖かい来冬を過ごすために頑張らなくっちゃね。
ということで、スタートしました。
まずは長い丸太を切るところから開始です。
ファイト〜〜一発!!!

IMG_3311.JPG
posted by 料理長 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年05月14日

古代小麦パスタの行者にんにくジェノベーゼ

タンボ・ロッジの庭で今一番の盛りが「行者にんにく」です。
昨日は今ぴちぴちの(笑)行者にんにくを使った前菜を一品作りました。
行者にんにくをペーストにした緑のパスタ、トッピングは生の行者にんにくを刻んでパラパラとかけてみました。
なんだか春らしいパスタ、爽やかな緑色はとても映えますね。

IMG_3307.JPG
posted by 料理長 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年05月11日

サラダマスターのデモンストレーション

「サラダマスター」という鍋をご存知ですか?。
チタンとステンレスの合金でできた、料理の風味を損なわない鍋として、最近注目を浴びている鍋です。
その鍋の使い方や特徴を教えてくれるデモンストレーションが、朝倉さんのところの講習会の終了後、同じ場所で行われました。
というのも、この鍋を輸入している方が、アスパラ尽くしの朝倉さんの講習会に参加されていたためです。
とても良い鍋ですよ、これ。
でもちょっと高価です。
だけど、買いたくなっちゃうじゃない、良さを知ったら。!!
どうしようと悩むわたくしです。(笑)

IMG_3296.JPG
まずはサラダマスターの鍋ではなく、野菜をカットする機械の使い方から始まりました。
機械を操作しているのが、輸入元の堀さん。
これも欲しくなってしまいます。(笑)

IMG_3297.JPG
実際にやってみると、いろいろなことができるので、下ごしらえがとても楽になりそうです。

IMG_3298.JPG
さっきまで先生をやっていた朝倉さんも興味津々の様子。
そしてこの後、サラダマスターの鍋で焼くケーキやクッキーの実演がありました。

IMG_3299.JPG
出来上がった古代小麦「ファッロ」を使ったクッキー。
生地にオイルが含まれているので、オイルを鍋に敷かずに焼いたんですよ、これ。
でも焦げないんだって。
すごい鍋です。

IMG_3301.JPG
そしてこちらは最初に登場した機械で刻んだ人参を使ったケーキ。
こちらも鍋でオイルを敷かずに焼き上げました。
いやぁ、まいりましたねぇ。
この鍋、欲しくなってしまいましたよ。
どうしましょう!!。(笑)
posted by 料理長 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

アスパラガス尽くしの料理教室に参加しました

今日は、会津若松の朝倉さんのところで開かれた、アスパラガス尽くしのイタリア料理教室に参加しましてきました。
朝倉さんの料理は色々と見て来たし、教室の裏方もやったりしてきましたが、生徒として参加するのは初めてです。
どんな教室か、本当に楽しみでこの日を迎えました。(^^)/

IMG_3288.JPG
お昼の12時から教室がスタート!!。
手際よくどんどんと進んでいきます。
アスパラガスは旬の時期が短く、自然農法のものが手に入りにくいし、アンデスでは使わない食材なので、タンボ・ロッジでは今までほとんど生かして来ませんでした。
だから習うのは本当に楽しいです。

IMG_3289.JPG
アスパラがたくさん!!。
太いものや細いもの、上と下の味の違い、下の固い部分の処理法など、とても役に立つ情報満載です。

IMG_3290.JPG
さて、出来上がりました。
盛り付ける朝倉さん。

IMG_3291.JPG
わ〜〜い、おいしそう!!。(おいしかったです。)
ボイルしたアスパラ、オーブン焼きしたアスパラ、アスパラのポタージュ、アスパラのパスタなど、実に盛りだくさんです。
もちろんオリーブオイルも最高級のものがたっぷり!!。
少し遅めのランチだけれど、とても満足でした。

IMG_3294.JPG
イタリアの古代小麦ファッロのアスパラソース和えもありますよ〜〜。
とても満足の料理教室でした。
また秋にもいろいろあるそうなので、時間を見て参加したいです。
posted by 料理長 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年05月10日

「こめっ粉40」のイチゴケーキ

今日のタンボ・ロッジの夕食後のマクロ・スイーツ。
またまたオーガニックのイチゴが手に入ったので、「こめっ粉40」のスポンジ3段に苺クリームを挟み、さらにその苺クリームで包んでデコレーションしてみました。
トッピングのイチゴの下は、チョコレートを流し込んでいます。(ほんの少し隙間から茶色く見えるところがそうです)
なんだか春爛漫のときめくマクロ・スイーツになりましたよ。

IMG_3282.JPG
posted by 料理長 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

山ウドが採れ始めました。

いよいよ本格的な山菜の季節突入です。
まずはとてもおいしい山ウド!!。
山ウドは収穫後、すぐに調理しないと灰汁がどんどん出てきて苦くなるのですが、そこは地の利、収穫してすぐに調理すると、灰汁が少なくとてもおいしいです。
なので、今日のタンボ・ロッジの夕食の前菜は、「山ウドのエスカベッチェ」。
ペルー風の南蛮漬けです。
収穫地でないと食べられない特別な味に感動!!。
春の味覚、とてもありがたいです。

IMG_3268.JPG
めきめき地面から顔を出す山ウドたち。
みるみる成長していきます。

IMG_3278.JPG
山ウドのエスカベッチェ。
ペルー風の南蛮漬けです。
クミンと辛くない自家製コチュジャンとお酢を使いっています。
米粉の衣で天婦羅にしてから漬け込みました。
posted by 料理長 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

タンポポン花

タンボ・ロッジの庭には今タンポポが花盛りです。
今年はタンポポの蕾を相当収穫し、利用したのであまり花は咲かないと思っていたらこの通り。
タンポポンの強い生命力に感嘆しています。
ということは、まだまだ蕾を使えるなぁ~~☜まるでハイエナのような私です。(笑)

IMG_3227.JPG
posted by 料理長 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年05月09日

桜咲く山里の春

最近ちょっと良い天気が続き、気温も上がって春爛漫の青津高原。
桜も満開を迎えました。
そこで、気持ちの良い春を満喫するために、タンボ・ロッジから散歩に出てみました。

IMG_3230.JPG
分水嶺の山には、こぶしの花が咲いています。

IMG_3240.JPG
わ〜〜、桜が満開。(道の駅番屋の前にて)

IMG_3235.JPG
道の駅番屋はタンボ・ロッジから約300mのところにあります。
そこの桜が満開!!。

IMG_3234.JPG
近くの湿原では水芭蕉が咲き始めました。

IMG_3248.JPG
小さい川と山桜。

IMG_3251.JPG
雪解けの分水嶺の山。
あの山の向こう側は太平洋側、こちら側(タンボ・ロッジのある方)は日本海側です。
雪の残る山、新緑になり始めた山、山桜が咲いている山、同時に色々と楽しめます。
これって結構贅沢かも(笑)。
posted by 料理長 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年05月08日

行者にんにくのパスタ

春まだ浅い山里にあるタンボ・ロッジ。
でも確実に季節は進んでいます。
行者にんにくもだいぶ大きくなり、いよいよ食べる時が・・・(笑)

IMG_3216.JPG
だいぶ大きくなった行者にんにく。
とても良い香りが・・・・

IMG_3219.JPG
さっそく支配人が収穫しました。
周りの山はやっと芽吹き始め、少し木々が緑色になってきていますね。

IMG_3222.JPG
やった〜〜、今シーズン初の行者にんにくパスタ!!。
朝倉アイテムの低温乾燥古代小麦パスタとオリーブオイルを贅沢にもたっぷりと使いました。
味付けは自然塩だけ。
たった3つの材料ですが、どれも最高級ですよ。
だからとてもおいしいです。
posted by 料理長 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理